BizTalk Services

エンタープライズとクラウドをシームレスに統合

新規のお客様は BizTalk Services をご利用できなくなりました。また、2018 年 5 月 31 日にはサービスの提供が完全に終了いたします。しかしながら、Azure Logic Apps では、BizTalk Services と同じ、あるいはより優れた機能をご利用いただけます。たとえば、Azure Logic Apps には重要な統合機能が備わっており、ユーザーに次のようなメリットをもたらします。

  • 使用量ベースで課金されるサーバーレス iPaaS により、ユーザー エクスペリエンスを向上します。
  • 100 を超えるコネクターでクラウドやプレミス ベースのアプリにアクセスします。
  • Logic Apps のビジュアル デザイナーを使用することで、ワークフローを簡単にデザインして実装できます。
  • Machine Learning や Cognitive Services などの Azure サービスの充実した機能をシームレスに活用できます。

Logic Apps の詳細については、「Logic Apps ドキュメント」をご覧ください。

Logic Apps の価格情報をご覧ください。

Azure BizTalk Services の機能が Azure App Service でも利用できるようになりました。詳細情報

App Service、API Apps、Logic Apps

新しい App Service 機能を使用して、統合ソリューションをクラウドへ拡張しましょう。詳細情報

エンタープライズ アプリケーション統合

BizTalk Services には、SAP、Oracle EBS、SQL Server、PeopleSoft に関して、すぐに使えてクラウドからオンプレミスまで対応した、基幹業務アプリケーションの統合機能が用意されています。任意の HTTP、FTP、SFTP、または REST データ ソースと接続できます。Service Bus キュー、トピック、SQL Database、BLOB ストレージなどのさまざまな Azure アーティファクトを使用して、メッセージをルーティングできます。

BizTalk Services は数多くのお客様の信頼を得ており、支払い処理、サプライ チェーン管理、企業間取引、リアルタイムの意思決定、レポート機能などのソリューションに活用されています。詳細情報

ハイブリッド接続プレビュー

BizTalk Services のハイブリッド接続機能を利用すると、Azure App Service の Web Apps 機能や Mobile Apps 機能を、SQL Server、MySQL、任意の Web サービスなどのさまざまなオンプレミス TCP リソースや HTTP リソースにわずかな構成変更だけで接続することができます。カスタム コードは一切使用する必要がありません。詳細については、「ハイブリッド接続の概要」およびハイブリッド接続を使用して Azure App Service の Web アプリからオンプレミスの SQL Server に接続する」をご覧ください。

関連製品およびサービス

Azure Active Directory

オンプレミスのディレクトリを同期してシングル サインオンを可能に

API Management

API を開発者、パートナー、および従業員に、安全かつ大規模に発行する

SQL Database

サービスとしての管理されたリレーショナル SQL Database

App Service を使用して統合ソリューションをクラウドへ拡張