Azure Active Directory Domain Services

サービスとしてのドメイン コントローラー

管理されたドメインサービスを Azure で使用する

Azure Active Directory Domain Services を使うと、ドメイン コントローラーをデプロイせずに、Azure 仮想マシンをドメインに参加させることができます。ユーザーは会社の Active Directory 資格情報を使用してこれらの仮想マシンにサインインし、各種リソースにシームレスにアクセスできます。ドメインに参加した仮想マシンをよりセキュアに管理するには、グループ ポリシーを使用します。グループ ポリシーは、すべての Azure 仮想マシンに対してセキュリティ ベースラインを適用し、実行するための簡便で使いやすい方法を提供するものです。

ID の問題を心配せずにオンプレミスのアプリを Azure に移行

ドメイン参加、LDAP、NTLM、Kerberos 認証などの Azure Active Directory Domain Services 機能は、企業で広く使用されています。ID の要件を考慮することなく、オンプレミスで実行中の従来のディレクトリ認識型アプリケーションを Azure に移行できます。Azure 上の Linux および Windows Server 仮想マシンで、基幹業務アプリケーションを容易にデプロイできます。Azure 仮想マシンとしてドメイン コントローラーをデプロイする必要はなく、また、ID インフラストラクチャへの VPN 接続を使用する必要もありません。

数分でデプロイ、支払いは使った分だけ

使い始めるのは簡単です。Azure Portal を使えば、Azure Active Directory Domain Services を Azure Active Directory テナントですぐに利用できるようになります。料金はディレクトリのサイズに基づいて、1 時間単位で課金されます。

エンタープライズ向けのスケールと SLA を活用

Azure Active Directory Domain Services は企業レベルのスケールと信頼性を提供します。世界中に分散して配置されたデータセンターでホストされている、可用性の高いサービスです。

従来のディレクトリ認識型アプリを SaaS アプリと同時に処理可能に

社員、パートナー企業、そしてコンシューマーの ID 管理とアクセス管理のクラウド ソリューションである Azure Active Directory が、従来のディレクトリ認識型アプリを、最新のクラウド アプリと同時にサポートできるようになりました。

関連製品およびサービス

Azure Active Directory

オンプレミスのディレクトリを同期してシングル サインオンを可能に

Multi-Factor Authentication

高度な認証により、データとアプリへのアクセスを保護

Azure Active Directory B2C

コンシューマーの ID とアクセスの管理をクラウドで実行

Azure Active Directory Domain Services をお試しください