ナビゲーションをスキップする

リソース検索結果

1 - 10 of 13

Azure 上のモダンな 産業用 IoT 分析

産業用 IoT 分析に Azure Databricks を活用するお客様

IoT シグナル レポート

 IoT シグナルは、パートナーや顧客により良いサービスを提供し、ビジネス リーダーが独自の IoT 戦略を策定できるように設計された年次報告書です。Microsoft は 2020 年に、分析情報、設計、戦略の仲介業者である Hypothesis Group に依頼し、現在 IoT に取り組んでいる米国、英国、ドイツ、フランス、中国、日本の大企業の意思決定者 3,000 人以上が含まれる、IoT シグナル エディション 2 の調査を実施しました。今回のグローバルな調査には、製造業、小売/卸売業、石油およびガス、医療など、さまざまな業界のビジネス意思決定者 (BDM)、IT 意思決定者 (ITDM)、開発者が含まれています。今年は新たに、IoT エッジ、AI、Digital Twins などの新しいテクノロジのトレンドをご覧ください。

Azure で安全かつ確実に SAP の資産をクラウドに移行する

Azure のインテリジェンス、セキュリティ、信頼性を SAP アプリケーションで利用することができ、ビジネスのリスクや中断は最小限に抑えることができます。この Packt 発行の『SAP on Azure Implementation Guide (SAP on Azure 実装ガイド)』で、オンプレミスの SAP ワークロードをクラウドに移行するための実践ガイドを入手しましょう。 


無料の e-Book をダウンロードして、次のことをご確認ください。
  • Azure 上の SAP 環境を設計する方法を確認する。SAP HANA on Azure、ID 管理、SAP Hybris、SAP Data Hub などのトピックごとの章から構成されています。
  • クラウドへのさらにシームレスな移行を計画し、実装する。お客様固有の SAP ソリューションの適切な移行方法を選ぶためのアドバイスが記載されています。
  • 高度な分析と IoT を SAP on Azure で使用するための分析情報とガイダンスの入手。 

クラウド スケールの分析 101

クラウド スケールのデータ分析を使用すると、単純なデータの収集と格納に加え、これまで利用されていなかった情報と分析情報を抽出することにより、組織の作業速度と効率を向上させ、さらに先を見越したアプローチをとることができます。「クラウド スケールの分析 101」では、BI と分析の主要な概念、その背後にあるビジネス上の動機、その導入に必要な構成要素テクノロジを取り上げます。 


電子書籍をダウンロードして、以下の方法をご確認ください。
  • 孤立した場所からの顧客データを結合および準拠し、統合された 1 つのリポジトリで表示します。
  • オンプレミスおよびクラウドベースのアプリケーションからの情報だけでなく、Web サイト、ソーシャル メディア、IoT からのストリーミング データを合成します。
  • 強力なデータ レイク テクノロジを使用して、ペタバイト規模のデータを迅速に集約して解釈します。
  • リアルタイムでマクロ パターンを識別し、機械学習モデルを構築して、将来の傾向を予測します。 

実際の IoT製造業のストーリー

この無料のガイドを読んで、ビジネス リーダーが、データ、デバイス、アプリケーションのコントロールを管理するエンドツーエンド アプローチに Azure IoT をどのように使っているかを学びましょう。モノのインターネット (IoT) の活用に必要なものと IT ソリューションを稼働する方法について理解を深めましょう。次に挙げるトピックを検討して、経験者から学びましょう。 

  • IoT で実現できること。これには、接続されているデバイスの情報、データを分析情報に変換する方法、アクションを起こすために必要なものが含まれます。 
  • ビジネスのニーズに合わせて IoT コストを評価し、IoT ソリューションを迅速に稼働する方法。 
  • Microsoft が、リモート監視、予測メンテナンス、設備の管理、接続された製造工程、車両、航空機、船舶の管理など一般的な IoT シナリオに安全なエンドツーエンド アプローチを提供する方法。 

ROI を解き放つ

モノのインターネット (IoT) テクノロジに取り組んでいる組織が、ビジネス ケースや大局的な戦略を考えずに、革新的なソリューションに飛び付くことがあります。有意義なビジネス価値を推進することを主要目的として、ご自身の IoT プロジェクトを戦略的イニシアティブとして捉え、IoT 投資に対する収益を最大化してください。まずは、成功をもたらす IoT プロジェクトを開始して管理するために、何をする必要があるかを明確に理解しましょう。 


この無料のホワイト ペーパーでは次の方法について説明します。
  • IoT プロジェクトの強固な基盤を開始する。
  • プロジェクトを効果的に実行して ROI を最大化する。
  • プロセスのあらゆる段階で経験豊かな IoT パートナーと連携する。

予測メンテナンスだけではない、IoT を使用した "可能性の技術"

モノのインターネット (IoT) は当初の過剰宣伝を超えて成熟しており、幅広い業界のあらゆる規模の組織にとって、実行可能なテクノロジとなっています。主なユース ケースが既に主流になっており、組織は以下の目的のために、なぜ、どのようにして、どこに IoT を展開するべきかについて、より高いレベルを求めています。

  • 新しい収益の流れを作成する。
  • 新しいビジネス モデルを可能にする。
  • AI、ブロックチェーン、高度なエンドポイントなどの他の高度なテクノロジとの相乗効果を実現する。 

IoT の可能性を最大限に活用するには、まず、そのビジネス価値とプロジェクト成功のための重要な要素について、より明確に理解することから始めてください。Boston Consulting Group (BCG) によるこの無料の委託レポートをお読みになり、IoT を使用してビジネス上の課題を解決するのに役立つガイダンスを得たり、実際の例を探索したりしてください。 

データを意思決定に活かす

組織のデータでビジネスの課題を解決しましょう。既に持っている機器とモノのインターネット (IoT) を使って新しいビジネス インサイトが得られます。この e-Book には、安全で革新的なマネージド サービスとソリューション アクセラレータを使用してビジネスを成長させるのに Azure IoT がどのように役立つかが説明されています。小規模から始めて自分のペースでスケールアップする方法についてのインサイトが得られます。以下のトピックについてお調べください。IoT とは何か。接続されたデバイスに関する情報、データがどのようにインサイトに変換されるのか、ユーザー自身が行動を起こすために必要なものに関する情報を含みます。IoT ソリューションを迅速に稼働させながら、ビジネス ニーズに合わせて IoT コストを調整する方法。IoT がリモート モニタリング、予兆保守、設備管理、コネクテッド マニュファクチャリング、およびフリート管理などの一般的なシナリオに対して安全なエンド ツー エンドのアプローチを提供する理由。

実際の IoT製造業のストーリー (対話型)

この対話型のガイドを使用して、ビジネス リーダーが、データ、デバイス、アプリケーションのコントロールを管理するエンドツーエンド アプローチに Azure IoT をどのように使っているかをご確認ください。モノのインターネット (IoT) の活用に必要なものと IT ソリューションを稼働する方法について理解を深めましょう。次に挙げるトピックを検討して、経験者から学びましょう。

  • IoT で実現できること。これには、接続されているデバイスの情報、データを分析情報に変換する方法、アクションを起こすために必要なものが含まれます。
  • ビジネスのニーズに合わせて IoT コストを評価し、IoT ソリューションを迅速に稼働する方法。
  • Microsoft が、リモート監視、予測メンテナンス、設備の管理、接続された製造工程、車両、航空機、船舶の管理など一般的な IoT シナリオに安全なエンドツーエンド アプローチを提供する方法。 

エッジ コンピューティング: IoT による新しいインフラ市場の創造

モノのインターネット (IoT) により創造される、急速に拡大するインフラストラクチャ ニーズに準じてください。何百万ものセンサーやデバイスによって収集されるデータを処理できるネットワークを維持するために企業で必要な事柄について学びましょう。ますます大きくなるこうした要件に対応し続けるには、インフラストラクチャを管理するための包括的なアプローチが必要になります。 この Forrester 社のレポートでは次の点について詳しくご説明します。 • 一般的な階層型ネットワークで、IoT がもたらす大幅なトラフィック増加を処理できなくなる理由について。IoT デバイスの拡張に伴い、インフラに集中して、システムを迅速に展開させる必要が生じます。 • IoT テクノロジがもたらすトラフィック増加に対処するために必要な事柄。システムでは、包括的なシステム設計、自動化、および管理について考える必要があります。サイロ化と IoT テクノロジの相性は最適ではありません。 • 統合されたアプローチを使用して始めるインフラの設計内容について。最良の結果を得るには、アプリ開発者と業務の専門家が連携してネットワーク アーキテクチャの改良に取り組む必要があります。