51 - 60 of 99

15 の教訓: SAP をクラウドへ移行

Azure を利用してデジタル トランスフォーメーションを実現するには、具体的にどうすればよいのでしょうか。実際に SAP をクラウドへ移行したマイクロソフトの IT 管理者が、新たな視点からその経験をご紹介します。今すぐ始めましょう。まずは、この e-Book をお読みください。IT チームがどのように変更管理に取り組み、SAP クラウドの移行戦略を策定したかを解説します。IT チームがクラウドへの移行を開始した際、組織全体が常に最新の情報を把握できるようにする方法について、実践的なアドバイスを得ることができます。コストの削減や SAP 投資の将来性の確保など、SAP を Azure に移行することで得られるメリットについて確認します。

ビジネス変革のための SAP on Azure の活用

昨今の破壊的なビジネス環境では、SAP システムのクラウドへの移行計画の開始を待つ余裕はありません。貴社の SAP データを現在の Azure 上の他のデータと結合することで、エンドツーエンドでリアルタイムなインサイトが使用可能に。新規市場への瞬時な参入、破壊的な競争を回避してマージンを向上、ビジネスの急激な成長につなげることを可能にします。このホワイト ペーパーをダウンロードして、SAP on Azure がいかにビジネスに役立つか、またビジネス リーダーが IT と共同で SAP 変革を主導する必要があるかをご確認ください。

アーキテクトのための Azure

高可用性、セキュリティ、スケーラビリティを備えたクラウド ソリューションの設計組織のニーズに対応する戦略とアーキテクチャに基づいたクラウド ソリューションを実現します。Packt Publishing より刊行された『アーキテクトのための Azure』e-Book では、コア サービスの理解から高度なソリューションの提供まで、さまざまな内容について簡潔に解説したガイダンスをご覧いただけます。以下のトピックなどをご確認いただけます。Azure の利用に関する一般的な設計パターン、原則、ベスト プラクティス。高可用性、パフォーマンス、拡張性、レジリエンスを目指した設計と、デプロイメント戦略に関する、より多くの情報に基づいた意思決定。IoT、サーバーレス コンピューティング、DevOps、データ サービスを使用する Azure のコア サービスと高度なソリューション。 ビジネス要件に対応するソリューションを確保するためのコスト管理、セキュリティ、監視。マイクロソフトが無料でお届けする、こちらの特集 e-Book で提示された情報を基盤として、体系化されたアプローチでデプロイメントに臨み、ソリューションを迅速に構築しましょう。

Month of Lunches で Azure を学習する

クラウドが提供できるパフォーマンス、冗長性、セキュリティ、スケーラビリティのすべてを備えたアプリケーションをビルドして実行するために必要なあらゆるものが、100 を超える Azure サービスによって提供されています。しかし、これらすべてのサービスのどこから始めればよいかを知ることは極めて困難なことに思えます。 この電子書籍を読んで、クラウド コンピューティング スキルを素早く効率的に身に付けましょう。お客様はすぐに生産的になり、これを読み終えると、Azure の達人への道が開けます。 Month of Lunches で Azure を学習するは、最も重要な Azure の概念をレッスンと課題を含む手頃なサイズに分割しています。また、GitHub で利用できるプロジェクト ファイルも含まれており、スキルの強化に役立ちます。ご紹介する内容は次のとおりです。コアの Azure インフラストラクチャとプラットフォーム サービスを使用します。これには、どのタスクにどのサービスを選ぶかの方法も含まれています。コストとパフォーマンスを考慮しながら可用性、スケーラビリティ、セキュリティを適切に計画します。コンテナー、Kubernetes、人工知能、機械学習、モノのインターネットなど主要テクノロジーを組み込みます。 

Azure による Java のクラウドネイティブ アプリケーション

ビジネスがクラウドに移行してスケーラビリティの高いアプリケーションの必要性に対処するにつれて、クラウドネイティブ アプリケーションのデプロイ スキルの需要が高まっています。Java 開発者は、クラウドネイティブ アーキテクチャをビルドする方法を理解し、めまぐるしく変化するビジネス需要をサポートできるようになる必要があります。 Azure による Java のクラウドネイティブ アプリケーションを読んで、Spring、Spring Boot、Azure で安全で回復性のある Java アプリケーションをビルドする方法を学びましょう。これには次の項目が含まれます。クラウド固有のパターンとベスト プラクティスを使ってアーキテクチャを設計します。Azure サービスを使ってアプリケーションを設計、開発、デプロイ、管理して、高可用性と安全性を確保します。一体構造のアーキテクチャからクラウドネイティブ デプロイに移行します。サーバーレス コンピューティング、コンテナー、マイクロサービスなど主要なクラウドネイティブ テクノロジーを使います。  

Java での継続的デリバリー

継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) を実践することはソフトウェア配信の速度や安定性に対する必要性の増加に対応するのに役立つと広く受け入れられています。しかし、継続的デリバリーを実践するため、多くの Java 開発者には、コンフォートゾーンを超える新しいスキルを身に付けることが求められます。 O’Reilly 社が発行したこの電子書籍には、どのように、またなぜ、仕事の方法を変える努力を払ってまで継続的デリバリーを採用する価値があるかが説明されています。学習内容:継続的デリバリーの主要な概念と開発者にとっての利点。Java 開発と IT ロールの経時的な発展に伴って生じた課題やリスクを継続的デリバリーで軽減する方法。継続的デリバリーに対応する効果的なソフトウェア アーキテクチャを設計して導入するための技術的基礎。継続的インテグレーションが重要な理由とビルド パイプラインを作成する第一歩を踏み出す方法。

Azure Cognitive Services を学ぶ

Azure Cognitive Services 経由で利用可能なインテリジェント API の統合および結合に関するこの包括的ガイドを使用して、人工知能 (AI) 開発を開始または拡張します。 コンピューター ビジョン、音声認識と言語処理、知識と検索をカバーする 3 つのセクションで構成されたコースを通して、何ができるかの理解を深め、以下の方法を習得します。 外観検査と音声を通して人物を識別する。 AI に似た機能を構築することにより、ユーザーの手間を省く。 画像とテキストを分析するさまざまな方法を理解する。 Vision API を使用して画像を分析する方法を調査する。 Search API を使用して必要なものを検索する。 

Microsoft Azure SQL Database Managed Instance の Total Economic Impact™

マイクロソフトが依頼した Forrester Consulting によるこの調査で、Azure SQL Database Managed Instance のデプロイに伴うメリット、コスト、リスクの詳細をご覧ください。オンプレミスの SQL Server ワークロードを、Azure SQL Database Managed Instance を使ったクラウドに移行した経験について、4 人のお客様にインタビューしました。この分析では、3 年間の予想投資収益率が 212% となったことに加えて、インタビューしたお客様によると代表的な組織では以下の状況が見られたことがわかりました。IT 生産性が 20% 向上。データベース管理者の生産性が 40% 向上。ハードウェア、ネットワーク、ストレージ、継続的なメンテナンス コスト 180 万ドルを含む、CAPEX および OPEX 上のメリット。今すぐこの調査分析をダウンロードして、Azure が組織にもたらす経済的インパクトの可能性をご確認ください。このレポートは 英語 でご利用いただけます。

Microsoft Azure で実現する一貫性のあるハイブリッド クラウド

IT 機能のほとんどがクラウド化へと方向性を示す中で、クラウド コンピューティングは大きな注目を集めています。その一方で、オンプレミスのデータセンターも重要な役割を果たし、この状況は今日、そして近い将来も続くことが見込まれています。この 2 つを統合してハイブリッド クラウドを構築することは、多くの組織にとって非常に重要です。マイクロソフトはこの現実を理解し、組織におけるハイブリッド クラウドの構築を支援するため、整合性と連携のとれたクラウド テクノロジとオンプレミス テクノロジを幅広く提供しています。また、競合他社とは異なり、お客様に適した方法を選択していただける柔軟性の高いオプションもご用意しています。お客様が選ばれたアプローチをサポートする、一貫性のあるハイブリッド クラウドを提供すること。それがマイクロソフトのコミットメントです。

Gartner 社の 2017 Magic Quadrant for Operational Database Management Systems

2019 年 7 月の SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2 のサポート終了に向けて準備するとき、次の行動に移るために事実を把握することが重要です。ハイブリッド クラウド オプションについて知っておく必要があることと SQL Server を Azure に移行する理由を確認することは、現在と今後のデータベースのニーズをサポートするために正しい選択です。 レポートを参照して、Gartner 社が 2017 Magic Quadrant for Operational Database Management Systems で Microsoft をリーダーとして指名した理由について学習します。レポートには、Microsoft が以下の項目をどのように達成したかについて詳述されています。実行する機能における最高位ビジョンの全体的な完全性に対する最高位