リソース検索結果

121 - 130 of 137

統合開発による生産性の最大化

オンプレミスかクラウドかにかかわらず、アプリケーションの構築とデプロイに関する組織の意思決定には、多くの要素が影響を及ぼします。しかし、統合開発を取り入れ、ハイブリッド環境で開発の成果を最大限に引き出すための、明確なガイドラインは存在します。こちらの統合開発に関するホワイト ペーパーをお読みいただくと、ハイブリッド クラウド アーキテクチャを簡素化し、開発を効率化するための 4 つの手順を見極めることができます。

ハイブリッド環境での ID 管理

ハイブリッド ID 管理戦略を構築している企業は、ハイブリッド クラウド環境がもたらす複雑さを軽減し、セキュリティに関する問題を低減させることができます。こちらのハイブリッド ID ホワイト ペーパーをお読みいただくと、ハイブリッド クラウド システムで ID を管理するための主要な 4 つの手順を見極め、Azure Active Directory と Azure Authenticator を活用する方法を確認することができます。

分散システムの設計

分散システムがあると、ビジネスのさまざまな部門でそれぞれのニーズをサポートする独自のアプリケーションを構築し、インサイトの獲得とイノベーションを推進することが可能になります。分散システムはビジネスには素晴らしいメリットがありますが、同じシステムを何度も繰り返して実装することになると、開発は非効率的になります。この無料の e-Book では、反復可能な汎用的なパターンと再利用可能なコンポーネントをご紹介します。信頼性の高いシステムをより簡単に効率良く開発できるようになるため、アプリの主要な部分の開発に集中することが可能になります。この e-Book (160 ページ) では、以下のような内容を取り上げています。• 分散システムという概念の紹介。 • 分散システムを構築するための再利用可能なパターンと方法。 • アプリケーション、データ ソース、ビジネス パートナー、クライアント、モバイル アプリ、ソーシャル ネットワーク、IoT デバイスを統合するプラットフォームの詳細。 • リアルタイムでイベントを処理し、イベントに反応するイベントドリブン型アーキテクチャ。 • コンテナおよびコンテナ オーケストレーション システムの詳細を学習するための補足的なリソース。 「構築しなければならない分散システムはますます増えています。ただ、その構築方法を熟知している人々がいるということも事実です。分散システム構築のパターン(特に Kubernetes のようなコンテナ オーケストレーション技術)を開発して共有すれば、ベテランだけでなく、経験の浅いシステム開発者も信頼性の高い分散システムを短期間で開発し、デプロイすることが可能になります」—Brendan Burns著者について: Brendan Burns は、マイクロソフトの Distinguished Engineer として Azure の開発に取り組む一方、Kubernetes プロジェクトの共同設立者でもあります。

Azure ユーザーを対象としたバックアップと復旧の概要 (日本語)

Azure をバックアップや障害復旧の用途にまだ使用していない方は、こちらのガイドで Azure Site Recovery および Azure Backup サービスを使用する方法とその理由に関する簡単な概要を把握できます。現在 Azure を使用している IT プロフェッショナルを対象としたこちらの簡易ガイドでは、導入に関するガイダンスへのリンクが提示されています。

Azure 初心者を対象としたバックアップと復旧の概要 (日本語)

バックアップと障害復旧は IT チームに課された最も重要な責務です。Azure 初心者の IT プロフェッショナルを対象としたこちらの簡易ガイドでは、BCDR の用語など、クラウド バックアップおよび障害復旧における主要な概念が取り上げられており、Azure Site Recovery および Azure Backup の詳細と導入に関する情報へのリンクが提示されています。

アプリ開発者を悩ませる「クラウド データの 6 つの課題」を解消 (日本語)

利用可能なデータと人工知能 (AI) テクノロジを最大限に活用できていますか? e-Book『アプリ開発者を悩ませる「クラウド データの 6 つの課題」を解消』をご覧いただくと、実用的な回答を得ることができます。以下の 6 つの一般的なデータ シナリオに最適なアプローチをご確認ください。• 拡張性や可用性などの必須要素を追跡。• アプリにより複数ユーザーに提供されるサービスの一貫性を確保。• 複数のデータセンターの複雑さを伴うことなく、全世界にリアルタイムでデータを提供。• ビッグ データから実用的なインサイトを構築。• アプリに人工知能の機能を導入。• クラウドで構築しながらセキュリティを確保。 登録して e-Book『アプリ開発者を悩ませる「クラウド データの 6 つの課題」を解消』

Gartner リサーチ ノート: 2017 年のクラウド ビジネスに役立つ Microsoft Azure Stack の機能とは

企業のおよそ 75% は、ハイブリッド クラウド コンピューティング戦略を推進しています。* ハイブリッド クラウドを最大限に活用するには、相互運用性が決め手となります。IT マネージャーおよび開発者にとっては、内部および外部のクラウド サービス間でアプリを開発してデプロイし、効率性と柔軟性を獲得することができます。顧客にとっては、クラウド導入の過程において、優れたユーザー エクスペリエンスのため、オンプレミス、ホストされたプライベート、またはパブリック ターゲットとの API の互換性を備えたサービスやアプリを提供することができます。Azure Stack により、以下の事項が実現されます。• オンプレミス環境におけるクラウド コンピューティングのアジリティと迅速なイノベーションの実現。• オンプレミスおよびクラウド間の開発エクスペリエンスの一貫性の推進。• 組織によるスケーリングの簡素化。• 現在のハイブリッド クラウド コンピューティング モデルに見られる「技術の孤立化」の防止。Gartner のリサーチ ノート「2017 年のクラウド ビジネスに役立つ Microsoft Azure Stack の機能とは」をご覧ください。こちらのハイブリッド クラウド コンピューティングに関するリサーチ ノートでは、エキスパートによる推奨事項、分析、人気の使用用途をご紹介しています。ぜひご登録ください。Azure Stack に関する Gartner のレポートをダウンロードいただけます。

パフォーマンスと生産性: クラウド スプロール管理ガイド (日本語)

ワークロード、アプリ、サービスが増加の一途をたどる中、クラウド スプロールを管理する方法をご存知ですか?ハイブリッド クラウド モデルを採用している企業では、新たな次元のアジリティとイノベーション、そしてコスト削減を実現しています。同時に、企業によっては、クラウドベースのサービスの拡散、すなわち「スプロール」にも直面しています。クラウド スプロールは適切に管理する必要があります。「パフォーマンスと生産性: クラウド スプロール管理ガイド」e-Book は、複数のクラウド サービスを管理するためのアプローチを再考するのに役立ちます。これにより、インテリジェントで包括的なソリューションを採用して、クラウド リソースのセキュリティとコントロールを確保することができます。この e-Book では、管理とセキュリティのための統合アプローチにより、以下の事項を実現する方法について解説しています。• 内部および外部の脅威を明らかにして、セキュリティに関する重要なインサイトを取得する• 業務の中断に対する保護を行う• リアルタイムでクラウド環境を監視する• 大規模な構成を管理する• ハイブリッド環境全体にわたってガバナンス ポリシーを実装する

デジタル エクスペリエンスを成功に導くためのテクノロジの 2 つの道のり

デジタルでの相互作用に優先順位を付け、デジタルへの投資によるビジネスへの影響を評価したら、短期的なメリットと長期的なメリットの両方をもたらすロードマップを作成します。お客様のデジタル戦略を実行するための、これら 2 つの道のりにおける主要なマイルストーンをご確認ください。 この Forrester のレポートでは、次のようなことを確認できます。 機敏性を高めるために基盤をどのように配置するか。顧客データから始め、コンテンツが豊富なエクスペリエンスを検討し、組織の他の部署を参考にして機能を追加してから、次の手順について評価します。 完璧よりも、最適な速度を求める理由。ロードマップに沿ってワークフロー、最適化、機敏性を実現する方法をご覧ください。運用モデルにどのような変更を加えれば、パフォーマンスを高いレベルで維持するために必要な分析、最適化、すばやい変更を実行できるかを確認します。 

Microsoft Azure IaaS に関する Total Economic Impact™ (日本語)

Forrester Consulting はマイクロソフトの委託を受け、オンプレミス、ホスティング環境、外部委託などで管理または運営されている IT 環境の一部またはすべてを Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) に移行することでもたらされる投資対効果 (投資利益率、ROI) を計る Total Economic Impact™ (総合的経済効果、TEI) 調査を実施しました。この調査の目的は、企業が Azure IaaS を利用する財務的影響、すなわち ROI 評価の枠組みを提示することです。インタビュー調査を行った企業は、ワークロードの一部またはすべてをオンプレミスから IaaS に移行もしくは再構成したことにより、次のような便益を得られたと回答しています。 • ソリューションのモビリティと信頼性が向上し、周期的なニーズに応じたキャパシティの増減が可能になったことで、企業間 (B2B) チャネルおよび小売り向け (B2C) Web チャネルでの収益機会が拡大• 売上に伴う便益の増加• 生産効率の向上• データ センター、IT リソース、外部委託の費用削減• ソフトウェア/ハードウェア管理の手間の軽減および時間の短縮 (パッチの適用やサポートなど)