リソース検索結果

101 - 110 of 138

AI の活用—1 つのガイドで 3 つの技術事例をご紹介

『開発者向け AI 活用ガイド』では、開発者が AI を活用して次世代アプリを作成している事例を詳しくご説明します。AI に関する 3 つケース スタディでは、さまざまなコード、技術仕様に関する詳細、実際に導入されているソリューションの段階的な説明をご覧いただけます。通信プロバイダーの Three、旅行アプリメーカーの NAVITIME、地方自治体向けサービス プロバイダーの Powel の 3 社が AI 技術搭載アプリを迅速に構築した方法と、その結果ユーザー エクスペリエンスに起こった変化についてご紹介します。 各ケース スタディには、次の内容が含まれます。使用される主な技術お客様情報問題の説明ソリューションとステップテクニカル デリバリーまとめ

データ主導型のワークスペース

スマート ビルディングが世界中に根付いていることは周知の事実です。数多くのデータ収集センサーと高度な 分析を用いて施設管理を最適化するスマート ビルディング戦略の開始を促したのが、エネルギーの利用をより 適切に管理したいという願望でした。実際、Harvard Business Review Analytic Services が世界各地の 405 名に及ぶ商業不動産の開発者、所有者、および居住者を対象として実施した調査でも、66% のグローバル組 織が、スマート ビルディングの一番のビジネス推進要因はエネルギー管理であると回答しています。 このレポートでは、スマート ビルディングのイ ニシアチブを、データ収集センサーと分析機能を 用いて、施設のコスト、エネルギーの利用、イン フラストラクチャのメンテナンス、および物理ス ペースの利用をより適切に管理するためのイニ シアチブとして定義しています。

Azure でクラウドの Linux をデプロイして管理するための 5 つの原則

クラウドへの移行は、お客様の IT インフラストラクチャのコスト、メンテナンス、スケーラビリティ、弾力性、対応力に良い影響を与えます。 オライリー発行のこの e-Book では、著者の Sam Alapati がクラウドの Linux を正しくデプロイして管理するための 5 つの原則について詳しく検証します。Azure およびその他のクラウド サービス プロバイダーの例と、お使いのシステムをデータ センターからクラウドに移行するベスト プラクティスをご確認いただけます。さまざまな種類のクラウド サービスとデプロイについての詳しい概要をご覧ください。クラウド移行の原則についての理解を深めることで、チームは次のようなことをできるようになります。どの Linux 仮想マシン (VM) をクラウドに適用できるかを評価し、特定する。新しいデプロイで利用できるワークロードのレベルを判定し、計画する。Linux 上で実行されているアプリケーションをスタック全体で監視する。Linux VM がセキュリティ保護され、バックアップされていることを確認する。ポリシー管理のベスト プラクティスを利用してクラウド環境を統制する。

SaaS で ISV ビジネスを成長させる

お客様のような独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) やアプリ ビルダー向けに特化して作成されたサービスとしてのソフトウェア (SaaS) プレイブックのガイダンスを利用して新しい収益源を見つけ、収益化の実現を早めましょう。Microsoft Azure で SaaS ソリューションをビルドして新規顧客を獲得し、競争相手を引き離しましょう。 プレイブックをダウンロードして実現できること 997 億ドルの成長が予測されている SaaS マーケットプレースでのマーケティング、売り上げ、リードを獲得するための戦略を開発します。 アプリのビルド、既存のアプリの SaaS モデルへの移行のための技術的リソースを取得し、計画チェックリスト、価格設定戦略のヒント、ソリューション成熟度モデルにアクセスします。 インテリジェント機能と予測分析を使って、競争相手の先を行き、お客様の行動のデータドリブン分析情報でアプリを差別化し、豊富で魅力的なユーザー エクスペリエンスを提供します。 より多くのお客様にソフトウェアを販売する、ユーザーにより大きな価値を提供する、運用コストを低減するなど、Microsoft パートナーとしてビジネス チャンスについて学びましょう。   

Azure 上の Windows Server 完全ガイド

2020 年にWindows Server 2008 / 2008 R2のサポートが終了します。これを機にビジネスをモダナイズするためにクラウドへの移行をご検討いただいてはいかがでしょうか。このガイドを利用し、既存のWindows Server の知識を活かした、迅速かつシンプルで、影響を最小限に抑えたAzure への移行を実施ください。 Azure 上の Windows Server 完全ガイドでは、以下についてご確認いただけます。移行をサポートする実践的な手順。ビジネスへの影響を最小限に抑えながら円滑な移行を支援する主要な指針。Azure 機能を理解するためのマイクロソフトとマイクロソフトのパートナーから提供されるリソースと、Windows Server のワークロードを移行する際に活用できる機会。

サポート終了から Azureへの移行パスについて

2020 年 1 月の Windows Server 2008 / 2008 R2 のサポート終了に伴い、オンプレミス サーバーを Azure に移行することをご検討ください。データをクラウドに移行することにより、自由にスケール アップまたはダウンが可能。信頼性とコンプライアンスを改善して、ワークロードに高い可用性をもたらすことができます。 この e-Book をご覧になり、Windows Server 2008 のライセンスを Azure に簡単に移行する方法をご確認ください。この 3 段階のサーバー移行プロセスでは、以下についてご確認いただけます。 移行の必要性を評価する 移行のサポートのためにオンプレミスデータセンターのリアルタイムレプリケーションとツールを利用する クラウド環境を最適化して、パフォーマンスとスケーラビリティ機能を大幅に低コストで最大限活用する

「数字で見るハイブリッド クラウド」インフォグラフィック

このインフォグラフィックでは、マイクロソフトとリサーチ会社 Kantar TNS により実施された、2018年版『State of Hybrid Cloud』の主要な調査結果が示されています。どれほど多くの企業がハイブリッド クラウドを利用しているか、またその理由や得られるメリットはどのようなものかご覧いただけます。また、レポートの内容をすべて収録したオンデマンド ビデオへのリンクも掲載されています。

エンタープライズ クラウド戦略 - クラウド コンピューティング e-Book の概要

企業向けクラウド コンピューティング戦略の導入に関する基礎を学ぶことができます。クラウド コンピューティングについて解説した e-Book、『Enterprise Cloud Strategy』(エンタープライズ クラウド戦略) 第 2 版では、エンタープライズ クラウドへの移行の計画策定および実施に関する重要な情報を取り上げています。140 ページにわたる同 e-Book の要旨をまとめたこちらの概要版では、企業にとってのクラウドの戦略的重要性や、以下の内容についてご確認いただけます。企業のクラウド移行をサポートするリソースなど、e-Book で取り上げられている主な内容の要約 クラウド コンピューティングの用語、概念、選択肢に関する解説クラウド移行のロードマップの構築に関する詳細情報

データ サイエンスと機械学習でのハイプ サイクル

高度なアナリティクスを取り巻く熱気は冷めることなく続き、互いに密接に関連するテクノロジの数々を生み出してきました。既に成熟度のピークに達したものもあれば、達しそうにないものもありますが、その他のテクノロジは依然として、今後のデータ サイエンスへの取り組みにおいて新たなレベルの成功を導くと期待されています。 このような多くの選択肢の中から、データ サイエンティストにとって永続的な価値を持つ傾向とトピックを見つけ出しましょう。この Gartner ハイプ サイクル レポートをダウンロードして、次のことにお役立てください。 データ サイエンスと機械学習の 25 件を超えるテクノロジについて、Gartner による定義、分析、アドバイス、ビジネス インパクト予測を理解します。 熱気を生み出しているテクノロジについて、および導入と成熟における注目すべき動きについて理解します。 自身の現在の能力とテクノロジ導入の見通しを評価するのに役立つ分析情報を入手します。データとアナリティクスのイニシアティブの成功拡大を目指して、適切な投資に集中するためです。 費用が高すぎる、リスクがある、あるいは熱気が過剰であることが理由で導入を正当化できないおそれのあるテクノロジについて、包括的な評価の結果を読みます。 各テクノロジに関連する利益を理解します。たとえば、今後 2 年から 10 年の間に主流となる見込みが最も高いものはどれであるかの予測です。

I&O リーダーが直面している主要な課題とその対処方法

IT が急速な変化を遂げる中、インフラおよびオペレーション (I&O) リーダーは、俊敏かつスケーラブルなインフラ戦略を策定する上で大きな課題に直面しています。 こちらの Gartner の無料レポートをダウンロードして、成功を収めるハイブリッド クラウド戦略の構築、適切な IT 人材の確保、レガシー アプリケーションのモダナイズまたはリタイアに関する決断など、IT プロフェッショナルが挙げる今年の主要な懸念事項をご確認ください。また、I&O 機能を向上させ、デジタル ビジネスを効果的にサポートするために推奨される次のステップと、候補となるソリューションもご紹介しています。