リソース検索結果

1 - 10 of 151

サイエンティスト、エンジニア、ウェアハウス—クラウド分析の実装

組織は、革新、競争上の優位性、効率性をサポートするためにデータ サイエンスに依存しているため、このプラクティスにおいてデータ サイエンティストの役割は不可欠です。しかし、データ サイエンスを運用環境に大規模に投入するには、データ サイエンティストの範囲を超えるスキルや手法が必要です。予測モデルを確実に本番環境で運用できるようにするため、データ エンジニアの役割が登場しました。 データ サイエンスの技術的要件も進化しました。データ量の劇的な増加に伴って生じる拡張性、可用性、予算に関する問題を解決するため、クラウド データ ウェアハウスが開発されました。 クラウド分析を実装するには何が必要かを理解するには、ホワイト ペーパー「サイエンティスト、エンジニア、ウェアハウス」をお読みください。データ サイエンティストとデータ エンジニアの個別の役割について理解します。これらの役割がクラウド データ ウェアハウスで協力して作業する方法を確認します。Azure Synapse Analytics が、あらゆるスケールにおいてガバナンス、管理容易性、弾力性のニーズを満たすのに最適である理由をご確認ください。Azure Synapse Analytics がクラウド分析の効果的なアーキテクチャにどのように適合しているかをご覧ください。

Microsoft Azure を使用したクラウド分析

Azure Synapse Analytics を使用して、すべてのソースのデータをまとめて、ビジネス インテリジェンスの投資を最大化してください。データを利用してビジネスをより深く把握し、報告型のレポートから、予測型の実用的な分析情報の取得に切り替えましょう。 以下を実践する方法については、Packt Publishing の電子書籍「Cloud Analytics with Microsoft Azure」 (Microsoft Azure を使用したクラウド分析) を参照してください。データ サイロをまとめて、すべてに分析情報を提供する。すべてのデータに対して高度なセキュリティ制御を有効にする。無制限の拡大を可能にしてペタバイト スケールの分析を実現する。その他のクラウド サービス プロバイダーよりも 94 パーセント低コストで最大 14 倍の優れたパフォーマンスを実現する。 Azure の分析についての詳細を読み、実際のビジネスでのユース ケースを参照して、無制限のクラウド データ ウェアハウスをセットアップするためのガイダンスを手に入れてください。 

ビジネス インテリジェンスへの投資を最大限活用するための 4 つの方法

他の多くの会社と同じようにあなたの会社も、データ プログラムへの投資を可能な限り活用するための方法をお探しですか。これには、組織全体でのデータ セキュリティの実装、データ サイロの統合、リアルタイム分析の提供が含まれるかもしれません。 包括的なデータ システムを用いてビジネスを変革させた、分析を利用するお客様からのガイダンスを活用して、次の行動を計画してください。 実際のお客様の体験に基づく無料の電子書籍「ビジネス インテリジェンスへの投資を最大限活用するための 4 つの方法」では、以下の方法を学べます。データへの投資を最大限活用する。データ移行により企業の革新を推し進める。単一のプラットフォームにデータを統合する。データ分析情報をすべてのユーザーに共有する。データ分析と収益性を関連付ける。 変革における次のレベルに進む準備ができたら、画期的なパフォーマンス、セキュリティ、スピードを実現するプロバイダーが必要になります。Azure での分析は他のクラウド プロバイダーと比べて 14 倍も高速で、94% も少ないコストしかかかりません。 

クラウド セキュリティとプライバシーの 7 つの主要原則

規制環境が絶えず変化する中で、クラウド セキュリティのさまざまな側面に適切に対処し、ベスト プラクティスに従い続けることは、難しい仕事であり、高いリスクを伴います。さらに、インフラストラクチャが複雑になればなるほど、規制の変化に準拠し続けることは困難になります。クラウド データ ウェアハウスの柔軟性と機密情報を保護する必要とのバランスを取るには、どうしたらよいでしょうか? 次のことが役立ちます。「クラウド セキュリティとプライバシーの 7 つの主要原則」と題するこのホワイト ペーパーで、セキュリティとプライバシーの包括的で持続可能な戦略の開発と実装に関するベスト プラクティスをご説明します。 扱われるトピック:セキュリティとプライバシーの相違点と類似点。セキュリティとプライバシーがプラットフォーム レベルから始まる理由。 セキュリティ プログラムをポートフォリオ全体に均等に適用する。 セキュリティとプライバシーの管理をデータ ストレージの近くに実装する。不利なインシデントが発生した場合のデータの回復性と可用性。 ポリシーとプロセスの改善に役立つ基礎を学んで、現在、近い将来、さらにその先に取り組む、最も厳しいプライバシーとセキュリティ戦略への備えを強化してください。 

Azure サーバーレス コンピューティング クックブック、第 2 版

サーバー インフラストラクチャの管理にかける時間を減らし、より多くの時間を優れたアプリの構築に注ぎましょう。データの処理、システムの統合、単純な API とマイクロサービスの構築のためのフルマネージド コンピューティング プラットフォームである Azure Functions を使用して、ソリューションをより早期に市場投入しましょう。この電子書籍では、独自のサーバーレス環境をすばやく構成できるようにするための各種ユース ケース、ハンズオンの手順、チュートリアルが用意されています。Functions のベスト プラクティスが含まれており、次の方法を学ぶことができます。サーバーレス アーキテクチャでイベントベースのハンドラーを開発します。Azure Functions をテスト、トラブルシューティング、および監視します。開発からデプロイ、保守まで、管理タスクを自動化します。Functions を他の Azure サービスと統合します。Durable Functions を使用して、ステートフルなサーバーレス アプリと自己復旧ジョブを構築します。399 ページのサーバーレス コンピューティングに関する電子書籍をダウンロードして、サーバーレス アプリの迅速な構築に役立つ多くのステップ バイ ステップ形式のレシピをご覧ください。 

インフラストラクチャと運用組織を進化させ、クラウド時代でつながりを維持し続ける

お客様の IT チームを進化させて新しいビジネスの価値を生み出し、会社のクラウド戦略をサポートしましょう。このガートナーのレポートでは、企業がクラウド移行を計画する際の、IT インフラストラクチャと運用 (I&O) の役割が生み出す機会について、詳細に説明しています。  このレポートをダウンロードして、次のような課題の解決策をご確認ください。  クラウドの導入は、IT 組織が組織の任務やチーム メンバーの役割に根本的な変更を加えた場合に限り、長期的に成功します。組織の取り組みを先導するための明確に定義されたリーダーシップまたは専門知識がなければ、クラウド イニシアチブが定まりません。 既にある I&O アクティビティはしばらく継続する必要がありますが、ほとんどの企業では内部クラウド サービスの仲介モデルを採用するでしょう。I&O チームは、彼らがつながりを維持することに注力しない場合、最終的にはなくなってしまう可能性があります。 I&O のリーダーは、分散 DevOps などのクラウドフレンドリな IT 組織の様式により、チームのつながりが減っていくことを目にするかもしれません。 インフラストラクチャと運用組織を進化させ、クラウド時代でつながりを維持し続ける、Craig Lowery 著、2020 年 2 月 6 日

Microsoft Azure が ISV にもたらすビジネス価値

数百の独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) が、Azure を戦略的クラウド パートナーとして選ぶことで、生産性を向上させて運用コストを削減させた方法をご確認ください。Microsoft の依頼に基づくこの IDC ホワイト ペーパーでは、世界中の ISV が Azure クラウド プラットフォームを使用することで、アジャイルでインテリジェントなマイクロサービスに対する顧客の需要の増加に対応した方法をご覧になれます。  ホワイト ペーパーをダウンロードして、どのようにしてこれらの ISV で平均して以下を実現させたかをご覧ください: 全体の年間利益が 59% 増加した。 クラウド オファリングによる年間収益が 44% 増加した。 新しい製品とサービスの市場投入までの時間が 58% 短縮され、新しいオファリングが 3.5 倍に増えた。 アジャイル開発と自動テストによって、リリース サイクルが迅速化されアプリ開発の生産性が 30% から 40% 向上した。 顧客獲得コストが削減され、購入サイクルが短縮され、顧客維持の新しい機会を得た。 

Azure 仮想マシンの一時停止または予約によってビジネス コストを削減

SAP アプリを Azure の信頼性およびインテリジェンスと組み合わせると、費用を節約できます。このインフォグラフィックを組織と共有して、これらの柔軟でコストを削減できる Azure のソリューションのメリットに関する理解が組織で促進されるようにしましょう: Azure 仮想マシンで実行されている SAP ワークロードが使用されていない場合は、ワークロードをシャットダウンしてコストを削減できます。 予測可能なワークロードのためにインスタンスを事前に予約すると、長期的な節約を実現できます。 独自の SAP ライセンスの使用を継続したまま、ワークロードを Azure へ移行すると、コストを簡単に監視できます。

Azure Migrate を利用してクラウドへ移行する

以前は、クラウドへの移行はさまざまな場所にある分離されたツールを伴う困難な作業でした。そのため、すべてをまとめて、クラウドへの移行をシンプルにするために、Microsoft では Azure Migrate を導入しました。  この e-Book をダウンロードして、Microsoft のクラウド移行用ツールの中央ハブである Azure Migrate についてご確認ください。この e-Book の内容は以下のとおりです: Azure Migrate について Azure Migrate が移行の工程でどのように役立つか データセンターの検出と評価を実行する インフラストラクチャ、アプリケーション、データを移行する その他の学習リソース

Azure Synapse Analytics Toolkit

Azure Synapse Analytics の使用を開始するために必要なものをわずか数分ですべて入手し、貴重な分析情報をすばやく入手することができます。 このツールキットをダウンロードすると、Azure Synapse に関するテクニカル リソースのコレクションにアクセスできます。複雑なデータからすばやく分析情報を得るための新しい方法が見つかります。 ご紹介する内容は次のとおりです。 Azure Synapse は、4 つの簡単な手順で開始できます。 コードを 1 行も記述せずにデータ パイプラインを構築できます。 Power BI ダッシュボードなど、エンドツーエンドの分析ソリューションを作成できます。  ETL、データ探索、準備、エンジニアリングに Python を使用できます。 1 回のクリックでデータ レイクからデータ ウェアハウスに移行できます。