1 - 10 of 46

あらゆる場所でクラウドを最大限に活用するには

オンプレミス、遠隔、圏外など、環境に関係なく、DevOps アプローチの戦略的なメリットを会社で活用して、既存の IT 投資を保護しながら最新の方法を見つけてください。ビジネス要件に合った方法でアプリやインフラをクラウドに移行する際に、開発のスピードアップ、規模な柔軟性の向上、コストの削減を実現します。e-Book「あらゆる場所でクラウドを最大限に活用するには」をダウンロードして、以下の方法をご覧いください。 アプリ開発において革新性と俊敏性を維持しながら、既存の IT 投資と人材をうまく管理し、最大限に活用する。DevOps のベスト プラクティスと利点をハイブリッド クラウド環境に組み込み、ソフトウェアを開発、テスト、およびデプロイするための共通プロセスを作成する。Azure Stack などのクラウドツールを利用し、オンプレミスにおいてハイブリッド アプリケーションを一貫性のある方法で簡単に実行する。開発者および IT 運用チーム間における効率と共同作業を強化し、開発者がターゲット環境に関係なくワークフローを統一できるようにする。

Windows Server 2008 のサポート終了に備えましょう

Windows Server 2008 / 2008 R2 の延長サポートが2020年 1 月 14 日に終了するのに伴い、業務の中断を避けるために今から準備を始めましょう。 このe-Book を読むことで、迅速かつ影響の少ないAzure への移行手段を学んでください。Azure へ移行することで、定常的なセキュリティ更新プログラムが提供され、悪意のある攻撃を防ぎ、業界の規制に準拠したコンプライアンスを担保することが可能になるだけでなく、最新のイノベーションによるインテリジェントなクラウドの機能を利用することができます。また、これらは使い慣れたマイクロソフトのツールを利用し、既存のスキルを活用することができます。さらに、以下についても詳しく説明します。Azure の機能と利点 - Azure が Windows Server の最高のクラウドである理由。 コスト削減 - Azure Hybrid Benefit と Azure Reserve Virtual Machine Instances により、最大80% のコストが削減できる可能性があります* 移行戦略 - 移行のためのベスト プラクティスとアプローチを解説します。

データを意思決定に活かす

組織のデータでビジネスの課題を解決しましょう。既に持っている機器とモノのインターネット (IoT) を使って新しいビジネス インサイトが得られます。この e-Book には、安全で革新的なマネージド サービスとソリューション アクセラレータを使用してビジネスを成長させるのに Azure IoT がどのように役立つかが説明されています。小規模から始めて自分のペースでスケールアップする方法についてのインサイトが得られます。以下のトピックについてお調べください。IoT とは何か。接続されたデバイスに関する情報、データがどのようにインサイトに変換されるのか、ユーザー自身が行動を起こすために必要なものに関する情報を含みます。IoT ソリューションを迅速に稼働させながら、ビジネス ニーズに合わせて IoT コストを調整する方法。IoT がリモート モニタリング、予兆保守、設備管理、コネクテッド マニュファクチャリング、およびフリート管理などの一般的なシナリオに対して安全なエンド ツー エンドのアプローチを提供する理由。

Azure へのデータベース移行パスの選択

Azure SQL Database への移行で、従来のオンプレミス SQL Server 実装により失われる貴重な時間やリソースを再利用しましょう。このホワイト ペーパーでは、データベース ワークロードをオンプレミスから Azure サービスに移行するための思考プロセスと手順を紹介し、迅速なアプリ開発にフォーカスし、市場投入までの時間短縮をサポートします。SQL 移行ロードマップ 5 つの段階についてご確認いただけます:データベースのフットプリントと潜在的な移行へのアプローチを理解する。検出されたワークロード要件、およびすべての依存関係を評価する。移行するワークロード、移行に使用するツール、およびワークロードのターゲット プラットフォームを計画し、説明する。最新のデータプラットフォームと互換性のないワークロードを変換する。ワークロードを最適化して、新しい機能を活用する。移行の実行および移行の成功確認を実施し、必要に応じてアプリケーションを修復します。

IT リーダー向けガイド: IT トランスフォーメーションのために SAP on Azure を活用するには

今日の IT 環境では、柔軟性と俊敏性が求められ、SAP アプリケーションをデプロイする従来のアプローチは、その完全な価値を実現する上での成功を制限する可能性があります。Microsoft Azure の新世代の SAP デプロイメント オプションで、IT を機敏に保ちながら、オンデマンドの SAP 認定インフラに特化したサービスと柔軟な実行を活用しましょう。 このホワイト ペーパーをダウンロードいただくと、SAP 環境のクラウド移行における完全かつスケーラブルなソリューションの確実な実行方法がご覧いただけます。20 年にわたる SAP との戦略的パートナーシップのうえで、お客様が Azure をどのようにご活用いただけるかをご覧ください:数週間ではなくたった数分で、SAP インフラを増強します。搭載機能を使用して S/4HANA にスケールアップできます。バックアップと傷害復旧のための搭載サービスで、IT 管理を簡素化します。高性能な SAP HANA インフラを使用して、シームレスに S/4HANA に移行します。Azure のセキュリティ機能と、他のクラウドよりも多い 85種類以上のコンプライアンス製品を使用して、企業のセキュリティを確保します。

SAP アプリケーションの Azure への移行

今後すべての SAP NetWeaver 環境は SAP HANA とクラウドに移行されていきます。しかしながらその移行が完了するまで、SAP マネージャーは多くの作業を並行して行う必要があります。デプロイする必要のある S/4HANA システムの数をご存知ですか。プロジェクトの目的で必要とされる存続時間が短い S/4HANA システムの数をご存知ですか。このガイドでは、ミッションクリティカルな SAP 環境をクラウドに移行するために必要なツールとプロセスをご提供します。 このホワイト ペーパーをダウンロードいただくと、Azure を使って次の作業を実施する方法がご覧いただけます。SAP によってサポートされるすべてのデータベース上で実行されている既存の SAP システムを移動する。S/4HANA システムをオンデマンドでデプロイし、アクティブなインフラの使用量に対してのみ支払を行う。旧式の NetWeaver システムから S/4HANA にプロセスを移行する際に、それらのシステムのインフラをスケーリングする。Oracle、SQL Server、IBM DB/2 など、SAP によってサポートされるすべてのデータベース上でデータを保護する。SQL Server AlwaysOn、HANA System Replication (HSR)、および Oracle Dataguard を利用して実稼働 SAP インスタンスで高可用性を確保できるようにする。

15 の教訓: SAP をクラウドへ移行

Azure を利用してデジタル トランスフォーメーションを実現するには、具体的にどうすればよいのでしょうか。実際に SAP をクラウドへ移行したマイクロソフトの IT 管理者が、新たな視点からその経験をご紹介します。今すぐ始めましょう。まずは、この e-Book をお読みください。IT チームがどのように変更管理に取り組み、SAP クラウドの移行戦略を策定したかを解説します。IT チームがクラウドへの移行を開始した際、組織全体が常に最新の情報を把握できるようにする方法について、実践的なアドバイスを得ることができます。コストの削減や SAP 投資の将来性の確保など、SAP を Azure に移行することで得られるメリットについて確認します。

ビジネス変革のための SAP on Azure の活用

昨今の破壊的なビジネス環境では、SAP システムのクラウドへの移行計画の開始を待つ余裕はありません。貴社の SAP データを現在の Azure 上の他のデータと結合することで、エンドツーエンドでリアルタイムなインサイトが使用可能に。新規市場への瞬時な参入、破壊的な競争を回避してマージンを向上、ビジネスの急激な成長につなげることを可能にします。このホワイト ペーパーをダウンロードして、SAP on Azure がいかにビジネスに役立つか、またビジネス リーダーが IT と共同で SAP 変革を主導する必要があるかをご確認ください。

アーキテクトのための Azure

高可用性、セキュリティ、スケーラビリティを備えたクラウド ソリューションの設計組織のニーズに対応する戦略とアーキテクチャに基づいたクラウド ソリューションを実現します。Packt Publishing より刊行された『アーキテクトのための Azure』e-Book では、コア サービスの理解から高度なソリューションの提供まで、さまざまな内容について簡潔に解説したガイダンスをご覧いただけます。以下のトピックなどをご確認いただけます。Azure の利用に関する一般的な設計パターン、原則、ベスト プラクティス。高可用性、パフォーマンス、拡張性、レジリエンスを目指した設計と、デプロイメント戦略に関する、より多くの情報に基づいた意思決定。IoT、サーバーレス コンピューティング、DevOps、データ サービスを使用する Azure のコア サービスと高度なソリューション。 ビジネス要件に対応するソリューションを確保するためのコスト管理、セキュリティ、監視。マイクロソフトが無料でお届けする、こちらの特集 e-Book で提示された情報を基盤として、体系化されたアプローチでデプロイメントに臨み、ソリューションを迅速に構築しましょう。

Microsoft Azure SQL Database Managed Instance の Total Economic Impact™

マイクロソフトが依頼した Forrester Consulting によるこの調査で、Azure SQL Database Managed Instance のデプロイに伴うメリット、コスト、リスクの詳細をご覧ください。オンプレミスの SQL Server ワークロードを、Azure SQL Database Managed Instance を使ったクラウドに移行した経験について、4 人のお客様にインタビューしました。この分析では、3 年間の予想投資収益率が 212% となったことに加えて、インタビューしたお客様によると代表的な組織では以下の状況が見られたことがわかりました。IT 生産性が 20% 向上。データベース管理者の生産性が 40% 向上。ハードウェア、ネットワーク、ストレージ、継続的なメンテナンス コスト 180 万ドルを含む、CAPEX および OPEX 上のメリット。今すぐこの調査分析をダウンロードして、Azure が組織にもたらす経済的インパクトの可能性をご確認ください。このレポートは 英語 でご利用いただけます。