1 - 10 of 131

機械学習の運用で効率と生産性を高める

機械学習ワークフローを使用して、効率を新しいレベルにまで高める方法についての詳細をご確認ください。 このホワイトペーパーでは、エンドツーエンドの機械学習ライフ サイクルを効率化および自動化する方法と、それを既存の DevOps プロセスに関連付ける方法について説明します。DevOps の原則を機械学習パイプラインに適用するためのクイックガイドが用意されています。基本を学ぶ。 機械学習で DevOps がどのように機能するかを理解します。しくみを確認する。 すべてのフェーズで Azure Machine Learning がどのように役立つかについて説明します。作業を開始する。 リソースのコレクションを参照して、機械学習運用 (MLOps) への行程を開始します。 今すぐお読みになり、仕事の方法を一変させましょう。 

アーキテクトのための Azure

高可用性、セキュリティ、スケーラビリティを備えたクラウド ソリューションの設計組織のニーズに対応する戦略とアーキテクチャに基づいたクラウド ソリューションを実現します。Packt Publishing より刊行された『アーキテクトのための Azure』e-Book では、コア サービスの理解から高度なソリューションの提供まで、さまざまな内容について簡潔に解説したガイダンスをご覧いただけます。以下のトピックなどをご確認いただけます。Azure の利用に関する一般的な設計パターン、原則、ベスト プラクティス。高可用性、パフォーマンス、拡張性、レジリエンスを目指した設計と、デプロイメント戦略に関する、より多くの情報に基づいた意思決定。IoT、サーバーレス コンピューティング、DevOps、データ サービスを使用する Azure のコア サービスと高度なソリューション。 ビジネス要件に対応するソリューションを確保するためのコスト管理、セキュリティ、監視。マイクロソフトが無料でお届けする、こちらの特集 e-Book で提示された情報を基盤として、体系化されたアプローチでデプロイメントに臨み、ソリューションを迅速に構築しましょう。

すぐにクラウドで使用可能: Windows Server 2019 でオンプレミスとクラウドを橋渡し

Windows Server 2019 を使用すると、オンプレミスのデータセンターの柔軟性とパフォーマンスが強化されます。Windows Server 2019 と Azure Cloud Services はシームレスに統合されます。クラウドにまだ移行していない場合でも、インフラストラクチャは準備されます。 Windows Server 2019 の新機能および以下を実現する方法については、「すぐにクラウドで使用可能: Windows Server 2019 でオンプレミスとクラウドを橋渡し」データシートをご確認ください。知的資産を高度で多層のセキュリティ機能を使用して保護する。ターンキー方式のハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューションにより、業界トップレベルのスケールとパフォーマンスを手に入れる。チームの共同作業をより効率化するコンテナー テクノロジを使用して、アプリケーションをよりすばやく開発する。既存のスキルとテクノロジを使用して、データセンターを好きなときにクラウドに拡張する。独自のソリューションは必要ありません。  

クラウド移行戦略を理解する

IT エコシステムをクラウドに移行することで、会社のセキュリティ、スケーラビリティ、俊敏性を向上させる方法をご確認ください。『Understanding Cloud Migration Strategies (クラウド移行戦略を理解する)』 e-Book をダウンロードして、コスト効率の高いクラウド コンピューティング戦略を組織で検討、計画、導入するのに必要なガイダンスを入手しましょう。  この無料 e-Book をお読みになり、クラウド移行の全体的な概要をご覧ください。また、次のようなことも確認できます。プロジェクトの定量化可能な目標を設定する方法、クラウド戦略チームを形成する方法、会社のクラウドの準備状況を評価する方法を確認する。サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、およびサービスとしてのソフトウェア (SaaS) クラウド デプロイ モデルのしくみを理解する。クラウドに移行することによる経済的な影響を詳しく確認し、組織のリーダーに参画してもらうタイミングを把握する。調達、ガバナンス、アプリとデータをクラウドに移行するコストの管理に役立つツールを Azure Cloud Services から入手する。 

Azure で安全かつ確実に SAP の資産をクラウドに移行する

Azure のインテリジェンス、セキュリティ、信頼性を SAP アプリケーションで利用することができ、ビジネスのリスクや中断は最小限に抑えることができます。この Packt 発行の『SAP on Azure Implementation Guide (SAP on Azure 実装ガイド)』で、オンプレミスの SAP ワークロードをクラウドに移行するための実践ガイドを入手しましょう。 無料の e-Book をダウンロードして、次のことをご確認ください。Azure 上の SAP 環境を設計する方法を確認する。SAP HANA on Azure、ID 管理、SAP Hybris、SAP Data Hub などのトピックごとの章から構成されています。クラウドへのさらにシームレスな移行を計画し、実装する。お客様固有の SAP ソリューションの適切な移行方法を選ぶためのアドバイスが記載されています。高度な分析と IoT を SAP on Azure で使用するための分析情報とガイダンスの入手。 

クラウド セキュリティの 5 つのベスト プラクティス

Microsoft のセキュリティ エキスパートが紹介する 5 つのベスト プラクティスをご覧になり、クラウドのデータをさらに安全に保つ方法についてご確認ください。順を追って説明されたこのインフォグラフィックを入手して、次のようなことを実現するための詳細情報をご確認ください。データ保護についての考え方を、クラウド セキュリティが含まれるように転換する。ツールを使用して問題の領域を減らし、さまざまな種類のセキュリティ脅威を早期に特定できるようにする。組織に有用なツールとリソースを提供する。 

Gartner レポート: 顧客が初めてクラウドを利用するときにクラウドの採用を促進する方法

お客様の顧客がクラウドへの移行に意欲的である場合でも、そのお客様の情熱に対応するための組織の知識や準備が整っているとは限りません。クラウド移行の過程で堅牢な実装計画を早期に策定して、お客様が移行に関する落とし穴に前もって対応できるように支援しましょう。 このレポートでは、円熟期を迎えているクラウド利用についての Gartner の調査と、お客様の顧客が移行に備えるための実用的な手順について説明します。このレポートをお読みになり、次のような方法を学びましょう。俊敏性とクラウドネイティブな運用に対して組織のビジネス プロセスを順応させることで、組織がクラウドで成功できるように導く。クラウドに最も適したワークロードを選別する方法を示すことで、顧客のさらなるクラウド サービスの採用を促進する。これらのサービスを使用したワークロードの概念実証を提供し、顧客にクラウドネイティブなサービス オファリングを学んでもらう。 

Microsoft Azure を使用したクラウド分析

Azure Synapse Analytics を使用して、すべてのソースのデータをまとめて、ビジネス インテリジェンスの投資を最大化してください。データを利用してビジネスをより深く把握し、報告型のレポートから、予測型の実用的な分析情報の取得に切り替えましょう。 以下を実践する方法については、Packt Publishing の電子書籍「Cloud Analytics with Microsoft Azure」 (Microsoft Azure を使用したクラウド分析) を参照してください。データ サイロをまとめて、すべてに分析情報を提供する。すべてのデータに対して高度なセキュリティ制御を有効にする。無制限の拡大を可能にしてペタバイト スケールの分析を実現する。その他のクラウド サービス プロバイダーよりも 94 パーセント低コストで最大 14 倍の優れたパフォーマンスを実現する。 Azure の分析についての詳細を読み、実際のビジネスでのユース ケースを参照して、無制限のクラウド データ ウェアハウスをセットアップするためのガイダンスを手に入れてください。 

サイエンティスト、エンジニア、ウェアハウス—クラウド分析の実装

組織は、革新、競争上の優位性、効率性をサポートするためにデータ サイエンスに依存しているため、このプラクティスにおいてデータ サイエンティストの役割は不可欠です。しかし、データ サイエンスを運用環境に大規模に投入するには、データ サイエンティストの範囲を超えるスキルや手法が必要です。予測モデルを確実に本番環境で運用できるようにするため、データ エンジニアの役割が登場しました。 データ サイエンスの技術的要件も進化しました。データ量の劇的な増加に伴って生じる拡張性、可用性、予算に関する問題を解決するため、クラウド データ ウェアハウスが開発されました。 クラウド分析を実装するには何が必要かを理解するには、ホワイト ペーパー「サイエンティスト、エンジニア、ウェアハウス」をお読みください。データ サイエンティストとデータ エンジニアの個別の役割について理解します。これらの役割がクラウド データ ウェアハウスで協力して作業する方法を確認します。Azure SQL Data Warehouse が、スケールを問わず、ガバナンス、管理容易性、弾力性のニーズを満たすのに最適である理由を確認します。SQL Data Warehouse がクラウド分析の効果的なアーキテクチャにどのように適合するかを確認します。

すべてのコンテンツからアクションにつながる分析情報を取り出す

多くの生データから価値を引き出しましょう。AI サービスを使用してナレッジ マイニングを活用し、ビジネスを一変させるような隠れた分析情報を発見しましょう。 このホワイトペーパーをお読みになり、ナレッジ マイニングについての理解を深めてください。ホワイトペーパーでは、次のような内容を説明します。ナレッジ マイニングの動作。 大量の構造化されていないデータを管理し、そこでさらなる価値を見つけるための 3 つのステップを確認します。データを取り込み、充実させ、詳細を確認することで、ファイルに関する重要な分析情報を見つける方法をご確認ください。ユース ケース。 ナレッジ マイニングの使用について、デジタル資産の管理、カスタマー サポート、プロセス管理用のデータ抽出、テクニカル コンテンツのレビューと調査、監査とコンプライアンス管理という、5 つの重要なことに焦点を当てます。Royal IHC、Chevron、Howden、Icertis などの企業が、ナレッジ マイニングを通じて会社を一変させている様子をご覧ください。業界をリードするソリューション。 AI を利用したナレッジ マイニング ソリューションの詳細を確認し、会社のデータをフル活用しましょう。その他のリソース。 ナレッジ マイニングを会社のベスト プラクティスに取り入れるための、さらに 7 つのリソースを詳しく確認します。 自信を持って開始するために必要な基礎を築きましょう。