Azure でクラウドの Linux をデプロイして管理するための 5 つの原則

このリソースは English で利用できます。

公開: 2018/10/02

クラウドへの移行は、お客様の IT インフラストラクチャのコスト、メンテナンス、スケーラビリティ、弾力性、対応力に良い影響を与えます。 

オライリー発行のこの e-Book では、著者の Sam Alapati がクラウドの Linux を正しくデプロイして管理するための 5 つの原則について詳しく検証します。Azure およびその他のクラウド サービス プロバイダーの例と、お使いのシステムをデータ センターからクラウドに移行するベスト プラクティスをご確認いただけます。さまざまな種類のクラウド サービスとデプロイについての詳しい概要をご覧ください。クラウド移行の原則についての理解を深めることで、チームは次のようなことをできるようになります。
  • どの Linux 仮想マシン (VM) をクラウドに適用できるかを評価し、特定する。
  • 新しいデプロイで利用できるワークロードのレベルを判定し、計画する。
  • Linux 上で実行されているアプリケーションをスタック全体で監視する。
  • Linux VM がセキュリティ保護され、バックアップされていることを確認する。
  • ポリシー管理のベスト プラクティスを利用してクラウド環境を統制する。

ご希望のアカウントでサインイン

- または -

お客様の情報をご入力ください。

* でマークされたすべてのフィールドが必須です

私は、ビジネス/組織向けソリューションおよびその他のマイクロソフト製品/サービスに関する情報、ヒント、セール情報を受け取ることを希望します。プライバシーに関する声明