Microsoft Azure リージョンでのデータ所在地とデータ保護の有効化

このリソースは English で利用できます。

公開: 2021/03/31

このホワイトペーパーでは、Azure をご利用のお客様がデータ所在地をより適切に制御する方法を理解し、Azure データセンター リージョン内でのデータ保護義務を果たすために必要な情報を取り上げています。具体的には、次のことに対処できるように構成されています。

・ 高可用性、ディザスター リカバリー、待機時間とサービスの可用性に関する考慮事項など、Azure リージョンのインフラストラクチャを理解する

・ データ所在地の保証と、お客様がデータ所在地を制御する方法

・ お客様が診断、サービス生成、およびサポートのデータにアクセスする方法と、お客様がご自身のデータへのアクセスを管理する方法についての詳細

・ Microsoft が不正アクセスから顧客データをどのように保護しているか、また Microsoft が政府の要求やその他のサードパーティの注文にどのように対応しているか

・ データの保存中、転送中、そして場合によっては使用中のデータを制限、保護、暗号化するためにお客様が使用できるツール 

・ お客様のデータの保有と削除に関して Microsoft が従う厳格なポリシーとプラクティス

・ Microsoft のプライバシーに関する規制や基準への準拠が、お客様のデータのプライバシー保護にどのように役立つか