ナビゲーションをスキップする

Anomaly Detector

早期に問題を検出してビジネスの信頼性を向上させる

時系列の異常検出機能をアプリに簡単に組み込むことができるので、ユーザーは問題をすばやく特定できます。Anomaly Detector はすべての種類の時系列データを取り込み、お客様のデータに最適な異常検出アルゴリズムを選択することで、高精度を確保します。スパイク、低下、周期的パターンからの逸脱、傾向の変化を、一変量および多変量の API で検出できます。サービスをカスタマイズすることで、あらゆるレベルの異常を検出できます。クラウドまたはインテリジェント エッジなど、必要な場所に異常検出サービスをデプロイできます。

強力な推論エンジンによりお客様の時系列データ セットが評価され、お客様のシナリオに合わせて精度を最大限に高めるために最適な異常検出アルゴリズムが自動的に選択されます。

自動検出により、ラベル付けされたトレーニング データが不要になるため、時間を節約し、問題が発生したときに即座にその解決に集中できます。

カスタマイズ可能な設定により、お客様のビジネスのリスク プロファイルを基に、潜在的な異常に対する感度を微調整できます。

分析情報をより迅速に

Azure portal での簡単なセットアップとリアルタイムの異常検出システムによって、迅速な問題解決を実現できます。使用するのは 3 行のコードだけです。

多変量の異常を識別する

多変量の異常検出を使用して複数のシグナルとそれらの間の相関関係を評価し、データ パターンの急激な変化がビジネスに影響を与える前に発見することができます。

事実上すべてのシナリオにおける問題を検出

時系列データにはさまざまな種類があり、それらすべてに当てはまるアルゴリズムはありません。Anomaly Detector は、お客様の時系列データ セットを評価し、モデル ギャラリーから最適なアルゴリズムと最適な異常検出手法を自動的に選択します。このサービスを使用すると、IoT デバイスのトラフィックの監視、不正行為の管理、市場への変化への対応などのシナリオにおいて、高い精度を保つことができます。

Microsoft Azure、Office、Windows、Bing による信頼

200 以上の Microsoft 製品チームが利用しているのと同じ異常検出システムとサービスを使用して、お客様の製品とサービスの正常性を監視し、信頼できるカスタマー エクスペリエンスを提供できます。

エンタープライズにおける業界トップレベルのセキュリティ

  • Microsoft では、サイバー セキュリティの研究と開発に年間 10 億 (米国ドル)を超える投資を行っています。
  • 3,500 名以上のセキュリティ エキスパートが、専属でお客様のデータとプライバシーの保護にあたっています。
  • Azure は、他のどのクラウド プロバイダーよりも 多くの認定資格 を取得しています。比較リストをご覧ください。

ドキュメントおよびリソース

始める

ドキュメントを読む

仕組みの確認

Anomaly Detector の設定に関するガイド付きチュートリアルについては、チャンネル 9 の AI ショーのこのエピソードを視聴してください。

3 ステップで使用開始

Azure の無料アカウントを作成します。

Azure portal にサインインします。

最新の Cognitive Services ニュースで最新情報を入手

Anomaly Detector に関してよく寄せられる質問

  • 一変量異常検出機能についてリージョンの可用性を参照してください。多変量異常検出 (プレビュー) 機能は、選択したリージョンで使用できます。詳細については、こちらのドキュメントを確認してください。
  • Anomaly Detector は、99.9% のサービス レベル アグリーメントを提供します (SLA)。
  • Anomaly Detector は、コード優先エクスペリエンスの単純な REST API で構成されています。これは、時系列データの異常を検出する Metrics Advisor のコア エンジンです。Anomaly Detector は、アドホック データ分析に最適で、コンテナーで実行できます。Metrics Advisor には、パイプライン API とサービスを管理するための組み込みのユーザー インターフェイスを使用した追加の時系列監視機能があります。Metrics Advisor は、ライブ ストリーミング データや AI の分析用に設計されており、Azure でのデプロイをサポートしています。
  • これは、お客様のシナリオで必要とされる精度と速度のレベルによって異なる場合があります。詳細については、ベスト プラクティス ガイド を参照してください。

始める

どのようなご用件ですか?