仮想化について

仮想化とは、物理的な環境の対極であるシミュレーションされた (仮想的な) コンピューティング環境を作成することです。仮想化には、普通、コンピューターで作成されたハードウェア、オペレーティング システム、ストレージ デバイスなどが含まれます。仮想化を利用することで、単一の物理的なコンピューターやサーバーを複数の仮想マシンに分割できます。各仮想マシンでは、単一のホスト マシンのリソースを共有しながら独立的にやり取りを行い、異なるオペレーティング システムを実行可能です。

仮想化では、単一のコンピューターまたはサーバーから複数のリソースを作成することで、使用するサーバーの総数を減らしてエネルギーの消費を抑え、インフラストラクチャの費用を節約して管理の手間を削減しながら、スケーラビリティとワークロードの改善を実現します。仮想化は大きく 4 つのカテゴリに分けられます。1 つ目はデスクトップ仮想化と呼ばれるもので、1 つの集中型サーバーを使用して個々のデスクトップを配信および管理できます。2 つ目は、ネットワーク帯域幅を独立したチャネルに分割して、特定のサーバーやデバイスに割り当てるネットワーク仮想化です。3 つ目のカテゴリはソフトウェア仮想化で、アプリケーションがハードウェアやオペレーティング システムから切り離されます。4 つ目はストレージ仮想化と言い、複数のネットワーク ストレージ リソースを単一のストレージ デバイスにまとめて、複数のユーザーがアクセスできるようにするものです。

関連製品およびサービス

Virtual Machines

Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニング

Virtual Network

プライベート ネットワークをプロビジョニング、オプションでオンプレミスのデータセンターに接続