SaaS とは

サービスとしてのソフトウェア

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) では、ユーザーはインターネット経由でクラウドベースのアプリケーションに接続して、そのアプリケーションを利用することができます。よくある例は、メール、カレンダー、Office ツール (Microsoft Office 365 など) です。

SaaS は、クラウド サービス プロバイダーから従量課金制で購入するソフトウェア ソリューション一式を提供します。組織向けのアプリケーションを使う分だけレンタルして、その組織のユーザーがインターネット経由で、通常は Web ブラウザーを使用してアプリケーションに接続します。基盤インフラストラクチャ、ミドルウェア、アプリケーション ソフトウェア、およびアプリケーション データはすべて、サービス プロバイダーのデータセンター内に配置されます。サービス プロバイダーがハードウェアおよびソフトウェアを管理し、適切なサービス契約を結んだ上で、ユーザーのアプリケーションやデータの可用性とセキュリティも保証します。SaaS によって、初期費用を最小限に抑えながら、アプリケーションをすぐに稼働状態にすることができます。

サービスとしてのソフトウェア — IaaS にはサーバーとストレージ、ネットワーク ファイアウォールとセキュリティ、およびデータセンター (物理的なプラント/建物) が含まれます。PaaS には IaaS の要素に加えて、オペレーティング システム、開発ツール、データベース管理、ビジネス分析も含まれます。SaaS には PaaS の要素と、ホストされるアプリが含まれます。
ホステッド アプリケーション/アプリ 開発ツール、データベース管理、ビジネス分析 オペレーティング システム サーバーとストレージ ネットワーク ファイアウォール/セキュリティ データ センターの物理的なプラント/建物

一般的な SaaS シナリオ

Outlook、Hotmail、Yahoo! Mail などの Web ベースのメール サービスを使用したことがあれば、ある種の SaaS の使用経験があると言えます。これらのサービスでは、インターネット経由で、通常は Web ブラウザーからアカウントにログインします。メール ソフトウェアはサービス プロバイダーのネットワーク上に配置され、メッセージもそこに保管されます。どのコンピューターまたはインターネットに接続しているデバイスの Web ブラウザーからでも、メールや保存されたメッセージにアクセスできます。

先ほど挙げた例は、個人利用向けの無料サービスです。組織で利用する場合は、メール、コラボレーション、カレンダーなどの生産性アプリケーション、および顧客関係管理 (CRM)、エンタープライズ リソース プランニング (ERP)、ドキュメント管理などの高度なビジネス アプリケーションをレンタルできます。サブスクリプションや使用レベルに応じて、これらのアプリケーションを使った分だけ支払います。

SaaS の利点

高度なアプリケーションにアクセスできます。 SaaS アプリケーションをユーザーに提供するために、ハードウェア、ミドルウェア、またはソフトウェアの購入、インストール、更新、保守を行う必要は一切ありません。SaaS によって、必要なインフラストラクチャやソフトウェアの購入、デプロイ、管理を自ら行うためのリソースに不足している組織でも、ERP や CRM といった高度なエンタープライズ アプリケーションを手頃な価格で使用できるようになります。

使用した分だけお支払いいただけます。 SaaS サービスでは、使用レベルに応じて自動的にスケールアップおよびスケールダウンが行われるため、コストの削減も可能です。

無料のクライアント ソフトウェアを使用できます。 ユーザーはほとんどの SaaS アプリケーションを自分のブラウザーから直接実行でき、ソフトウェアのダウンロードとインストールの必要はありません (ただし、一部のアプリケーションではプラグインが必要になります)。そのため、管理者がユーザー向けに特殊なソフトウェアを購入してインストールする必要はありません。

従業員を簡単にモバイル化できます。 SaaS によって、インターネットに接続しているコンピューターやモバイル デバイスから SaaS アプリケーションおよびデータにアクセスできるため、簡単に従業員の “モバイル化” を実施できます。異なるタイプのコンピューターやデバイスで稼働するアプリケーションの開発について心配することはありません。サービス プロバイダーがその役割を既に果たしているからです。また、モバイル コンピューティングに潜むセキュリティ上の問題を管理するために専門技術者を雇う必要もありません。サービス プロバイダーを慎重に選ぶことで、データを使用するデバイスのタイプを問わず、データのセキュリティが保証されます。

どこからでもアプリケーション データにアクセスできます。 クラウド内に保管されたデータを使用して、インターネットに接続しているどのコンピューターやモバイル デバイスからでも自分の情報にアクセスできます。また、アプリケーション データがクラウド内に保管されていれば、ユーザーのコンピューターやデバイスに障害が発生してもデータが失われることはありません。