クラウド サービス プロバイダーとは

クラウド サービス プロバイダーとは、クラウドベースのプラットフォーム、インフラストラクチャ、アプリケーション、またはストレージ サービスを提供するサードパーティ企業のことです。電気代やガス代などの公共料金の支払いと同じように、通常は、ビジネス上の需要に応じて使用したクラウド サービスの分だけの支払いとなります。

クラウド サービス プロバイダーは、従量課金制モデルに加えて企業に対するさまざまな利点も提供しています。企業にとってのメリットとしては、オンプレミス サーバーという物理的な制約に縛られることのないスケーラビリティと柔軟性、データ センターが複数あり多段階に冗長化されているという信頼性、サーバーを好みに応じて構成できるカスタマイズ性、変化する需要へ簡単に対応可能な反応性に優れた負荷分散能力があります。ただし、業界で推奨されるアクセスおよびコンプライアンス管理の構成や慣習を確実に実施し遵守するために、クラウドでの情報保管に関するセキュリティ上の懸念について評価する必要もあります。