IoT とは

クラウドに接続され、データを収集して安全に送信する機能を備えた機器、機械、製品、デバイスです。

モノのインターネット (IoT) とは何でしょうか。また、ビジネスにどのように役立つのでしょうか。IoT を使用すると、組織はデータを分析し、データに基づいて行動できるため、リアルタイムの賢明な意思決定が可能になります。これらの新しいデータ ソースにより、ビジネスや顧客に関するタイムリーで適切な分析情報が得られるため、製造、輸送、エネルギー、農業、小売、政府機関など、あらゆる業界が適切な IoT ソリューションを実装することで、運営を効率化し、顧客に新たな価値を提供する大きな可能性を秘めています。

IoT でできること

IoT では、独自のデータを使用してビジネスの問題を解決できます。モノのインターネットは、単に接続されたデバイスではありません。それは情報であり、デバイスをクラウドに接続することで強力な分析情報が即座に提供されるしくみです。これらの分析情報を活用して、損失や資材の削減によるコストの削減、運用プロセスと機械プロセスの改善、または信頼性の高いリアルタイム データによって可能になる新たなビジネス ラインの構築を行うことで、ビジネスを変革できます。IoT を使用してデータを分析情報に変え、それらの分析情報をアクションに変えることで、真の競争優位性を生み出すことができます。

IoT テクノロジの 5 つの一般的な用途の詳細を確認し、これまで利用されていなかったデータにアクセスすることによって、会社の目標をどのように支援できるかについて考え始めましょう。

リモート監視

重機、車両、さらには家畜まで、ほぼあらゆる種類の資産をほぼあらゆる場所で継続的または定期的に監視します。IoT で接続されたモノから得られる分析情報を利用して、位置、パフォーマンス、状態、または環境要因を追跡することで、次のことが可能になります。

  • サービス コストを削減し、ビジネス プロセスを改善する。
  • 製品のパフォーマンスを理解して、顧客に優れたエクスペリエンスを提供する。
  • 機械学習機能を使用して貨物や車両の経路をより効率的に設定することで、1 日の予約数を増やし、燃料費を削減し、損耗を低減する。
  • 特定の時点でのリソースの場所から、それらが積載されている車両に至るまで把握することで、フィールド サービスの向上、セキュリティの強化、従業員の安全性の向上を実現する。

予測メンテナンス

リモート監視と同様に、予測メンテナンスにも、データを分析して結果を予測し、アクションを自動化する機械学習ソフトウェアが組み込まれています。予測機能により、サービス プロバイダーは従来の事後対応型の定期メンテナンス ビジネス モデルから前進し、データと分析を使用して重大になる前に問題を特定することが可能になります。これにより、問題があることに顧客が気付く前に技術者が介入できるようになります。この情報を活用することで、次のことが可能になります。

  • 故障や速度低下の原因となっている機械的状態や動作状態を明らかにする。
  • 修理の問題が発生する前に、在庫に保管すべき予備部品をより正確に予測する。
  • Just-In-Time メンテナンスによって機器の故障を防ぐことで、Break/Fix (壊れたら修理する) ビジネス モデルから前進する。

設備管理

建物、インフラストラクチャ、その他の空間の監視に重点を置いたこの IoT シナリオでは、収集したデータを使用して、エネルギー効率、空間活用、生産性、安全性を向上させることができます。得られた分析情報を活用することで、次のことが可能になります。

  • 照明の自動化や冷暖房サイクルの最適化によってコストを削減する。
  • 機器の動作の維持や補給品のストックの確保によって、従業員や居住者の満足度を高める。

製造効率

企業によって異なりますが、多くの製造プロセスは原材料から完成品までの経路が共通しています。独自のシステムから学びます。デバイスやセンサーから提供されるデータを使用して、プロセスや製品の品質を管理する新たな方法を見つけます。これらのデータの分析情報により、次のことが可能になります。

  • 効率を低下させるボトルネックを特定することでプロセスを改善する。
  • 計画外のメンテナンスや機器の故障が原因で発生するダウンタイムを削減する。
  • 製品が完成する前に、基準を満たしていない材料や部品、またはエラーを排除する。
  • 必要なものを常備できるように、資材と在庫の管理を改善する。

コネクテッド製品

コネクテッド製品には、製品とそのユーザー、製造元、または環境との間でのデータ交換を可能にするスマートな接続コンポーネントがあります。関連する IoT ソリューションは、新しい機能を備え、信頼性に優れ、製品使用率の高いスマート ファクトリの構築に役立ちます。コネクテッド製品を使用すると、次のことが可能になります。

  • 製品の開発と保守を効率化します。
  • より安全なコネクテッド エクスペリエンスを顧客に提供する。
  • マネージド サービスとサポートを備えた新たなビジネス ラインを構築する。
  • 製品のパフォーマンスを監視して、設計、製造、信頼性を向上させる。

IoT を選ぶ理由

モノのインターネットに投資する組織は、よりパーソナライズされた顧客エンゲージメント、資材や労力の無駄の削減、運用効率の向上など、より大きな価値を実現できます。データを収集して分析する中で、新しい傾向から新たな収益機会が明らかになる場合もあります。

$267

2020 年までに製造業者が IoT に費やすと予想される支出額 1

+$100

デジタル変革が最も進んでいる企業の営業利益の平均増加額 2

$25.1

Gartner は、2021 年末までに 251 億ドル相当の IoT ユニットが導入されると予測 3

IoT の使用を開始する

IoT ソリューションを自社で計画して実装するためのリソースがある場合も、パートナーと協力する必要がある場合も、IoT の展開を成功させるための基本的な手順は通常同じです。

定義済みのビジネス ケースから始めます。

OT、IT、管理を代表する、権限を持つチームと協力します。

小規模から始め、最初の成功を収めたら、範囲と複雑さの観点で徐々に拡張していきます。

IoT のビジネス ケースを定義する

現在の IoT 対応ビジネス モデルを再考するか、顧客とのやり取りをより適切にサポートする新しいモデルを見つけます。こちらの無料の電子書籍で説明する価格決定力と収益の再現に基づいて、複数の戦略を検討します。

IoT によってビジネスの変革を加速する

フル マネージド IoT サービスとソリューション アクセラレータを使用して、複雑さを軽減し、コストを削減して、市場投入までの時間を短縮します。

ビジネスに適した IoT 分析情報を導出する

データをすぐに利用することができ、簡単に分類できるように、クラウド分析を使用して大量のデータから情報を抽出します。この情報を使用して、製品やサービスのパフォーマンスについて理解を深めます。詳細な分析情報を提供して迅速な意思決定を促進するフル マネージド IoT サービスを使用して、クラウド分析を組み込みます。

小規模から始める - ただし、大きく考える

既に所有している機器と適切な IoT ソリューションを使用して、ビジネスの新たな分析情報を取得します。Azure IoT が安全で革新的なマネージド サービスとソリューション アクセラレータによってビジネスの成長をどのように支援するかを確認します。こちらの無料の電子書籍で、小規模から始めて自社のペースでスケールアップする方法を把握します。

デバイスからクラウドまで、IoT ソリューションを活用する

エッジ デバイス、クラウドのデバイス、基幹業務システムに接続されたデバイス向けのソリューションを使用して、ニーズに合わせて構築します。エッジ コンピューティングを使用すると、データを生成場所の近くで処理できるため、そのデータをほぼリアルタイムで分析できます。クラウド コンピューティングは、サーバー、アプリケーション、データ、その他のリソースが統合され、インターネット経由でサービスとして提供されるモデルです。クラウド コンピューティングの詳細はこちら

信頼できる IoT リーダーと提携する

お問い合わせ

1 https://www.businessinsider.com/internet-of-things-in-manufacturing-2016-10

2 Keystone Strategy のインタビュー (2015 年 10 月) - 2016 年 3 月。営業利益の $1 億ドルの増加は、企業収益の中央値 $34 億ドルに基づいています。

3 Gartner の「Getting Started: How to Strategize, Prepare, Plan and Manage Enterprise IoT Projects (概要: エンタープライズ IoT プロジェクトの構想、準備、計画、管理の方法)」(Emil Berthelsen、Peter Havart-Simkin 著、2018 年 4 月 12 日)