Microsoft IT Pro Cloud Essentials Azure FAQ

この制限付きプランは、通貨クレジットをお持ちのお客様が一定の条件を満たしている場合に、Microsoft Azure に無料でアクセスできるようにするものです。

Azure クレジットの柔軟性

一定の条件を満たすお客様には、Microsoft Azure の通貨クレジットが提供されます。プランの期間中に毎月提供される通貨クレジットの額は、プランをアクティブ化したときに決定されます。Microsoft Azure クレジットは自由にお使いいただけます。Virtual Machines、Websites、Cloud Services、Mobile Services、Storage、SQL Database、HDInsight、Media Services など、お客様のニーズに合わせて Microsoft Azure サービスをご利用ください。

月々の Microsoft Azure クレジットの上限まで、無料でご利用いただけます。料金が月々のクレジット額を超えた場合、その月のサービスは無効になります。使用制限をオフにした場合は、月々のクレジットを超える各月のリソースご利用分について従量課金料金が適用されます。使用制限機能の詳細をご確認いただけます。無料試用版を含め、2014 年 7 月 14 日以前の Azure サブスクリプションのないアカウントについては、提供期間の終わりに、Azure Pass サブスクリプションから従量課金制サブスクリプションに変更されます (期限より少なくとも 5 日前に、使用制限を無期限に削除した場合)。

未使用の月々のクレジットを次の月に持ち越すことはできません。また、他の Azure サブスクリプションに移行することはできません。無料でご利用のサービスに伴う税金は、お客様のご負担になります。料金の変更は、少なくともその 30 日前に通知されます。

除外

Azure Credits may not be used to purchase Azure support plans, third-party branded products, or products otherwise sold separately from Azure (for example, Microsoft Azure Active Directory Premium).

AzureU プログラム

AzureU プログラムと関連のある認定された大学、カレッジ、コミュニティ カレッジなど (“認定された教育機関”) に提供される Microsoft Azure クレジットは、学生の授業内容、学術研究またはそれらの授業内容や研究に関連する学生プロジェクトをサポートするためだけに提供されており、個人の使用または個人教育者の利益のためではありません。クレジットは、認定された教育機関への無料サービスに関係した適用される法律および規制 (機関の贈答ポリシーを含む) に従って使用する必要があります。それらの法律、規制、またはポリシーと競合または矛盾する場合は、使用が停止されます。お客様は、Azure クレジットに関して、機関の倫理責任者と事前に話し合い、機関の贈答ポリシーに準拠していることを確認する必要があります。Microsoft は、AzureU プログラムと関連のある Azure クレジットに対する認定された教育機関からの補償のすべての使用権を放棄します。

お支払い方法

事前に請求書払いが承認されていない限り、クレジット カードまたはデビット カードに限定されます。プリペイド カードおよびバーチャル クレジット カードでのお支払いは受け付けておりません。

価格および課金の詳細については、価格のページを参照してください。

キャンセルに関するポリシー

このサブスクリプションはいつでもキャンセルできます。未収料金が発生している場合は支払いが必要です。

プランの利用

このプランは、次のいずれかの国や地域にお住まいのお客様を対象としています。請求はここに記載されている通貨で行われます。

制限、クォータ、および制約事項

Azure の新規のお客様は、無料試用版を 1 回に限りお試しいただけます。

この制限付きプランは、通貨クレジットをお持ちのお客様が一定の条件を満たしている場合に、Microsoft Azure に無料でアクセスできるようにするものです。Azure クレジットは、Azure のサポート プラン、Visual Studio Team Services、サードパーティ製の製品、Marketplace で販売されている製品、Azure とは別に販売されている製品の購入にはお使いいただけません。再販はできません。個人/アカウントごとに 1 コードとなります。

Microsoft Azure の一般的な制限、クォータ、制約事項の一覧については、このドキュメントを参照してください。

次の月間使用量クォータが適用されます。上限を超える量が必要な場合は、カスタマー サービスまでお問い合わせください。お客様に必要な使用量を確認したうえで、これらの上限を適切に調整させていただきます。

サービス レベル アグリーメント

Azure プラットフォーム サービスのそれぞれに対して充実したサービス レベル アグリーメントを提供しています。 各 SLA の詳細については、SLA のページを参照してください。サービス レベル アグリーメントは、プレビュー期間中のサービスには提供されません。

リソースに対する責任

サービス リソースの使用レベルにおけるすべての増加 (実行するコンピューティング インスタンスの追加や、使用するストレージの量の増加など) は、これらのサービス リソースの可用性の影響を受けます。「制限、クォータ、およひ制約事項」セクションに記載されたクォータは、そのクォータに達するまで十分なリソースが提供されることを確約するものではありません。

このプランにおいて、料金が発生しておらず、90 日以上非アクティブ状態が続いているサブスクリプションについて、Microsoft は、ホストされるサービス、仮想マシン、Web サイトを含む任意のコンピューティング リソースを削除する権限を有しています。その場合もデータは削除されないため、お客様はいつでも再展開することができます。また、コンピューティング リソースが削除される場合は、事前に通知されます。

90 日ごとに次のいずれかを実行すると、コンピューティング リソースは削除されません。

  1. Azure ポータルまたは新しい Microsoft Azure ポータルにログインする
  2. Azure API を介してリソースにアクセスする

よく寄せられる質問 (FAQ)

  • 安心してください。原因は、Azure Pass アカウントが “Microsoft アカウント” としてのみ使用可能であることです。 ログイン時に “Microsoft アカウント” または “組織アカウント” のどちらかを選択するように求められた場合、適切なアカウントを選択する必要があります。この選択が間違っていると、サブスクリプションを利用できないためエラー メッセージが表示されます。オプションを選択していない場合は、ログアウトしてから適切なアカウントでログインしてください。多くのブラウザーでは、“組織アカウント” を一度選択するとそれがデフォルトになるため、ブラウザーのキャッシュのリセットが必要になる可能性があります。

  • Azure サブスクリプションのデータは、そのサブスクリプションが無効になってからも 90 日間は保持されます。いつでも、https://portal.azure.com でサポート ケースを作成して当該サブスクリプションを再有効化することができます。サービスも再び利用可能になります。

  • いいえ。Azure Pass クレジットではアカウント所有権の譲渡はできません。

  • パスの期限が切れるまでは、毎月 $25 のクレジットが送られます。Azure ではまず $25 のクレジット額を使用し、使用量が $25 を超えた場合にはその分を設定済みのクレジット カードに請求します。使用制限を解除していない場合は、$25 の制限を超過した使用量分の請求に対する支払いを手動で承認する必要があります。

  • クレジット カード番号を入力して、従量課金アカウントに切り替えることができます。

  • 残りの請求期間中、サービスに変更を行うことはできません。作成したサービスは存在したままになりますが、アクティブにはなりません。これが Azure Pass の最終月の場合、有料アカウントに切り替えない限り、アカウントはこの月の最後に非アクティブ化されます。

  • クレジット カード番号を入力していて請求を許可している場合、中断されることなくサービスを使用できますが、月 $25 のクレジット額を超えた使用量についてはこのクレジット カードに請求されます。

  • 有効期限より前に、データを有料の Microsoft Azure サブスクリプションに移行する機会があります。有効期限の後、90 日を経過するとデータが削除されます。有料サブスクリプションへの切替を予定している場合は、有効期限よりも前に行うことをお勧めします。アカウントの再アクティブ化にはサポート チケットを開く必要があります。Microsoft Azure アカウントを有料アカウントに移行しない場合は、データをコピーしておいてください。

  • サポートにお問い合わせください。また、サブスクリプションの有効化および PAYG への移行時に、サポートから期限の切れていないクレジット カードの情報を求められる場合がありますので、処理を迅速に進められるように手元に用意しておいてください。