ナビゲーションをスキップする

IoT Signals

2020 年の IoT Signals レポートをお読みになって、最新のモノのインターネット (IoT) 業界の傾向を詳しく調べて、組織の IoT 戦略を立てるための分析情報を確認してください。

IoT は企業にとって重要かつ拡大しつつある役割を担っている

IoT ソリューションは、多くの企業の日常業務と将来のための計画において、ますます重要な部分になってきています。IoT の傾向についての理解を深めるために、Microsoft は 2020 年の IoT Signals レポートの作成を委託しました。このレポートのために、さまざまな業界および国の 3,000 人の意思決定者を対象に、勤務先の企業組織における IoT の使用について聞き取り調査が行われました。

今年のレポートでは、どのくらい IoT の使用が急速に多様化しているかと、より一般的になってきているかの両方が明らかになっています。IoT ソリューションは、ますます広範な業界のユース ケースにわたって実装され続けているため、これまでよりも企業にとってより不可欠なものになっています。IoT 関連意思決定者の 90% が、IoT が会社の継続的な成功にとって重要だと考えていて、64% が今後さらに多くの IoT ソリューションの実装を計画していると回答しました。

この IoT の調査では、COVID-19 の世界的流行によって IoT の導入と投資がどのように促進されたかについて、独自の考察も行われています。31% の組織が、新型コロナ ウイルスを理由に IoT への投資を増やす計画について回答した一方で、IoT への投資を減らす計画について回答したのは 16% だけでした。

レポート全文をお読みになり、すべての重要な IoT の傾向と、商用および産業用 IoT の導入と実装の推進要因に関する詳細な分析情報を詳しくご確認ください。

2020 年の IoT Signals レポートを入手

エッジでの IoT ソリューションの成長

エッジ コンピューティングは、IoT ソリューションの価値と有効性において大きな役割を果たしています。IoT ソリューションの一部としてエッジ コンピューティングを使用した組織は、接続性の向上、生産の改善、オートメーションと生産性の最適化の恩恵を受けています。

エッジ コンピューティングも業界を越えてよく知られるようになってきています。調査対象の意思決定者の 95% が認識していて、73% が IoT ソリューションで既に使用していると回答しています。さらに、エッジ コンピューティングを認識していた意思決定者の 33% は、IoT ソリューションの中核的要素と見なしていると回答しています。

IoT アプリケーションの効果は、意思決定者が組織全体で同意を得やすくなって、さらに多くの IoT ソリューションを実装できるようになることです。エッジ コンピューティング、AI、デジタル ツインのような新たなテクノロジを IoT ソリューションに取り入れた企業は、IoT 全体からより多くのメリットを得ている傾向にあって、その結果として IoT ソリューションに対する投資と信頼度が増加しています。

IoT セキュリティ

IT のセキュリティが IoT の導入を推進

IoT の導入を推進した要因として回答があった上位の項目の 1 つが安全性とセキュリティで、47% の企業がテクノロジの主な用途として挙げています。

IoT セキュリティに関して最も考慮すべき事柄が何かを意思決定者に質問

47%

データのプライバシーの確保と回答

43%

ネットワークレベルのセキュリティの確保と回答

40%

各 IoT デバイスのエンドポイント セキュリティと回答

IoT が価値を高めている一方、根強い IoT 導入の障壁

この調査では、ほとんどの導入者が投資によるビジネス価値を認めていることが示されていますが、一部は以下の理由による実装の課題にも直面しています。

複雑さと技術的な問題

25% を超える組織が、IoT の導入には時間がかかりすぎて、組織内で完了するには技術的に複雑すぎると考えています。

リソースの制約

28% の組織が、IoT プロジェクトの実装と管理のための予算や人材を持ち合わせていません。

IoT のイノベーションのバックログ

33% の組織が今もなお、学習の段階から進んで概念実証の段階を終え、完全なソリューションの導入を実装する、現行のソリューションの実装途中です。

技能不足の拡大

組織が IoT プロジェクトの現在のバックログを解消しようとしながら、迅速な導入を妨げているより広範な課題にも対処しているため、システム アーキテクトやクラウド開発者に対する需要が特に多いです。

産業用 IoT による生産の最適化と効率性の向上

調査対象の企業の 54% が運用効率の向上に IoT が役立ったと回答している一方で、47% が従業員の生産性を向上させた理由として IoT を挙げました。さらに、一般的な商用 IoT のユース ケースが主要な業界全体に広がっています。

回答があった業界別の IoT の主要なユース ケース

  • 生産フローの監視
  • 産業オートメーション
  • 生産計画とスケジューリング
  • 在庫の追跡
  • スタッフの管理
  • IT のセキュリティ
  • サプライチェーンの最適化
  • 監視とセキュリティ
  • 在庫の最適化
  • グリッド資産のメンテナンス
  • スマート メーター
  • 発電の最適化と負荷分散
  • IT のセキュリティ
  • 資産と予測メンテナンス
  • 排出量の監視と削減

IoT のスキルを高める

IoT のトピックに関する段階的なガイダンスが提供されるラーニング パスを利用して IoT の体験を始めましょう。

IoT のラーニング パスを表示

IoT の導入と課題に関する詳細な分析情報を確認して IoT の傾向を見いだす

2020 年の IoT Signals レポートをダウンロード