IoT Signals

モノのインターネット (IoT) はビジネスの主要な原動力となっています。しかし、意思決定者たちはその実装に対してどのようなアプローチをとっているのでしょうか。重要性がますます高まりつつある IoT の役割について、2019 年の IoT Signals の調査から主要な分析情報を読み解きます。

IoT は機会と収益の両方の推進力となる

As the gateway to business transformation, IoT is creating significant opportunities for organizations in every industry. In fact, 88 percent of companies surveyed in the IoT Signals report said it’s critical to their success. IoT is one of the catalytic innovations that make up a connected enterprise, which also includes intelligent cloud, edge computing, advanced analytics, artificial intelligence, and mixed reality.

Connected assets give you unprecedented visibility into your business and insights for optimizing operational efficiency, increasing workplace safety, and saving energy. But how prevalent is the implementation of these initiatives? This is one of many questions that IoT Signals seeks to answer.

Microsoft surveyed more than 3,000 IoT decision makers in enterprise organizations to dig into the trends and key insights of IoT implementation. We found that 85 percent of decision makers have adopted IoT, and 74 percent have projects in the "use" phase. Businesses adopting IoT believe they’ll see a 30 percent ROI on their IoT projects. However, as IoT matures, there are three key obstacles that companies must address: security threats, project complexity, and the growing skills gap.

In the original IoT Signals report, we looked beyond the broader trends with a spotlight on the manufacturing sector. We've updated the report to include a spotlight on the retail sector, and in March we'll add additional insights from the energy and healthcare sectors.

セキュリティ

導入の障害とならない懸念事項

IoT の導入において、ほぼすべて (97%) の企業がセキュリティ上の懸念を抱いています。しかし、特に医療などの不可欠な業界で実装が増加しており、セキュリティへの対処は、デバイスとネットワークの両方で最初から行う必要があります。インターネット接続は双方向的なものです。あらゆる層のセキュリティに対処することがこれまで以上に重要になっています。IoT デバイスによって、家庭や職場のネットワーク、そしてそこに保存されている機密データにデジタル的にアクセスできるためです。

調査対象の企業における最も重要なセキュリティ事項:

0%

ネットワーク レベルのセキュリティ

0%

デバイスの追跡と管理

0%

エンドポイントのセキュリティ

IoT スキルのギャップ

ポテンシャルを阻害するスキル ギャップ

IoT の導入が急速に進んでいますが、IoT に課題がないわけではありません。IoT を導入しても、同じような困難によって成功が阻害される可能性があります。

現在導入済みの企業のなかで、プロジェクトを実現するための十分な人材とリソースがあると判断する企業はわずか 33% です。

熟練の社員を十分に有する企業:

企業を成功に導く機会は膨大ですが、スキルのギャップに優先的に対応しなければ、IoT の真のポテンシャルを実現することはできません。

  • IoT プロジェクトの「実用」段階への移行が促進
  • 「実用」段階への到達までの時間が短縮
  • 概念実証状態での失敗回数が減少
  • 直面する課題が減少
  • IoT をより強力な投資と位置づけ

産業用 IoT の現状

コネクテッド デバイスの数は 2020 年までに 200 億台を超える見込みですが、IoT はスマート スピーカーやサーモスタットだけを意味するものではありません。コネクテッドデバイスには、スマート ビルでのエネルギー節約、都市部での交通の流れの改善、農作物の収穫量の拡大、製造現場での機器故障の防止、医療分野におけるイノベーションの促進を可能にするポテンシャルが備わっています。

企業におけるは商用 IoT 導入の目的には、業務の最適化 (56%)、続いて従業員の生産性(47%)、そして安全性とセキュリティ (44%) があります。

しかしながら、業界ごとに商用 IoT の用途は異なります。

スポットライト:製造

主流の IoT の先駆的な導入

製造業ほど IoT の利点を活用している産業はありません。製造業では、機器の監視とリモートからの指令の交点に、ビッグ データや高度な分析が一体となって重なっています。製造業が他の業界に先んじて IoT を導入している理由として、運用コストの削減、アジャイルな生産の実装、作業者の安全性の向上などがありますが、それらはほんの一部にすぎません。

Dave 氏をご紹介します。彼はゴルフ クラブ製造会社の意思決定者であり、IoT を利用して、ベンダー製造のゴルフ クラブ ヘッドの品質を保証しています。彼は、IoT が成功に不可欠であると考えています。彼のプロセスと IoT が果たす役割について、現在と将来の視点から見ていきましょう。

I absolutely think our use of IoT will increase. My goal is to make it as automated as possible and as seamless as we can so that we are getting quick data as the product is created.

1.開発

新しいゴルフ クラブ ヘッドのコンセプトと仕様を作成します。

2.テスト バッチ

テスト バッチを作成するために、海外のベンダーに仕様書を送付します。

4.検証と品質保証

ベンダーの現場にあるコネクテッド マシンを介して、リアルタイム データを使用してバッチの耐久性とパフォーマンス品質をテストします。

5.量産/組み立て

センサーが搭載された製造装置を使用してメンテナンスの必要性を判断し、ベンダー パートナーがクラブ ヘッドを製造し、最終的な組み立て工程に送ります。

6.流通

在庫追跡センサーを使用して、最終製品を顧客および販売者に出荷します。

7.将来の IoT の活用

  • IoT に接続された製造機械および装置を有線から WiFi ベースに変更する。
  • 検証システムをゴルフ クラブの他の部品 (シャフトやグリップなど) に適用する。

Spotlight: Retail

The retail industry has embraced IoT technology, particularly in scenarios where brands need to build flexible supply chains, hire strong talent, and optimize the customer experience to be as efficient and nimble as possible. However, talent, knowledge, and budget can be scarce, and the responsibility of demonstrating the value and impact of IoT solutions often is outside the domain—and expertise—of many retailers.

Here are just some of the retail findings in the IoT Signals report:

  1. Retail IoT implementation is already strong, but improving customer experience is a growth opportunity.
  2. Artificial intelligence is integral to IoT, and retailers that incorporate it achieve greater IoT success.
  3. Retailers around the world are committed to IoT despite some shifts in focus areas by market. The US tends to focus on security solutions, while European retailers focus more on supply-chain and store optimization.

Read the retail spotlight

参照情報—導入、課題、トレンド