ナビゲーションをスキップする

Microsoft Azure Germany

ミッションクリティカルなワークロードを、コンプライアンスに対応し隔離、セキュリティ保護されたクラウドに移行する

  • 顧客データと関連システムはすべてドイツ国内に存在
  • ヨーロッパ連合 (EU) の厳格な要件に適合する設計
  • ドイツのデータ トラスティが管理
  • EU/EFTA および英国でビジネスを行う組織が利用可能

Azure アカウントをお持ちの場合Azure Germany サービスでは、価格の異なる個別のアカウントが必要です。

Azure Germany にサインイン

ドイツのデータセンター

顧客データと必要なサポート システムはすべてドイツのデータセンター内に存在

厳格なデータ保護

EU のデータ保護に関する最も厳格な要件と認定に適合した設計

ドイツのデータ トラスティ

ドイツ法の下で顧客データへの物理アクセスおよび論理アクセスを制御

Azure Germany を選ぶ理由

Microsoft は複数のグローバルなデータセンターから、ヨーロッパ全体で Azure サービスを提供しています。Azure Germany はそれらのサービスとは別のオプションで、アカウントや価格が異なっています。Azure Germany は、ドイツの法に準拠する独自のデータ トラスティ モデルを通して、データをドイツで保存し、厳格なデータ アクセスと規制措置を、ドイツのデータセンターから提供する業界屈指のサービスです。Azure Germany と他の Azure リージョンのどちらを選ぶかは、以下の項目によって決定してください。

データの保存場所と主権の要件
公共セクターまたは制限のある業界での要件
コンプライアンスの要件
対象, EU/EFTA および英国でのビジネス
御社と顧客の所在地
費用と予算の考慮事項

ご質問