Azure リソース マネージャー

アプリのリソースの管理方法を簡素化する

主なシナリオ:

アプリのリソースのデプロイ

Azure Resource Manager により、アプリを繰り返しデプロイすることができ、リソースが必ず一貫した状態でデプロイされるようにできます。一つの宣言テンプレートに、アプリのインフラストラクチャと依存関係を定義します。テスト、ステージング、実動といったすべての環境に使用できる柔軟性が、このテンプレートに備わっています。Azure Marketplace からソリューションを作成する場合、アプリに使用できるテンプレートが自動的にソリューションに含められます。

リソースの編成

Azure Resource Manager により、アプリ内のリソースの管理と可視化が簡単になります。アプリのパーツを別々にデプロイしてからそれらを手動で合成する必要はもうありません。共通のライフサイクルを持つリソースをリソース グループに入れ、一つのアクションでグループをデプロイしたり削除したりできます。どのリソースが依存関係によってリンクされているかを調べることができます。課金などの管理タスクのために、リソースにタグを付けて分類することができます。

リソースへのアクセスの制御

Azure Resource Manager を使うと、組織内のだれがリソースに対してアクションを実行できるか制御できます。役割を定義し、ユーザーまたはグループを役割に追加することにより、アクセス許可を管理します。重要なリソースについては、明示的なロックを適用して、ユーザーがそれらのリソースを削除したり変更したりできないようにします。Azure Resource Manager はすべてのユーザー アクションをログに記録するので、それらのアクションを監査できます。監査ログにはアクションごとに、ユーザー、時刻、イベント、状態に関する情報が含まれます。

無料アカウントでリソース マネージャーを使ってアプリを作成する

今すぐご利用ください