Azure for Education

学生および教師がクラウドベースのスキルを身に付けるための開発者ツールと学習用リソース。

思いどおりに作って楽しむ

包括的な Azure クラウド サービスを使用して、アプリケーションを構築、デプロイ、管理します。これから利用を始める学生や高度なワークロードを教えている教育者、あるいはコミュニティで単にクラウドベースのスキルを身に付けたいと思っている方など、さまざまなユーザーに必要なクラウド開発リソースを用意しています。

学生

学生は Azure や開発者ツール、学習リソースへの無料アクセスを利用して、自分のキャリアやイノベーションに弾みをつけることができます。

Azure for Students を確認する

Imagine Cup に参加する

教育者

教授、補助教員、および教員は、授業に利用できるオープンソース コンテンツにアクセスできるだけでなく、$200 の Azure クレジットを取得し、無料サービスを利用することもできます。

Azure の無料アカウントを取得する

教育機関

Azure を使用し、学生にクラウドベースの技術キャリアを身に付けさせることができます。Azure Dev Tools for Teaching の低コストのサブスクリプションで、プロフェッショナルな開発者ツール、ソフトウェア、サービス、教育用コンテンツを教員と学生に提供します。

詳細情報

コミュニティの学生のクラウド スキル構築を支援する

家族、クラブ、地元の学校などのコミュニティに学習機会がもたらされます。学生が将来に向けて必要なスキルを身に付けるうえで役立つこれらのリソースとツールを使ってみましょう。

Microsoft Imagine Cup に参加する

Imagine Cup では、次世代のコンピューター サイエンスの学生がチームを組み協力し、その創造性、情熱、知識を駆使して、私たちの暮らし方、働き方、遊び方を形作るアプリケーションを作り上げます。毎年世界中から数万人もの学生が参加し、賞金、旅行、賞品、そして Imagine Cup 受賞という栄誉を目指して競い合います。

Imagine Cup の詳細

ワークショップをホストする

GitHub ホスト ラボによって、AI、機会学習、モノのインターネット (IoT) をコミュニティ ワークショップで活用しましょう。各ハンズオン ラボには、人気の高い Azure 製品でインテリジェントなアプリケーションを構築するための詳細な手順が含まれています。

AI および機械学習ラボを調べる

IoT Edge を調べる

無料のコーディング コースを受ける

無料のラーニング パスとラボで今すぐ学習を開始して、コーディング スキルを強化しましょう。まったくの初心者でも、ある程度のコーディング経験者でも、Microsoft Learn には自分に合ったパスがあります。

ハンズオン ラーニングを調べる

クラウドでコンピューター ラボを作成する

教室、ワークショップ、またはハッカソンをサポートする、構成済み仮想マシンへのオンデマンド アクセスを簡単にセットアップして提供できます。

Azure Lab Services を試す

学生向けプログラムやプランについて詳しく知る

さまざまなプログラム、リソース、およびキャリア チャンスを利用して、テクノロジやその他の業界における学生のキャリア追求を支援します。

学生向け Microsoft リソースを調べる

Azure により、大学ですばらしい成果を上げています

“Azure Notebooks の使用によって、学生達はインストールの問題に悩まされることがなくなっています。彼らはすぐに作業に取り掛かることができます。彼らに必要なのは、適切なブラウザーとインターネット接続だけです。”

—ガース ウェルス博士:工学部、個体力学のヒビット リーダー

ケンブリッジでのエンジニアリングの指導での Azure の活用方法

University of Cambridge

“いくつかソリューションを試してみましたが、多くのクラウドベースの IoT プラットフォームは、その用途に対して複雑過ぎました。これを終わらせるに当たって Azure は選択肢の中で最適でした。”

—ルカ モットラ:イタリア、ミラノ工科大学、准教授

ミラノ最大の大学で Azure が選ばれた理由を知る

Politecnico

学生が Azure を使用して人工装具のソリューションを構築

2018 年 7 月、カナダの 2 人の学生が、アクセシビリティに焦点を絞ったソリューションを設計して、Imagine Cup で優勝しました。彼らには $85000 と Azure の助成金 $50000 が授与されました。彼らは、物体の最適な握り方を計算する smartARM と言うロボット義手を、Microsoft Azure Machine Learning および Computer Vision を活用して開発しました。

チーム smartARM と彼らのすばらしい革新を確認する