Azure 上の Java

お好みのツールやフレームワークを使用して、クラウドでの Java アプリケーションの開発を開始しましょう

Azure 上で Java を使用する理由

お好みのツールを使って開発する

Eclipse、IntelliJ、Visual Studio Code for Java などのお気に入りの IDE を使用して、Azure 上で Java アプリケーションを構築、デバッグ、デプロイできます。CI/CD のニーズに合わせて、Maven、Gradle、Jenkins などの構築および自動化ツールを使用できます。

フル マネージド サービスを使用してすばやく出荷

Tomcat on App Service、Azure Spring Cloud、Azure Kubernetes Service、フル マネージド データベースを使用して、インフラストラクチャのハードウェアとソフトウェアの管理を Azure に任せることで、自分はコードの作成に集中できるようになります。

容易に拡張

ニーズの拡大に合わせて、MySQL や PostgreSQL データベース、パフォーマンスの監視、シークレット管理などのサービスや機能をすばやく追加できます。Azure Cognitive API を使用して、お使いのアプリに AI を簡単に組み込むことができます。

Eclipse や IntelliJ 用の Azure プラグイン

お気に入りの IDE から Java アプリケーションを構築し、それを直接クラウドにデプロイできます。Eclipse と IntelliJ のツールキットは、Azure アプリケーションの作成、開発、テスト、デプロイを簡単に行うために使用できるテンプレートと機能を提供しています。

ツールと IDE についての詳細情報

Azure Spring Cloud

Azure Spring Cloud を使用すると、Spring Boot アプリに最新のマイクロサービス パターンを適用することができ、ボイラープレート コードを排除して堅牢な Java アプリをすばやく開発できます。フル マネージド環境でアプリを簡単にデプロイ、操作、スケーリングすることができます。

クイックスタート ガイドを読む

Java EE on Azure Kubernetes Service

JBoss EAP アプリケーションを WildFly on Azure Kubernetes Service に移行すれば、可用性が高く、安全で、フル マネージドの Kubernetes サービスのメリットを得ることができます。詳細な移行ドキュメントを参考にしてください。

移行ガイドを読む

使い慣れたさまざまなサービスを使用してクラウドに Java アプリを構築してデプロイする

アプリケーションを移行する

App Service Migration Assistant を使用して、Tomcat で実行されている Java アプリケーションを Azure に移行できます。

App Service Migration Assistant

コンテナーを使用した最新化

コンテナーを使用してコンピューティングを最適化しましょう。Azure Kubernetes Service は、Java ベースのアプリをクラウドで簡単に実行できるようにするための、フル マネージドの Kubernetes クラスターを提供します。

Azure Kubernetes Service (AKS)

サービスとしての MySQL、PostgreSQL、SQL

MySQL、PostgreSQL、SQL Server に対応した、信頼性とスケーラビリティの高いフル マネージド サービスを利用して、お気に入りのリレーショナル データベースをクラウドで設定できます。

Azure データベース サービス

AI と Cognitive Services

AI サービスとコグニティブ API を使用して、インテリジェントなアプリを構築できます。Cognitive Services に AI が導入され、機械学習の専門知識がなくても、あらゆる開発者が利用することができます。

Azure Cognitive Services

セキュリティ サービスと ID サービス

Azure Active Directory を使用してアプリに認証を簡単に追加し、Azure Key Vault に暗号化キーなどの秘密情報を格納することができます。

Azure Active Directory

サービスの監視

Azure Monitor を使用して Azure およびオンプレミスの環境からテレメトリ データを収集、分析、処理し、アプリケーションのパフォーマンスと可用性を最大化することができます。

Azure Monitor

クラウド開発者向けの最新の Java

2020 年にクラウド ネイティブ アプリケーション用の Java が? 本当ですよ! Martijn Verburg 氏が、Java 言語の進歩、開発者の生産性の向上、Java エコシステムへの Microsoft の多額の投資について語ります。

リソース

Eclipse を使用して Java Web アプリを発行する

Azure Toolkit for Eclipse を使用して Java Web アプリを Azure にデプロイする方法をご確認ください。Azure Toolkit for Eclipse を使用して、Eclipse で Web アプリを作成し、Azure にデプロイし、デプロイされた Web アプリの構成を管理できます。

MS Learn で開始

Maven を使用した Java Web アプリの発行

Azure App Service 用の Maven プラグインを使用して Java Web アプリを開発およびデプロイする方法をご確認ください。Java Web アプリを作成し、Maven プラグインを構成し、Maven プラグインを使用してアプリを Azure App Service にデプロイできるようになります。

MS Learn で開始

Java コンテナーの CI/CD パイプラインを実装する

Azure と Azure DevOps が Java アプリケーションをサポートするしくみについてご確認ください。Azure Pipelines でプロジェクトを作成し、基本的な Java アプリを作成して Azure にデプロイした後、パイプラインをトリガーしてアプリがビルド、デプロイされるのを確認できます。

MS Learn で開始

Azure Spring Cloud ワークショップ

Spring Boot マイクロサービスを Azure Spring Cloud にデプロイする方法についてご確認ください。Azure Spring Cloud クラスターを作成し、さまざまな Spring Boot マイクロサービスを構築し、Spring Cloud Config サーバーを構成して、Spring Cloud Gateway を構築できるようになります。

MS Learn で開始

Java から Azure への移行に関するドキュメント

Java アプリケーションを Azure に移行するために推奨される戦略についてお読みください。このドキュメントでは、一般的な移行、および Spring、Tomcat、WebLogic、WildFly、WebSphere、JBoss EAP などの特定のワークロードについて記載されています。

ドキュメントを読む

最新の Azure Java SDK を使用して生産性を向上させる

最新の統合 SDK を使用すると、クラウド対応の Java アプリの開発をすぐに始めることができます。HTTP 再試行、ログ、トランスポート プロトコル、認証プロトコルなどの機能を使用してクラウド開発を効率化しましょう。

SDK のダウンロード

*Java と OpenJDK は、Oracle やその関連会社の商標または登録商標です。

準備ができたら、Azure で Java を使用してアプリの開発を開始しましょう