Azure IoT デベロッパー センター

Azure IoT Suite と IoT Hub を使ってみましょう。IoT デバイスを Microsoft Azure に接続するのは簡単です。モノのインターネットは初めてという方にも、すでに熟練している方にも、役に立つツールとテクノロジを用意しています。

スタート

デバイスを Azure IoT に接続する

Azure IoT スタート キットを活用したり、デバイス カタログに掲載された数百もの Certified for IoT 認定デバイスから選択することで、IoT プロジェクトを自信を持って始めることができます。すべてのデバイスはどのプラットフォームでも使用可能であり、IoT Hub へシームレスに接続できることをテスト済みです。

Microsoft が提供するオープン ソース デバイス SDK を使用すれば、すべてのデバイスを Azure IoT に接続できます。これらの SDK は複数のオペレーティング システム (Linux、Windows など)、リアルタイム オペレーティング システム、および複数のプログラミング言語 (CNode.jsJava.NETPython など) をサポートしています。

Azure IoT サンプルを使用してソリューションを構築する方法を学ぶ

最先端のインテリジェンスの構築とデプロイ

Azure IoT Gateway SDK

多くの組織では、IoT ゲートウェイを IoT ソリューションの隔離とセキュリティ保護に使用しています。IoT デバイスの中には、クラウドに接続する必要があるものの、デバイス自体をインターネットの脅威から保護する機能が備わっていないものがあるためです。ケースによっては、IoT ゲートウェイによりインテリジェンスと機能性を高めることもできます。

Azure IoT Gateway SDK は、ゲートウェイ ロジックの開発に必要な作業を軽減するコードを備えており、お客様固有の IoT シナリオに対応したゲートウェイ インテリジェンスをデプロイできます。この SDK を使用すれば、従来のデバイスのサポート、エッジ分析の実行、遅延の最小化、ネットワークの帯域幅の節約、信頼性の高い運用、およびセキュリティの問題への対応が可能なゲートウェイを構築できます。

Azure IoT Gateway SDK の詳細

何十億台もの IoT デバイスを監視、管理する

IoT Hub

IoT Hub を利用すると、IoT デバイスを Microsoft Azure に簡単かつ安全に接続できます。すべての IoT デバイスと双方向通信を確立し、使い慣れたプラットフォームやプロトコルを使用できるほか、最新のデバイス管理機能によって、デバイスのアップデートと管理を大規模かつ確実に行うことができます。IoT Hub ではデバイスごとに認証が行われるため、クラウドからデバイスとデバイスからクラウドへの両方のメッセージにおいて機密性が保持されるように IoT ソリューションを構成できます。

IoT Hub を使用した開発に関する詳細