Azure IoT デベロッパー センター

Azure IoT Suite と IoT Hub を使ってみましょう。IoT デバイスを Microsoft Azure に接続するのは簡単です。モノのインターネットは初めてという方にも、すでに熟練している方にも、役に立つツールとテクノロジを用意しています。

スタート

デバイスを Azure IoT に接続する

Azure IoT スタート キットを活用したり、デバイス カタログに掲載された数百もの Certified for IoT 認定デバイスから選択することで、IoT プロジェクトを自信を持って始めることができます。すべてのデバイスはどのプラットフォームでも使用可能であり、IoT Hub へシームレスに接続できることをテスト済みです。

Microsoft が提供するオープン ソース デバイス SDK を使用すれば、すべてのデバイスを Azure IoT に接続できます。これらの SDK は複数のオペレーティング システム (Linux、Windows など)、リアルタイム オペレーティング システム、および複数のプログラミング言語 (CNode.jsJava.NETPython など) をサポートしています。

Azure IoT サンプルを使用してソリューションを構築する方法を学ぶ

クラウド インテリジェンスをエッジ デバイスに提供する

Azure IoT Edge

IoT Edge ソフトウェア プラットフォームを使用して、ハイブリッド クラウドとエッジ IoT ソリューションを構築できます。コードとサービスとの間に簡単なオーケストレーションを実現し、クラウドとエッジとの間で安全な通信を行うことで、さまざまなデバイスにインテリジェンスを提供します。既存のスキルとリソースだけでなく、ソリューションの最適化や監視に適したツールとさまざまな言語を利用できるメリットを活かして、IoT の開発にかかる負担を軽くします。IoT Edge はさまざまな可能性を広げます。エッジでの人工知能の使用や高度な分析を可能にし、IoT ソリューションの開発にかかるあらゆる負担を軽減し、オフラインや断続的な接続でのエッジ デバイスの操作を可能にします。

Azure IoT Edge についての詳細

何十億台もの IoT デバイスを監視、管理する

IoT Hub

IoT Hub を利用すると、IoT デバイスを Microsoft Azure に簡単かつ安全に接続できます。すべての IoT デバイスと双方向通信を確立し、使い慣れたプラットフォームやプロトコルを使用できるほか、最新のデバイス管理機能によって、デバイスのアップデートと管理を大規模かつ確実に行うことができます。IoT Hub ではデバイスごとに認証が行われるため、クラウドからデバイスとデバイスからクラウドへの両方のメッセージにおいて機密性が保持されるように IoT ソリューションを構成できます。

IoT Hub を使用した開発に関する詳細