Azure について―開発者ガイド

一般的なアプリ設計方法を使用して、さっそくAzure で開発するには

自分用に設計されたクラウド プラットフォームで開発

開発者と同様に、アプリのサイズもさまざまです。規模や複雑さ、または単に想像できないという理由で不可能だと考えられていたアプリも、Azure を使用すれば作成が可能です。「開発者ガイド」では、アプリ プラットフォームの包括的なサービスが、最新のアプリケーションを構築する際に直面する、アーキテクチャのアプローチや一般的なデザイン パターンのナビゲーションをサポートしてニーズに応えます。Azure は常に進化し続けているため、サインアップしてガイドの更新に関する通知を受け取ると、Azure の最新サービスを最大限に活用できます。

MyDriving を試してみる

Build 2016 ではMyDriving についてご紹介しました。このアプリは幅広い Azure サービスを使用して、リアルタイムの洞察力と長期間のパターンと傾向の両方について、自動車のテレメトリ データを処理して分析します。今すぐサンドボックス環境でアプリで遊んだり、自分の Azure サブスクリプションにデプロイしたりしましょう。

MyDriving を検索

世界を自由に動かす

iOS、Android、Windows 向けの広範なモバイル アプリケーション プラットフォームで、モバイル開発をサポートします。コードなし、ハイブリッド、ネイティブ、およびバックエンドのモバイル ソリューションの詳細は、ホワイト ペーパーMobile Application Development Platform (モバイル アプリケーション開発プラットフォーム) をご参照ください。

オープン ソースを利用して可能性を拡大

Microsoft は オープン ソースとクロスプラットフォームのサポートに取り組んでいます。このアプローチにより、お気に入りのプログラミング言語やフレームワーク、データベースやアーキテクチャに至るまで、お好みのツールやすでにお持ちのスキルを Azure で利用できます。

Azure で Java アプリを開発してみましょう。

Azure を使用すると、 Java アプリのデプロイとスケーリングが簡単にできます。Java デベロッパー センター をご覧ください。Azure は慣れ親しんだツールと連携しています。

Azure を使用して今すぐアプリを開発する