ナビゲーションをスキップする

Azure Files の更新: NFS v4.1、高パフォーマンスの制限、および予約インスタンスの価格

2021年12月15日 に投稿済み

Program Manager, Azure Storage

Azure Files はフルマネージドでシンプル、そして安全なエンタープライズレベルのサーバーレス クラウド ファイル共有を提供します。Azure Files チームのミッションは、Azure Files をより多くのプラットフォームとワークロードに拡大することです。最近 Microsoft は、NFS v4.1 共有の一般提供を発表し、ワークロードの拡張に大きな一歩を踏み出しました。これにより、Linux 仮想マシンやコンテナーベースのワークロードに POSIX 互換のファイル システムが提供され、お客様が Azure ファイル共有で実行できるワークロードが大幅に拡大されます。このブログでは、NFS v4.1 共有の一般提供、すべての Premium ファイル共有のパフォーマンス向上、および Premium ファイル共有の予約インスタンス価格によるコスト削減に関する情報を提供します。

NFS v4.1 共有の一般提供を開始

Microsoft は 11 月に Azure Files での NFS v4.1 サポートの一般提供開始を発表しました。この POSIX に完全に準拠した分散型 NFS ファイル共有を運用環境にデプロイすることで、Linux やコンテナーベースのさまざまなワークロードに対応できるようになります。

このプレビューには、新興企業から Fortune 100 にいたるまで、数多くのワークロードを実行しているあらゆる規模の企業が参加し、強い関心が示されていることが分かりました。ワークロードの例としては、SAP アプリケーション層、エンタープライズ メッセージング、ユーザー ホーム ディレクトリ、カスタムの基幹業務アプリケーション、データベース バックアップ、データベース レプリケーション、AI および機械学習のユーザー ディレクトリ、DevOps パイプラインなどがあります。さらに、以下の EDF Energy のソリューションのような多くの業界固有のワークロードがあります。

EDF Energy は、自社の資産管理ソリューションの一部に Azure のファイル共有を利用しています。

EDF Energy ロゴ

「EDF Energy では、原子力の安全が最優先事項です。サイトのライセンス条件をサポートするための作業、メンテナンス、および欠陥の解決を制御するために使用する資産管理ソリューションの一部として、NFS 共有のようなパフォーマンスの高い共有ファイル システムが複数の Linux アプリケーション サーバー間で必要でした。当社は Azure Files の NFS v4.1 をプレビューで使用し、現在ではそれを完全に利用しています。NFS システムは、当社では非常にうまく機能しており、ファイルを永続化し、IaaS の要件を最小限に抑えることができます。」

Cathy Handley 氏 (AMS アップグレード プログラム マネージャー、EDF Energy) — Helping Britain Achieve Net Zero

SAP のような重要なシステムを運用しているお客様からは、アプリケーション層の高可用性を実現するために、同期型のゾーン冗長化がゲームチェンジャーであるとの声をいただいています。Azure Premium ファイル共有を使用すると、お客様はローカル冗長ストレージ (LRS) とゾーン冗長ストレージ (ZRS) 冗長のいずれかを選択することができます。ZRS では、データは 1 つの Azure リージョン内の 3 つの異なる可用性ゾーンに同期的にレプリケートされます。つまり、万が一ゾーン全体に障害が発生した場合でも、お客様のアプリケーションのデータへのアクセスが中断されることはありません。SAP のストレージ管理者からは、"使いやすい"、"パフォーマンスが良い"、"コストの最適化が図れる" などの良いフィードバックが寄せられました。

NFS の下位バージョンとは異なり、NFS v4.1 にはロック機能が組み込まれています。これが理由で、IBM MQ などのソフトウェアは、NFS v4.1 のロック機能サポートを利用して、分散システム内でデータの一貫性を保っています。プレビュー期間中には、ロック機能のサポートが強化され、ロック機能のアップグレードとダウングレードが実装されました。

Azure Files CSI ドライバー (一般提供開始) を使用すると、Azure Kubernetes Service (AKS) から Azure File 共有に簡単にアクセスすることができます。Azure Files の高速なアタッチおよびデタッチ時間は、迅速なスケールアップおよびスケールダウンが必要なアプリケーションにとって魅力的なものとなっています。

NFS v4.1 は、Azure Files の Premium レベルが存在するすべてのリージョンで使用できます。完全な一覧については、Azure サービスの提供状況に関するページをご覧ください。次の簡単な手順に沿って、NFS の使用を今すぐ開始できます。詳細については、ドキュメントをご覧ください。

パフォーマンスが向上

本日、すべての Premium ファイル共有 (SMB および NFS) の IOPS とスループットの向上を発表します。

すべての共有で、従来の 400 IOPS ベースラインから増加し、最小 3,000 IOPS が提供されるようになりました。また、最小バースト IOPS も増加したことで、最も小さい共有でも最大 10,000 IOPS までバーストできるようになりました。これまでと同様に、共有サイズが大きくなるにつれて、IOPS は最大 100,000 まで線形でスケールアップします。

お客様は、プロビジョニング済みスループットの 100 パーセントを読み込みまたは書き込みに使用できます。これは、最大 10 GB/秒 の読み取りまたは書き込みトラフィックを利用できることを意味します。以前は、Premium 共有では 40:60 の書き込み:読み込み比率で割り当てられたスループットが使用されていたため、最大書き込みは 4 GB/秒、最大読み込みは 6 GB/秒でした。

これらのパフォーマンスの強化は、パブリックやソブリン クラウドを含むすべてのリージョンの既存および新規の共有に追加費用なしで適用される予定です。

プロビジョニング済みパフォーマンスの詳細については、ドキュメントをご覧ください。

予約インスタンスを利用してコストを削減

すべての Premium ファイル共有 (SMB および NFS) で容量予約がサポートされるようになり、ストレージの使用を事前に契約することで最大 36% の割引が提供されます。

また、ホットおよびクールの Azure ファイル共有 (SMB のみ) でも予約インスタンスがサポートされています。

詳細については、Azure Files の価格ページをご覧ください。

ご協力のお願い

このブログで紹介したすべての更新情報をまとめると、より高いスループットとより多くの IOPS の NFS v4.1 共有を低価格でご利用いただけます。もちろん、パフォーマンスの向上と予約インスタンスは、NFS と SMB の両方の共有に適用されます。Microsoft は Azure Files への投資をこれからも増やし、次の更新ウェーブをリリースするのを楽しみにしています。

お客様のコメントやフィードバックをお待ちしております。azurefiles@microsoft.com までご連絡ください。