クラシック VM、クラウド サービス、Dev/Test サブスクリプションに予約インスタンスが適用可能に

2月 6, 2019 に投稿済み

Program Manager, Azure Reservations

クラシック仮想マシン、Azure Cloud Services、Dev/Test サブスクリプションに予約インスタンス割引を拡張

本日、お客様がコストをさらに削減し、購買を管理できるようにする、Azure Reserved Virtual Machine Instances (RI) の新たな 2 つの機能を発表いたします。

立ち上げ以降、Microsoft では、インスタンス サイズの柔軟性米国政府リージョン向け RI購入に関する推奨事項、およびクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) チャネルの RI など、複数の機能を追加してきました。また、SQL DatabaseCosmos DB の予約割引を提供する機能を拡張しました。

本日、立ち上げる機能は次のとおりです。

1. クラシック VM とクラウド サービスをお使いのお客様が RI 割引のご利用が可能に

インスタンス サイズの柔軟性オプションが有効な RI では、クラシック VM とクラウド サービスの両方に割引が適用されるようになります。クラウド サービスの場合、予約割引が適用されるのはコンピューティング コストのみとなります。予約割引がクラウド サービスに適用されている場合、利用料金は、コンピューティング料金 (Linux の従量制課金) とクラウド サービス料金 (クラウド サービス管理の従量制課金) に分けられます。予約割引がどのようにクラウド サービスに適用されるかについては、こちらを参照してください。

2. Enterprise Dev/Test および開発テスト用の従量課金制プランのサブスクリプションで RI 割引のご利用が可能に

新たに購入された RI または既存の RI を、ご利用の Dev/Test サブスクリプションに適用できるようになりました。Dev/Test サブスクリプションでの VM 使用は自動的に RI 割引の対象となり、共有スコープの既存の予約はすべて更新され、開発/テスト サブスクリプションに割引が適用されるようになります。

次の手順