新しいゾーン冗長 VPN/ExpressRoute ゲートウェイのパブリック プレビューを発表

2018年6月26日 に投稿済み

Program Manager, Azure Networking

Azure すべてに言えることですが、Microsoft は、信頼性と可用性をさらに高めるために、仮想ネットワーク ゲートウェイのイノベーション、アップグレード、改良に絶えず取り組んでいます。

そして本日、ゾーン冗長に対応した VPN ゲートウェイおよび ExpressRoute 仮想ネットワーク ゲートウェイのパブリック プレビューが開始されました。Azure Availability Zones のサポートを追加することで、仮想ネットワーク ゲートウェイの回復性、スケーラビリティ、可用性の向上を実現しています。

Azure Availability Zones で VPN ゲートウェイと ExpressRoute ゲートウェイをデプロイできるようになったため、これにより、ゲートウェイは異なる Availability Zones に物理的かつ論理的に分離され、オンプレミス ネットワークの Azure への接続がゾーン レベルの障害から保護されます。さらに、仮想ネットワーク ゲートウェイの作成にかかるデプロイ時間の短縮など、パフォーマンスについて根本的な改善が行われています。

各可用性ゾーンに仮想ネットワーク ゲートウェイを自動デプロイする場合、ゾーン冗長仮想ネットワーク ゲートウェイを使用できます。

仮想ネットワーク

ゾーン冗長仮想ネットワーク ゲートウェイでは、VPN ゲートウェイと ExpressRoute に対応した新しいゲートウェイ SKU を使用します。ゾーン冗長の使用を開始する場合、パブリック プレビュー期間中に、お客様はご自身でサブスクリプションを登録することができます。登録が完了したら、可用性ゾーンに対応するすべての Azure リージョンで新しいゲートウェイ SKU が表示されます。セルフサービスでの登録手順、新しいゲートウェイ SKU に関する情報の表示手順、および構成情報については、入門ガイドをご覧ください。

新しいゲートウェイ SKU では、さまざまなニーズに対応するために、従来のデプロイメント オプションもサポートされています。新しいゲートウェイ SKU で仮想ネットワーク ゲートウェイを作成する場合、特定のゾーンにゲートウェイをデプロイすることもできます。これを「ゾーン内ゲートウェイ」と言います。ゾーン内ゲートウェイをデプロイする場合、そのゲートウェイのすべてのインスタンスが同一の可用性ゾーンにデプロイされます。

ぜひこの新しいゲートウェイをお試しのうえ、ご意見をお聞かせください。