新しい Azure コグニティブ サービスであるイマーシブ リーダーによる次世代のリーディングの紹介

2019年6月20日 に投稿済み

今回は、Azure Marketing 担当シニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Tina Coll の記事をご紹介します。

本日、言語カテゴリの新しい Azure コグニティブ サービスであるイマーシブ リーダーのプレビューを発表します。開発者は、このサービスを使用してインクルーシブ機能をアプリに埋め込み、年齢や能力に関係なくテキストを読んで理解するユーザーの力を高めることができます。機械学習に関する専門知識は不要です。インクルージョンおよびアクセシビリティの広範な調査に基づき、イマーシブ リーダーの機能は、テキストを読み上げ、翻訳し、ユーザーの注意を引くなど、さまざまなことを行うように設計されています。イマーシブ リーダーは、ユーザーがテキストから得られる知識の扉を開いて、教室やオフィスでの達成度を向上させる面で役に立ちます。

1,500 万人を超えるユーザーが、Microsoft 学習ツール、Word、Outlook、Teams などの 18 種類のアプリとプラットフォームを使用する際、Microsoft のイマーシブ リーディング テクノロジを利用しています。開発者の皆様も、この実証済みのリテラシー向上エクスペリエンスをユーザーに提供できるようになりました。

ディスレクシア (失読症) を持つ子どもである Andrzej のように、Microsoft 学習ツールなどのアプリに埋め込まれているイマーシブ リーダー エクスペリエンスを使用して読むことを学んだ方々がいます。彼の母親である Mitra は次のように語っています。

読み書き能力は、知識の扉を開いて自分の可能性を発揮するための鍵です。教師は毎日この現実を教室で見ていますが、ディスレクシア、ADHD、視覚に障碍のある人、読書力が発達し始めた読者、非母語話者などにとって、読むことがハードルとなるのはよくあることです。すべての人がさらに多くのことを実現できるようにするため、イマーシブ リーダーの機能はユーザーがこれらの課題を克服するのに役立ちます。

イマーシブ リーダーのコグニティブ サービスの GIF

Azure は、この種のエクスペリエンスを使いやすい AI サービスとして提供する唯一の主要なクラウド プロバイダーです。ISV である Skooler は、「教育テクノロジの向上」を実現することを目指して、イマーシブ リーダーを統合しました。Skooler の CEO 兼 CTO である Tor Henriksen は、「27 年間のソフトウェア開発において、これは最も簡単な統合でした。」と語っています。 これまでに複数の企業がイマーシブ リーダーをアプリに埋め込んでいます。いくつかの例を次に示します。イマーシブ リーダーをアプリに埋め込んでいる企業のロゴ

Andrzej のような何百万ものユーザーが、イマーシブ リーダーを使用して文字の力を知ることができるようになりました。皆さんが構築したものを使用して人々が成し遂げたことを見るのを楽しみにしています。

お客様のアプリにイマーシブリーダーを埋め込むには、イマーシブ リーダーの製品ページをご覧ください。プレビュー期間中、このサービスは無料でご利用いただけます。