ナビゲーションをスキップする

通信事業者向けクラウドの強化: Microsoft による AT&T の Network Cloud 買収による更新

2022年1月4日 に投稿済み

VP of 5G Strategy, Azure for Operators

2021 年 6 月、Microsoft と AT&T は、AT&T の 5G コア ネットワーク ワークロード向けの Microsoft のハイブリッド クラウド テクノロジを採用するという業界初のコラボレーションを発表し、大きなマイルストーンに到達しました。それ以来、多くのオペレーター、パートナー、お客様から、より詳細な情報を共有したいというご要望をいただいています。このブログは、これを行うことを目的としています。

未来のイノベーションを見据えて: クラウドの力を解き放つ

Microsoft はオペレーター向け Azure を通じて、AT&T の担当者、製品サービス グループ、パートナーとの密接な関係を築いてきました。Microsoft がこれらの関係の中で提供する価値の中心には、クラウドの力を活用して次世代の通信事業者ネットワークを改善する方法が据えられています。Microsoft は、Software Defined Networking (SDN)、Cloud-Native Network Functions (CNF)、Virtualized Network Functions (VNF) と 5G のサービスベース アーキテクチャのトレンドを活用し、ネットワークのデジタル トランスフォーメーションを開始することを目指しています。

この進化には、ハイブリッド インフラストラクチャとソフトウェアの両方を導入し、スケーラブルで弾力性のあるキャリアレベルのネットワークを構築し、AI と機械学習の力を使って、自ら回復、防御、プロビジョニングできる自己最適化ネットワークを構築することが含まれます。これらの取り組みにより、オペレーターはビジネス自体を超自動化し、コストを引き下げ、全体的なサービス エクスペリエンスを向上させることができるようになります。オペレーター向け Azure とは、Microsoft がクラウドのパワーをネットワークにもたらすために行っている一連の投資を表しているものです。

Microsoft がエンタープライズ分野で実現したメリットの多くは、ネットワーク分野でもそのまま適用できます。しかし最初に、オペレーター向けのキャリアレベルのユニークなニーズを考慮し、それらを修正する必要があります。Microsoft の取り組みは、ネットワーク上のワークロードをキャリアレベルのクラウド上で機能させることを目的としています。つまり、パブリックおよび専用のオンプレミス クラウドの両方のインフラストラクチャにまたがるハイブリッド クラウドです。電気通信サービスは高度に分散されており、今後さらに進むと考えられます。そのため、キャリアレベルのハイブリッド クラウド モデルを構築することの価値は、クラウドのエッジ、ネットワークのエッジ、または企業のエッジなど、顧客がいる場所で対応できることにあります。

買収への歩み

2013 年、AT&T は Software Defined Networks (SDN) と仮想化に関する積極的な立場を表明し、2020 年までに自社ネットワークの 75% を仮想化技術を使用して提供するという最終目標を掲げ、それに成功しました。当時は、キャリアレベルのクラウドを実現するために必要な機能や性能を備えた商用クラウドの選択肢はありませんでした。AT&T はクラウド テクノロジの標準ベース実装を構築し、自社のオンプレミス データ センターにデプロイしました。この最初の統合クラウドは Network Cloud へと発展し、現在では Network Cloud 2.7 に到達しています。これは、ネットワーク ワークロード向けのオンプレミス クラウドの開発における 7 年間の経験を表しています。

Microsoft が最近この技術を買収したことで、AT&T の Network Cloud 組織の開発チームがオペレータ向け Azure に移動し、知的財産を Microsoft のオファリングに直接統合し、シームレスな移行を保証しています。

このコラボレーションがユニークである理由は、主に 3 つあります。まず、最上位級のオペレーターが商用ハイブリッド クラウド テクノロジを採用し、既存の消費者ベースをサポートするモビリティ ネットワークのワークロードを実行するのは、これが初めてです。2 つ目の特徴は、この取り組みがエッジでの市場参入のためのコラボレーションではなく、モビリティ コア ネットワークに完全に焦点を合わせていることです。そして 3 つ目は、マルチベンダーであることです。Microsoft のハイブリッド クラウド テクノロジが AT&T のモバイル コア ネットワークをサポートしており、これは 15 社のベンダーが提供する 60 以上のクラウドネイティブ ネットワーク機能 (CNF) と仮想ネットワーク機能 (VNF) にまたがっています。

ネットワーク クラウド資産をオペレーター向け Azureのポートフォリオに統合。

Network Cloud 買収の意味

AT&T が独自に開発した Network Cloud 技術はセキュリティを維持したまま複数の通信事業者が利用できます。また、差別化を失うことなく、セキュリティ パッチの適用、ベンダーによる更新、規制の変更などの多くのコストを標準商用製品の一部として提供できるというメリットもあります。

これらの機能は、Microsoft のエッジ プラットフォーム、ハイブリッド管理プラットフォーム、Azure Arc、および機器プロバイダー、ハードウェア ベンダー、ソフトウェア ベンダーを含む当社のパートナー企業のエコシステムと組み合わされる予定です。Microsoft は Network Cloud を Microsoft のプラットフォームに追加してエコシステムを拡張することにより、キャリアレベルのハイブリッド クラウド ソリューションを実現しました。これは、オペレーター向け Azure プラットフォームとして提供されます。

このコラボレーションの重要な側面の 1 つは、それぞれの役割です。Microsoft は、AT&T モビリティ コア ネットワークのワークロードをサポートするキャリアレベルのハイブリッド クラウド テクノロジを開発します。AT&T は引き続き、AT&T の顧客にモビリティ サービスを提供するためのネットワーク アプリケーション (VNF と CNF) とその構成の選択と管理を行います。このように、Microsoft は AT&T の Network Cloud 技術を取得してそれを Microsoft の標準ハイブリッド クラウド製品に組み込み、キャリアレベルのハイブリッド クラウド ソリューションを市場や AT&T 自身に還元し、AT&T のオンプレミスや Azure パブリック クラウドで実行できるようにしています。Microsoft のハイブリッド クラウド テクノロジは、5G 接続を提供するために使用される AT&T モビリティ コア ネットワークのワークロードをサポートしており、消費者、企業、FirstNet レスポンダー コミュニティーをサポートしています。セキュリティの面で重要な点は、Microsoft は AT&Tの顧客データにアクセスしないということです。AT&T は引き続きそのデータへのアクセスを保持しますが、Microsoft はそれを見ることができません。

AT&T はこのコラボレーションにより、共通のツールやサービスを使用して Azure パブリック クラウドとオンプレミス間で新しいサービスをより速く、より柔軟に提供することができます。これによって、クラウドネイティブのアプローチで市場投入までの時間を短縮することができます。その結果、ネットワーク全体の回復性が向上し、既存サービスを拡張する際のコスト面でのメリットが生まれ、新しいサービスをより効果的に導入することで、カスタマー エクスペリエンスの継続的な改善が可能になると Microsoft は考えています。

さらに学ぶ

Microsoft が AT&T の Network Cloud をはじめ、Metaswitch NetworksAffirmed Networks を買収したことで、キャリアレベルのハイブリッド クラウドに必要な機能を構築するための中心となるアプリケーションと通信事業者のノウハウが得られました。パートナー エコシステム全体が利用できるこれらの機能は、オープンで相互運用可能なネットワークに貢献し、すべてのオペレーターにサポートが提供されます。Microsoft からオペレーターへのメッセージは、シンプルでわかりやすいものです。それは、あなたのパートナーとあなたの顧客、そしてその関係は、Microsoft のテクノロジによって支えられている、ということです。オペレーター向け Azure 戦略の詳細については、こちらの e-Book を参照してください