Eclipse または IntelliJ で Azure の Java Web アプリをデバッグする

2016年7月7日 に投稿済み

Principal Program Manager, Azure Developer Experience

Eclipse と IntelliJ で Azure の Java Web アプリのリモート デバッグは利用できなくなりました。しかし、以下の方法を使用してデバッグを行うことができます: (1) ローカルでデバッグを行う、(2) ログ ストリームを使用する、(3) Java Flight Recorder を使用する、(4) Azure Monitor Log Analytics、Elastic Stack、Splunk、またはその他の適切なツールでログとメトリックを集約する、(5) Spring Boot を使用する場合は Actuator を有効にする。現在のデバッグ オプションの詳細と詳しいドキュメントについては、Azure Toolkit for EclipseAzure Toolkit for IntelliJ のドキュメント ページをご覧ください。

Eclipse または IntelliJ をデバッグ用に構成し、リモートの Azure の Java Web アプリに接続して、コードのステップ実行を開始します。

Java の開発者が Eclipse と IntelliJ で作業を行えるようにするための継続的な取り組みの一環として、Eclipse および IntelliJ 用の Azure Toolkit で Azure の Java Web アプリのデバッグがサポートされるようになったことをお知らせいたします。

Eclipse で、Web アプリ プロジェクトを右クリックし、[Debug As] (デバッグ) を選択して、[Azure Web App] (Azure Web アプリ) をクリックすると、構成のデバッグ ウィザードでプロセスを順に進めることができます。

次に、ツールキットによって設定された既定値を変更せずに、[Debug] (デバッグ) をクリックしてください。

そうすると、IDE によって Azure でのリモート デバッグが有効にされて、デバッグのために必要なリモート接続を準備するコマンド プロンプトまたはシェルが起動します。次に、Web アプリの JSP またはサーブレットにブレーク ポイントを挿入し、ブラウザーで Java Web アプリの URL を開くと、IDE がデバッグ モードになります。これまでと同様に、コードのステップ実行と変数の検査を開始してください。

詳細に関心がありますか? Eclipse または IntelliJ における Azure の Java Web アプリのリモート デバッグに関するドキュメント ページをご覧ください。Eclipse または IntelliJ を使用した Azure の Java Web アプリのデプロイに関する詳細をご確認いただけます。https://azure.com/java で Azure での Java に関する追加情報をご覧になることもできます。

ぜひお試しになって、GitHubTwitter、メール (Java アット Microsoft ドット コム)、または下記のコメントを利用してご意見をお聞かせください。