ナビゲーションをスキップする

Azure Virtual Desktop:ハイブリッド ワークプレース向けの柔軟なクラウド VDI プラットフォーム

2021年6月7日 に投稿済み

Partner Group Program Manager

2 年ほど前に Windows Virtual Desktop の提供が開始されたとき、地球規模のパンデミックによって何百万人もの従業員がオフィスを離れて自宅から仕事をせざるを得なくなるなどとは誰にも予測できませんでした。世界中の組織が、ビジネスの回復性と俊敏性を実現するために、重要なアプリとデータをクラウドに移行しました。さらに、多くのお客様が、新たにリモートで作業するようになった従業員をサポートするため、Windows Virtual Desktop を使用して、クラウドから Windows 10 を使用し、安全で管理しやすく、生産性の高いパーソナル コンピューティング エクスペリエンスをリモート ユーザーに提供するようになっています。最前線で働く NHS の医療従事者のサポートから、Petrofac のエンジニア、教育者や学生のサポートまで、業務を調整して新たな課題に対応しているお客様と協力したり、Azure Virtual Desktop を使用した経験を英国のトップレベルの大学のいくつかから伺ったりできることは、大変光栄なことです。 

今後、組織では、進化し続けるリモートやハイブリッドでの一連の作業のシナリオをサポートすることが必要になります。Microsoft では、お客様とパートナーがこのような新しいハイブリッドの作業ニーズに応えるのを支援するため、構想を拡大し、ほぼすべてのユース ケースに対応し、事実上どこからでもアクセスできる柔軟なクラウド VDI プラットフォームになることを目指しています。最新の VDI プラットフォームは、エンド ユーザーにシームレスでハイパフォーマンスなエクスペリエンスを提供すると同時に、安全かつスケーラブルで、管理しやすいものである必要があります。さらに、そのコア テクノロジを使用してソリューションを柔軟にカスタマイズしたり構築したりすることにより、組織を強化するものである必要もあります。

この大きな構想と変化し続けるお客様のニーズをサポートするため、Microsoft は本日、新しい機能、アプリ ストリーミングのための新しい価格、およびその名称が Windows Virtual Desktop サービスから Azure Virtual Desktop に変更されることを発表いたします。

セキュリティと管理のための新しいプラットフォーム機能

Microsoft. では、Azure Virtual Desktop のコア プラットフォームに継続的に新しい機能を追加しています。ここに、Azure Virtual Desktop をオンボードし、そのデプロイをより適切に管理するのに役立つ新しい機能のパブリック プレビューについてお知らせいたします。

  • Azure Active Directory のサポートの強化 (近日中にパブリック プレビューで提供予定):Azure Active Directory は、重要なアプリやデータに対するユーザー アクセスを管理し、強力なセキュリティ制御を維持するために世界中の組織で使用されているクリティカルなサービスです。近日中に、Azure Virtual Desktop 仮想マシンを Azure Active Directory (AAD) に直接参加させて、任意のデバイスから基本資格情報でその仮想マシンに接続できるようになります。さらに、その仮想マシンを Microsoft エンドポイント マネージャーに自動的に登録することもできるようになります。これにより、特定のシナリオではドメイン コントローラーが不要になり、コスト削減やデプロイの効率化を実現できます。これは重要なマイルストーンではありますが、Azure Active Directory との完全な統合の第一歩に過ぎません。シングル サインオンのサポート、FIDO2 などの追加の資格情報の種類、クラウド ユーザー向けの Azure Files など、新しい機能が今後も追加される予定です。

Azure Active Directory 用のホスト プールの作成

  • Microsoft エンドポイント マネージャーを使用した Windows 10 Enterprise マルチセッション仮想マシンの管理 (現在プレビュー段階):Microsoft エンドポイント マネージャーを使用すると、ポリシーを管理して、デバイス間でアプリケーションを配布することができます。Windows 10 Enterprise マルチセッション Azure Virtual Desktop 仮想マシンを Microsoft エンドポイント マネージャーに登録し、共有物理デバイスと同様に Microsoft エンドポイント マネージャー管理センターで管理できるようになりました。これにより、管理が簡素化され、物理デバイスと仮想デスクトップの両方を一元的に表示することが可能になります。詳細については、Windows 10 Enterprise マルチセッションのドキュメントを参照してください。

MEM 管理センターの Windows 10 Enterprise マルチセッション VM

  • 新しいオンボード エクスペリエンスにより数分でデプロイ (近日中にプレビューで提供予定):Azure portal で、Azure Virtual Desktop 向けの合理化されたオンボード エクスペリエンスが提供されます。この新しいエクスペリエンスでは、要件の検証、自動デプロイの開始に加え、ベスト プラクティスの実装が実現されます。数回クリックするだけで、お客様の Azure サブスクリプションに完全な Azure Virtual Desktop 環境を設定できます。

クイック スタート アプリケーションの作成

リモート アプリ ストリーミング向けの新しい料金オプション

多くの組織では、既存のライセンス エンタイトルメントの対象となる自社の従業員にアプリをストリームする目的で Azure Virtual Desktop を使用しています。しかし、多くの組織は、Azure Virtual Desktop を使用して、顧客やビジネス パートナーにもアプリケーションを "サービスとして" 提供することを希望しています。

このご要望にお応えして、組織が Azure Virtual Desktop を使用してクラウドから外部ユーザーにアプリを提供するための、ユーザー単位の月額アクセス価格オプションを発表いたします。たとえば、これによって、ソフトウェア ベンダーは顧客がアクセスできるアプリを SaaS ソリューションとして提供できるようになります。組織は、Azure Virtual Desktop の月額ユーザー料金に加えて、使用量に基づいて Azure インフラストラクチャ サービスについても支払います。

この新しい価格オプションに関する、ある ISV の声をご紹介します。

"Sage は、世界中の何百万ものお客様に信頼していただき、財務、業務、ユーザーを管理するための革新的なビジネス ソリューションを提供しています。Azure Virtual Desktop でアプリケーションをストリームすると、Azure クラウド上のソリューションに対するユーザー アクセスを簡単に合理化して、優れたオンライン カスタマー エクスペリエンスを実現できます。" James Westlake 氏、製品管理担当ディレクター、Sage。

キャンペーン期間中にぜひお試しください

新しいユーザー単位のアクセス価格オプションは、2022 年 1 月 1 日に有効になります。お客様の組織ですぐに利用を開始していただけるように、ファーストパーティまたはサードパーティ製のアプリケーションを外部ユーザーにストリームするために Azure Virtual Desktop に無料でアクセスできる特別キャンペーンを提供いたします。このキャンペーンは、2021 年 7 月 14 日から 2021 年 12 月 31 日まで有効です。

2022 年 1 月 1 日以降、月額ユーザー アクセス権は次の価格で提供されます。
•    1 ユーザーあたり月額 $5.50 (アプリ)
•    1 ユーザーあたり月額 $10 (アプリとデスクトップ)

このキャンペーンは、外部ユーザーのアクセス権にのみ適用されます。組織には、基盤となる Azure インフラストラクチャの料金を引き続きお支払いいただく必要があります。組織は、自社の従業員にアプリをストリームするために、Microsoft 365 E3 や Windows E3 以降などの既存の Windows ライセンス エンタイトルメントを引き続き使用する必要があります。詳細については、マイクロソフトの Web ページを参照してください。

拡大するパートナー エコシステム

クラウド VDI プラットフォームとして、Microsoft はパートナーと緊密に連携し、お客様のニーズに合ったソリューションを構築できるように支援しています。たとえば、Citrix と VMware では、Windows 10 Enterprise マルチセッションなどの Azure Virtual Desktop プラットフォーム機能を利用する、デスクトップとアプリの仮想化ソリューションを提供しています。これにより、ユーザーは、既存の投資を最大限に活用し、使い慣れたツールやソリューションを使用することが可能になります。Microsoft は、カスタム ソリューションを構築し、技術的なコンサルティングを提供してユーザーが自信を持ってデプロイできるように支援している数百のパートナーからなるエコシステムにも誇りを持っています。パートナー ソリューションの詳細については、Azure Marketplace にアクセスしてください。また、認定デプロイ パートナーについては、Advanced Specialization のページを参照してください。

使用を開始する

開発チームは、お客様がクラウドの柔軟な VDI プラットフォームを最大限に活用して、エンドユーザー コンピューティングの新たな可能性を拓いていくのをぜひとも支援したいと考えています。皆様からの継続的なサポートに感謝いたします。ぜひ、フィードバックをお寄せください。Microsoft の Tech Community に参加すると、開発チームや他のお客様、パートナーとつながって、フィードバックや提案を共有することができます。これらの発表の詳細については、今後のウェビナーにサインアップしてください。