Azure Stack HCI を HPE Edgeline EL8000 上で実行できるようになりました

2019年12月10日 に投稿済み

Principal PM Manager, CPPE

ブランチ オフィスやエッジのワークロードを運用するための、ラグドでコンパクトなサイズのハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) 対応のサーバーが必要ですか? コンテナー テクノロジを使用してアプリケーションと IoT 機能を最新化するご要望がありますか? バックアップ、ディザスター リカバリー、更新管理、監視、セキュリティ コンプライアンスなどの Azure ハイブリッド サービスの活用をご希望ですか?  

Microsoft と HPE は、Microsoft の Azure Stack HCI プログラム向けの HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムを検証するためのチームを結成しました。 HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムは、特に空間に制約がある環境向けに設計されており、ユニークな 17 インチの奥行きのフォーム ファクターで、他の x86 システムには小さすぎる、制限のあるインフラストラクチャに適合します。シャーシの幅は 8.7 インチで、電気通信の環境、移動車両、製造現場のどのディープ エッジでも、さらに柔軟にデプロイすることができます。この Network Equipment Building System (NEBs) 準拠のシステムは、セキュリティで保護されたスケーラビリティを提供します。

HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムには次のような特長があります。

  • 従来型の x86 コンピューティング。コンピューティングのパフォーマンスを損なうことなく、従来のデータ センターから離れた場所にあるエッジのデプロイを最適化します。
  • エッジに最適化されたリモート システム管理。Redfish の業界標準に基づくワイヤレス機能を備えています。
  • コンパクトなフォーム ファクター。短い奥行きと半分の幅のオプションがあります。
  • エッジや過酷な環境でのセキュリティで保護されたスケーラビリティと保守性を実現するラグドのモジュール型フォーム ファクター。NEBs レベル 3、および American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers (ASHRAE) レベル 3 および 4 に準拠しています。
  • 増え続けるエッジでの人工知能 (AI) ユース ケースに対応する幅広いアクセラレータのサポート。Field Programmable Gate Array またはグラフィックス プロセッシング ユニットに対応しています。
  • 最大 4 つの独立した計算ノード。組み込みネットワークでクラスターに対応しています。

幅広い構成の可能性をもたらすモジュール型の設計

HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムでは、コンピューティング密度または入出力拡張を柔軟に選択できます。これらのコンパクトなラグド システムは、メディア ストリーミング、IoT、AI、ビデオ分析など、最も重要なユース ケースをサポートするハイパフォーマンスの容量を提供します。HPE Edgeline EL8000 は、エッジ コンピューティング変換を可能にする汎用性のあるプラットフォームです。そのため、ユース ケース要件が変化したときに、それらに合致するようにシステムの柔軟なモジュール型アーキテクチャを拡張できます。

HPE Edgeline Chassis Manager を使用したシームレスな管理とセキュリティ機能

HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムには HPE Edgeline Chassis Manager が搭載されており、システムレベルの正常性の監視とアラートを提供することでダウンタイムを抑制します。電源装置の正常性と状態を監視するだけでなく、インストールされている各サーバー ブレードのシャーシ ファン速度を管理して、効率と信頼性を高めます。HPE Edgeline Chassis Manager を使用することで、ファームウェア アップグレードの管理と実装をシンプルに行うことができます。

Microsoft Azure Stack HCI:

Azure Stack HCI ソリューションは、高度に仮想化されたコンピューティング、ストレージ、およびネットワークを業界標準の x86 サーバーとコンポーネント上に集約します。リソースを同じクラスター内にまとめることで、デプロイ、管理、およびスケーリングが簡単になります。お好みのコマンド ラインの自動化、または Windows Admin Center を使用して管理できます。

Microsoft クラウドの基盤となるハイパーバイザー テクノロジである Hyper-V と、NVMe (Non-Volatile Memory Express)、永続メモリ、RDMA (リモート ダイレクト メモリ アクセス) ネットワークの組み込みサポートを備えた記憶域スペース ダイレクト テクノロジにより、お客様のサーバー アプリケーションで業界トップレベルの仮想マシン パフォーマンスを実現します。

シールドされた仮想マシン、ネットワーク マイクロセグメンテーション、ネイティブ暗号化により、アプリとデータのセキュリティを常に確保できます。

パブリック クラウド内のハイパーコンバージド インフラストラクチャ プラットフォームと連携しながら、クラウドとオンプレミスを活用できます。お客様のチームは、Azure インフラストラクチャの管理サービスへの組み込みの統合を利用して、次のようなクラウド スキルの構築を開始できます。

  • Azure Site Recovery: 高可用性およびサービスとしてのディザスター リカバリー (DRaaS)。

  • Azure Monitor: AI による高度な分析を使用して、お客様のアプリケーション、ネットワーク、インフラストラクチャ全体で起こっていることを追跡するための集中ハブ。

  • Cloud Witness: Azure をクラスター クォーラム用の軽量なタイ ブレーカーとして使用。

  • Azure Backup: オフサイト データ保護およびランサムウェアに対する保護を提供。

  • Azure Update Management: Azure およびオンプレミスで実行されている Windows 仮想マシン (VM) に対する更新プログラムの評価とデプロイ。

  • Azure Network Adapter: ポイント対サイト仮想プライベート ネットワーク (VPN) 経由で、オンプレミスのリソースを Azure 内の VM に接続。

  • Azure File Sync を使用して、お客様のファイル サーバーをクラウドと同期。

  • サーバー用 Azure Arc を使用して、Azure Portal からロールベースのアクセス制御、ガバナンス、コンプライアンス ポリシーを管理。

Microsoft と HPE HCI ソリューションを組み合わせてデプロイし、Azure ハイブリッド サービスを Azure Stack HCI ブランチ オフィスやエッジ ソリューションに組み込むことで、お客様はビジネス資産を保護しながら、ブランチ オフィスやエッジのハイ パフォーマンスと回復性のニーズをすばやく解決することができます。