ナビゲーションをスキップする

Azure Cost Management and Billing 2021 年のレビュー

2022年1月4日 に投稿済み

Principal Product Manager, Microsoft Cost Management

私たちは、世界的なパンデミックを過去のものにするという大きな希望を持って、2021 年を迎えました。私たちの誰もが望んでいたよりもずっと遅いペースではありますが、そこにたどり着きつつあります。しかし、私たちが進化し、新しい働き方を学ぶ一方で、管理とコスト削減の必要性は高まり続けています。このような背景から、2021 年は Azure Cost Management and Billing のプラットフォーム機能と、Microsoft の基盤となるコマース プラットフォームに重点を置きました。多くの改善が行われましたが、舞台裏ではさらに多くの変更があり、これから予定されている多くの素晴らしいことのために基礎が拡張されています。

 

1 つのペインで管理を効率化

2019 年は Azure Cost Management and Billing の基礎を築きましたが、2020 年はギャップを解消し、管理機能を拡張しました。2021 年は、それをさらに推し進めました。

Azure Government については、2 月に Azure Cost Management の従量課金制 (PAYG) サブスクリプションの一般提供コスト割り当てのサポート、5 月に管理グループ コストのエクスポート、8 月に Azure Government Top Secret の一般提供開始など、充実した 1 年となりました。

従来の PAYG やダイレクト Enterprise Agreement (EA) の管理が Azure portal から完全に利用できるようになり、課金アカウントとサブスクリプションの管理がさらに容易になりました。EA の課金管理者向けには、Microsoft Azure Consumption Commitment (MACC)、予約、請求書の表示などの新機能も搭載されています。お客様がダイレクト EA アカウントを管理している場合は、Azure portal で排他的に作業する必要があります。

昨年 Microsoft は、Microsoft 顧客契約 (MCA) に関するより多くの機能を提供する計画を発表しました。10 月には請求書管理の更新プログラムをお伝えしましたが、Sponsorship のサポートや PAYG の MCA への移行など、早期プレビュー段階でアクティブにロールアウトが行われている機能については、あまりお伝えしていません。また、昨年お伝えした、より高速な使用状況データ パイプラインのパイロットを開始し、Cost Management 内で新しい使用状況が利用可能になるまでの時間を短縮しました (現在は 8 ~ 24 時間)。そして最後に、おそらく最大で最も重要な変更の 1 つである Microsoft 365、Dynamics 365 などでの Cost Management のサポートが、MCA を利用しているお客様がいる CSP パートナー向けに 10 月からロールアウトが開始されました。

今後の予定

2021 年と同様、2022 年もモダン化と MCA への移行が重要なテーマとなります。Microsoft 365 をはじめとする Microsoft 製品およびサービスのサポートが個人や組織に順次拡大され、MCA での Sponsorship サブスクリプション サポートの一般提供が開始され、PAYG サブスクリプションの完全移行も完了するはずです。これらにより、Sponsorship サブスクリプションで Cost Management が利用できるようになり、従来の PAYG サブスクリプションの Cost Management でマーケットプレースでの購入や予約がサポートされ、より柔軟な課金モデルが実現される予定です。また一部のアカウントでは、より高速な使用状況パイプラインがパブリックにロールアウトされる予定です。Microsoft は、これらをお客様のお手元にお届けし、お客様が次に何を期待するかについてのご意見をお聞きできることをとても楽しみにしています。

 

機能豊富なコスト レポートと分析

2021 年のレポートと分析の分野で最もエキサイティングなリリースは、11 月以降、保存したコスト ビューの自動送信メールをスケジュールできるようになったことでしょう。これにより、コストがお使いの受信トレイに配信されるため、毎日の時間を節約することができます。さらに、これらのメールを他の人と共有することができるので、シンプルなメールで十分な場合には、カスタム レポート ソリューションを処理する時間をさらに節約することができます。

スケジュール メール以外にも、2020 年 11 月に初めてリリースされたコスト分析のプレビューでは、多くの更新がありました。

コスト分析以外では、5 月にスケジュール エクスポートに大規模データセット用のファイル パーティション分割と Azure Government 管理グループのサポートが追加され、4 月には小売価格 API に非 USD 通貨用のサポートが追加されました。

今後の予定

2022 年は引き続き、コスト分析プレビューにおけるアナリティクスおよび分析情報機能の拡張を行います。予測とグラフを使用した優れたコスト概要から、Azure Kubernetes Service (AKS) やその他のマネージド アプリケーションなどのお客様のリソースをより良く表現するためのオプトイン アラートによるサブスクリプション コスト異常の完全ロールアウトなどが含まれます。これはほんの一部に過ぎません。基本的なパフォーマンス、信頼性、操作性の向上により、ポータル内でお客様のコストを迅速に確認するためのプラットフォームがこれまで以上に高速化される予定です。まだ具体的な計画はありませんが、この分野ではお客様待望の更新が行われることをご期待ください。

 

柔軟なコスト管理でパワーを手に入れる

2021 年の進歩として最も期待されたのはおそらく、3 月に予測コストに基づく予算アラートが追加されたことです。もし、少なくとも 1 つ以上の予測アラートが含まれるよう予算を更新していないなら、ここで読むのをやめ、今すぐそれを行ってください。予測アラートは、予算超過の可能性を常に把握し、超過を未然に防げるよう問題についての十分な注意を喚起する最良の方法です。また Microsoft は、新しいサブスクリプションの作成時や新しいリソースのデプロイ後に予算を定義するなど、新しいエクスペリエンスもテストしています。

また、多くの組織と同じように、お客様にもコストを削減するのに最適な共有コストがあると思いますが、それを使用する各チームに請求するのが面倒な場合もあります。まさにこの問題を解決するために、2020 年には Azure Cost Management にコスト割り当てが導入されました。これをベースに、2 月にはコスト割り当てが Azure Government に拡張され、5 月にはすべての API とダウンロードに追加され、コスト データをお客様独自のシステムやワークフローに統合する際にポータル外でコストのアカウンタビリティが支援されるようになりました。

今後の予定

先ほど、現在初期段階にあり、2022 年には顧客とパートナーに拡大される予定の使用状況データパイプラインの高速化について触れました。この提供が開始されると、予算の通知時間も改善され、最終的には予算を超過した場合、あるいは超過が予測される場合に 2 時間以内にアラートが表示されるようになります。これに加えて、新しいサブスクリプション フォームの一部としての予算作成の完全なロールアウトや、リソースをデプロイした後に新しい予算を作成するためのクイック アクセスなどのポータルの強化もご利用いただけるようになります。

 

より少ないコストでより多くの作業を行うための新しい方法

コスト削減は多くの場合、クラウド導入の原動力となる一方で、達成するのが難しい目標の 1 つでもあります。幸いなことに、Azure は毎月、Azure Advisor が提供する推奨事項に加えて、新しいコスト最適化の機会を提供しています。今年もまた、新規および更新されたオファー、価格の引き下げなど、コスト最適化の機会が満載でした。

管理グループによるサブスクリプション間の予約の共有や、SQL 向け Azure ハイブリッド特典のポータルからの管理など、包括的な更新情報をいくつかご紹介します。予約やハイブリッド特典を使用していて、次の内容をまだ確認していない方は、是非ご覧ください。

これらに加えて、2021 年に新たなコスト削減の機会が見出されたサービスについてもまとめています。

今後の予定

2021 年を通して、これまでと同じようにコスト最適化の機会が増えていくでしょう。また、お客様が引き続きサービス チームと連携して、コスト推進を提供し、お客様の既存のワークロードでよりコストを節約できるような新しい方法を見つけることを支援します。

 

Cost Management and Billing のさらに簡単に使用できるようにする

Microsoft は、Azure Cost Management and Billing をより簡単に習得し、使用できるようにする方法を常に模索しています。ポータルでの評価やレビューから、2021 年に実施した 5 つのアンケートのようなユーザー調査、そして皆さんとの多くの対話まで、お客様からのフィードバックは非常に重要です。

年間を通じて 14 のプレビューが開始されたため、お気に入りを選ぶのは難しいですが、注目すべき主要な更新情報をいくつか挙げると、2 月のコスト分析プレビューでの新しいカスタム日付ピッカーと 5 月の相対日付範囲を追加する更新プログラム、8 月のプレビューでのダウンロード オプションとユーザビリティの更新プログラム、9 月の従来型コスト分析でのスケジュール メールとコスト分析プレビューでのマルチタスキング、10 月のサブスクリプション コストの異常検出などがあります。

また、1 月には、最後に使用した範囲の記録、8 月には課金ポリシーの状態を表示するための構成の更新や、サブスクリプションとリソース グループの共通コマンドなど、中断したところから再開してタスクをより迅速に完了するためのユーザビリティの向上も見られました。もちろん、これらはほんの一部です。Microsoft は常に、お客様のエクスペリエンスを向上させる方法を探しています。

また、Microsoft やそのパートナー、コミュニティから多くのビデオやドキュメントの更新がありました。コストの可視化、説明責任、最適化が、初期段階の学習者から大規模な組織まで、すべての人にとっていかに重要であるか、本当に驚かされます。18 のビデオと 49 の主なドキュメントの更新情報がカバーされていますが、それはそこにあるすべての素晴らしい学習コンテンツのほんの表面にすぎません。

今後の予定

2022 年もこれまでと同様、プレビューへの早期アクセスや実験を通じて、使いやすさの追求が期待されます。特に、Cost Management and Billing におけるナビゲーションの改善について、皆様からのご意見をお待ちしています。また Microsoft は現在、ポータル内と、統合や自動化のニーズに対応した API 経由でのレポート ドキュメントの改善にも取り組んでいます。

今後の展望

この 12 か月の間に起こったことすべてをここで紹介することはできませんが、Azure Cost Management and Billing の月刊更新情報をチェックし、購読していただくことをお勧めします。

これらの新しいおよび更新された機能が利用できるようになったときには、お客様のフィードバックをお待ちしています。また、誰もが利用できるようになる前の最新機能に興味がある場合は、Cost Management Labs をチェックして、どんなフィードバックでも遠慮なくご連絡ください。Cost Management Labs は、Azure Cost Management and Billing のエンジニアリング チームと直接つながることができます。また、お客様向けにアクティブに開発および調整されている機能に影響を与え、即座にインパクトを与えることができる最良の方法です。

最新情報、ヒントやテクニックを入手するには、Twitter アカウント @AzureCostMgmt のフォローや、YouTube チャンネルへのご登録をお願いいたします。Cost Management のフィードバック フォーラムでは、アイデアの投稿や他のユーザーの意見への投票をお待ちしています。

Azure Cost Management and Billing チームより、よろしくお願いします。