ナビゲーションをスキップする

Azure IoT デバイス シミュレーションによる IoT ソリューションの開発とテストの迅速化

12月 4, 2018 に投稿済み

Senior Program Manager, Azure IoT

IoT ソリューションは多額の投資になる場合があるため、正しく動作するか確認したいとお考えでしょう。開発のライフサイクル全体を通じてテストを行うことにより、IoT ソリューションによるデバイス データの処理、管理、提示を評価することが可能になり、プロジェクトの成功を確実なものにできます。Azure IoT デバイス シミュレーションは、ソリューションのテストと開発を迅速化するための信頼できるツールです。1 年前に作成されてから、Azure IoT デバイス シミュレーションは、すぐに開発者のツールボックスの中で絶対必要なツールになりました。

ここに、Azure IoT デバイス シミュレーションの最新の更新プログラムを発表します。この最新リリースでは、重要な IoT シミュレーション スペースへの Microsoft の継続的な投資が注目されており、現在利用可能です。

デバイス シミュレーションは、Azure サブスクリプションに直接デプロイできるオープン ソース プロジェクトです。このソリューションには Web ベースのインターフェイスと豊富な API が含まれているため、IoT Hub に現実的なテレメトリをプッシュする高性能な IoT シミュレーションを作成できます。

デバイス シミュレーション ダッシュボード

デバイス シミュレーションを使用すると、実物と同様の外観を持ち、同様に動作するシミュレートされたデバイスの構築が容易になります。デバイス シミュレーションを使用して、シミュレートされたデバイスのデータを収集、処理、分析、操作することにより、対象ソリューションの機能性と信頼性をテストできます。

  • 実際のデバイス ビヘイビアーをシミュレートすることで、デバイスからソリューションまで期待どおりにソリューションが機能することを検証します。JavaScript を使用して複雑なデバイス ビヘイビアーをスクリプト化し、できる限り最も正確な、シミュレートされたデバイスのテレメトリを確保できます。
  • ほぼエンド ツー エンドのテスト用にシミュレートされたデバイスを使用して、分析パイプライン、ビジネス プロセス統合、オペレーター ダッシュボード、その他をテストします。
  • 通常時、ピーク時、およびピーク時を超える負荷条件をシミュレートすることによって、ソフトウェアのスケール テストを行い対象ソリューションへの信頼を深めることができます。
  • データが実際のものであるかどうかが重要ではなく、システム内のデータの流れの確認のみが必要な場合は、サンプル デバイスとサンプル シミュレーションを使用して直ちに起動して実行します。
  • プロトタイプを迅速に稼働させ、コストのかかるハードウェアに投資する前に構想を実証します。UI を使用してカスタム デバイスを作成し、プロトタイプ デバイスを数秒で生成することができます。
  • ユーザー固有のニーズを満たすようにオープン ソース コードを変更することで、デバイス シミュレーションをカスタマイズします。

新機能

  • 再利用可能なデバイス モデル: 複数のシミュレーションでデバイス モデルを保存、編集、再利用できます。
  • リアルなデバイス ビヘイビアー: JavaScript を使用して複雑なデバイス ビヘイビアーをスクリプト化できます。
  • 長時間実行シミュレーション: シミュレーションは、数分から数日、または停止するまで無期限に実行できます。
  • デバイス タイプのミックス アンド マッチ: シミュレーションに複数のデバイス タイプを含めることができ、ユーザーに対し 1 つのシミュレーションでデバイス タイプのミックス アンド マッチを可能にします。
  • 視認性の向上: デバイス数、接続されているデバイス、メッセージ数を示す統合された IoT Hub グラフで、シミュレーションの状態を確認できます。また、シミュレーション構成の詳細と共に、メッセージのスループット、接続されているデバイスの総数、エラー数を表示することもできます。
  • 再利用可能なシミュレーション: シミュレーション ダッシュボードから、いつでもシミュレーションの保存と再実行ができます。
  • JSON または Protobuf メッセージ: JSON スキーマを使用してデバイスからテレメトリを送信するか、バイナリ Protobuf 形式を使用してシミュレートされたデバイスからテレメトリを送信します。

詳細はこちら

デバイス シミュレーションの最新リリースは現在入手可能です。使用の開始にあたっては、次のリンクをご覧ください。