12 TB の VM、ブロックチェーンでの SAP パートナーシップの拡大、SAP ソリューション向け Azure Monitor

2019年9月24日 に投稿済み

Corporate Vice President, Microsoft Azure

数か月前の SAP の SAPPHIRE NOW イベントで、Microsoft は SAP HANA 用に最大 6 TB のメモリを備えた Azure Mv2 Virtual Machines (VM) の提供開始を発表しました。また、Microsoft Azure が SAP HANA にとって最適なクラウドになるよう取り組んでいることについても、重ねて説明しました。12 TB のメモリを備えた Azure Mv2 VM は今後数週間にわたり、米国西部 2、米国東部、米国東部 2、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、東南アジアのリージョンで一般提供が開始され、運用環境としての認定を受けることになっています。さらに、過去数か月にわたり、最大 4 TB のメモリが提供される M シリーズ VM を利用できるリージョンが拡大し、ブラジル、フランス、ドイツ、南アフリカ、スイスでご利用いただけるようになりました。現在は、SAP HANA 認定 VM を 34 の Azure リージョンでご利用いただけるようになり、お客様はシームレスにグローバルな成長に対応し、よりお客様の近くで SAP アプリケーションを実行し、地域の規制要件を満たせるようになりました。

このビデオをご覧になり、SAP HANA 用 Azure Mv2 VM を活用する方法をご確認ください。
ビデオ プレーヤーの画像。クリックすると、ビデオが表示されます。


ミッション クリティカルな SAP アプリケーションを実行するには、システムのパフォーマンスと可用性を確保するための継続的な監視が必要です。本日、Azure Portal から SAP HANA インフラストラクチャを監視する Azure Marketplace オファリングである、SAP ソリューション用 Azure Monitor のプライベート プレビューを開始することをお知らせします。お客様は、SAP ソリューション用の Azure Monitor の監視データを既存の Azure Monitor データを組み合わせて、すべての Azure インフラストラクチャ テレメトリに対応した統合ダッシュボードを作成することができます。Microsoft アカウント チームに連絡して、サインアップしてください。

お客様のデジタル トランスフォーメーションを加速するため、Microsoft は SAP と共同でイノベーションを進めています。SAPPHIRE NOW では、このように SAP と共同で進めているイノベーションをいくつか発表しました。まず、SAP Data Custodian の一般提供開始を発表しました。これは SAP が提供するガバナンス、リスク、コンプライアンスのサービスで、Azure のセキュリティとコンプライアンス機能 (カスタマー ロックボックスなど) の多くを活用しています。

次に、Azure IoT と SAP Leonardo IoT 統合の一般提供開始を発表しました。これにより、お客様は SAP のビジネス データを使用して自分の IoT データの状況を確認し、強化することができ、新たなビジネスの成果を生み出すことができます。第 3 に、SAP のデータ インテリジェンス ソリューションについて説明しました。このソリューションでは、Azure Cognitive Services コンテナーを活用して、顔認識、音声認識、テキスト認識などのインテリジェンス サービスを提供します。最後に、Azure Active Directory と SAP Cloud Platform Identity Authentication Service (SAP IAS) の統合における相互協力について発表しました。これにより、SAP および SAP 以外のアプリケーション全体で、シームレスなシングル サインオンとユーザー プロビジョニングのエクスペリエンスが実現します。Azure AD と SAP IAS の統合によるシームレスなシングル サインオンは一般提供が開始され、ユーザー プロビジョニングの統合は現在パブリック プレビュー中です。Azure AD と SAP SuccessFactors の統合による簡素化されたユーザー プロビジョニングは、まもなく利用できるようになります。

また、Microsoft はブロックチェーンとのパートナーシップも深めています。SAP は、サプライ チェーン、物流、生命科学分野のソリューションにおいて、長年にわたり業界をリードしてきました。これらの業界はブロックチェーンの支援によってデジタル トランスフォーメーションが進んでおり、そのアプリケーションに対する信頼性と透明性が向上しています。これにより、大規模な企業連合が信頼のおける方法で取引を処理することができます。本日は、SAP のブロックチェーン統合アプリケーション ポートフォリオが Azure ブロックチェーン サービスに接続できるようになることをお知らせします。これにより、共同で運用するお客様が、重要なビジネス プロセス (資材のトレーサビリティ、不正行為の防止) や生命科学分野でのコラボレーションなどで、ブロックチェーンの信頼性と透明性を確保することができます。

SAP と Microsoft は共同で、最高レベルの SAP 認定インフラストラクチャ、ビジネス プロセスとアプリケーション イノベーション サービス、シームレスな一連のオファリングにより、デジタル トランスフォーメーションを進めるための信頼できる手順を提供します。その結果、Microsoft は大規模でミッション クリティカルな SAP アプリケーションを利用している CarlsbergCONA Services などの、Azure SAP をお使いの世界中のお客様の移行を支援することができます。次に、SAP アプリケーションを Azure に移行することによるメリットをいくつかご紹介します。

Al Jomailh と Shell Lubricating Oil Company: JOSLOC は、Al と Shell Lubricating Oil Company との合弁会社であり、ミッション クリティカルな SAP ERP を Azure に移行しました。それにより、ビジネスの継続性が強化され、IT の複雑さと手間を削減しつつ、コストを節約できるようになりました。SAP を Azure に移行することで、この合弁会社は 2020 年の SAP S/4HANA へのアップグレードに向けて準備を整えることができました。

TraXall France: TraXall France では、4 万台以上の管理対象車両に対する車両管理サービスを提供しています。TraXall は、SAP S/4HANA の実行に Microsoft Azure を選択しました。その理由は、インフラストラクチャの管理とビジネスの俊敏性が簡素化され、GDPR などのコンプライアンス要件を満たしていたからです。

Zuellig Pharma-sales-projectforecast: シンガポールを拠点とし、5 年にわたる近代化イニシアティブである Zuellig Pharma は、その SAP ソリューションを IBM DB2 から SAP HANA に移行したいと考えていました。Zuellig Pharma は 100 万/日トランザクションと 12 TB の運用環境ワークロードを HANA の SAP ERP で実行するようになり、以前のホスティング プロバイダーと比較して 40% のコストを節約することができました。

ラスベガスで開催される SAP TechEd にご参加いただける場合は、Microsoft のブース #601 にお立ち寄りください。または、Microsoft Azure セッションのいずれかに参加して、これらの発表の詳細情報を確認し、製品のオファリングが実際に動作している様子をご覧ください。

SAP を Azure に移行することによってデジタル トランスフォーメーションを加速する方法の詳細については、Microsoft の Web サイト https://azure.com/sap をご覧ください。