提供中

Azure Security Center for IoT の提供を開始

更新: 7月 31, 2019

研究によると、組織が IoT 展開のペースを落としたり一時停止したりする一番の理由はセキュリティ上の懸念です。統合に関する IoT に固有の課題のために、組織は IoT ソリューション全体を保護するためのセキュリティ ツールを必要としています。保護の対象には、デバイスと IoT サービスから、接続されたクラウド インフラストラクチャおよびソリューションを管理する管理者までが含まれます。Azure Security Center の下記の機能を利用して、組織は IoT ソリューション全体を守ることができます。

  • Azure Security Center はマイクロソフト独自の脅威インテリジェンスを利用して最新の脅威からソリューションを保護し、IoT オペレーターおよびセキュリティ専門家に、対応策の手順とともに、重大度により順位付けした潜在的な脅威のリストを提供します
  • Azure Security Center はソリューションの脆弱性を分析し、業界のベスト プラクティスとマイクロソフトのセキュリティに関する専門知識を利用して、固有のソリューションごとに重要なセキュリティ体制上の改善点を順位付けし、構成手順も提供します
  • Azure Security Center はセキュリティ情報をユーザーごとに必要に応じてカスタマイズしたレベルで提供し、IoT Hub ユーザー インターフェイスで IoT オペレーターに IoT 固有の脅威およびセキュリティ体制の情報を提示します。またセキュリティの専門家は、すべてのオンプレミスおよびクラウドのワークロードの実態を考慮しながら IoT の情報を参照できます

詳細は GA ブログを参照してください

  • Azure IoT Hub
  • Azure IoT Edge
  • Security Center
  • Security