Personalizer

あらゆるユーザーにパーソナライズされた適切なエクスペリエンスを届ける、受賞歴のある AI サービス

カスタマイズされた高度な対話を実現

Azure を通じてのみ利用できる強化学習ベースの機能で、使いやすさとユーザー満足度を向上させます。使いやすい API を通じて、関連するコンテンツ、レイアウト、会話に優先順位を付けます。Personalizer はスタンドアロンのパーソナライゼーション ソリューションとして使用するか、既存のソリューションを補う形で使用します。機械学習の専門知識は必要ありません。

強化学習に基づいてモデルを自動的に最適化し、設定した目標を AI で達成

見習いモードでは、サービスがお使いの既存のソリューションのパフォーマンスに一致しているというレベルに達した後でのみ、Personalizer がユーザーと対話できるようにすることで、スムーズに移行することができます。

わかりやすいインターフェイスで、パラメーターや KPI に従って学習ループを監視および調整

機械学習に関する専門知識が不要

リアルタイムの学習でユーザー エクスペリエンスを向上

ユーザーの行動に基づいて、時間と共に改善する適切なエクスペリエンスを提供します。大きなカタログからいくつかの選択肢を提供するレコメンデーション エンジンとは異なり、Personalizer では、ユーザーがアプリケーションと対話するたびに最適な結果を 1 つ提示します。

スピーディな導入

2 行のコードを追加することにより、Personalizer を埋め込むことができます。予測の精度を簡単に検査し、必要に応じて最適化します。Personalizer では任意の形式のデータを扱えます。データなしで開始したり、既存のデータセットを使用して強化学習をすぐに開始したりすることができます。

埋め込みが完了すると、Personalizer は見習いモードで学習曲線をスキップできます。 この機能がオンになっている場合、サービスは既存のソリューションと並行に学習します。それがお客様のパフォーマンスのしきい値を満たすまで、ユーザーに公開されることはありません。

見習いモードの詳細を見る

しくみを簡単に評価

インターフェースを通じて Personalizer の動作を解釈し、評価します。結果を再現して検証し、ランク付けされたスタック ビューでパラメーターの有効性を判断します。たとえば、コンテンツ エンゲージメントに対する年齢、性別、時間帯の影響を評価します。

モデルを評価する

業界最大のコンプライアンス ポートフォリオ

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回るコンプライアンス認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

柔軟な価格設定で管理

初期コストは不要で、料金は使用した分だけ発生します。Personalizer では、料金はトランザクション数に基づく従量課金制です。

Personalizer のリソースとドキュメント

Personalizer を起動して実行する

ドキュメントを読む

C# | Node.js | Python でコーディングを始める

ベスト プラクティスと概念についての詳細情報

Personalizer を責任を持って使用し、ユーザーに有意義な体験を届ける方法をご確認ください。

詳細はこちら
  • リージョンごとの提供状況をご覧ください。
  • Personalizer およびその他の Cognitive Services オファリングでは、99.9% の可用性が保証されます。Free 価格レベルに対して、SLA は提供されません。SLA の詳細をご覧ください。
  • Personalizer では、サービスへの送信内容に関する特徴または属性を通じて、ユーザーの集団行動から学習します。この情報を使用して、すべてのやり取りからの情報で更新された共有モデルをトレーニングし、すべてのユーザーのためのパーソナル化の結果を改善します。
  • Personalizer は、ランク呼び出しの項目数が 50 以下である場合に最も機能します。より大きなリストやカタログからの選択をパーソナライズするには、レコメンデーション エンジンまたは並べ替え手法を使用して、項目数を減らします。

    スケーラビリティとパフォーマンスについて確認する

  • 使用されるアルゴリズムとイノベーションは、Microsoft Research による継続的な取り組みと、Xbox や Windows のような Microsoft のビジネスで Personalizer を活用した成果が基になっています。その手法強化学習の詳細を参照してください。
  • Personalizer はユーザーのサインインの有無を問わず機能しますが、サインイン ユーザーには、より高度で適切な対話が提供されます。
  • はい。Personalizer は、見習いモードを使用して、リアルタイムかつバックグラウンドで学習します。サービスがユーザーのアクションから十分に学習してお使いの既存のパーソナライゼーション システムを見積もると、お客様は Personalizer を運用環境で自信を持って使用することができ、お客様のユーザーと対話することで Personalizer に学習させることができ、ユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。