Azure Resource Manager テンプレート

Resource Manager テンプレートを使用してすべての Azure リソースに IaC (Infrastructure as Code) を提供する

IaC (Infrastructure as Code) を定義して Azure リソースを管理する

シンプルな構成言語を使用して Azure を管理します。同時にリソースをデプロイしてデプロイ プロセスをスピードアップします。宣言型の Azure リソースを作成して更新できます。多くのサンプル テンプレートの中から選択したり、Visual Studio または Visual Studio Code のネイティブ ツールを使用して初めから作成したりすることができます。

宣言型で繰り返し可能な Azure リソースを作成

デプロイの一元管理

Azure Policy など、他の Azure サービスと緊密に統合され、非準拠のリソースと CI/CD 用 Azure DevOps を修復する

Visual Studio と Visual Studio Code を使用して最高レベルの作成エクスペリエンスを実現

再現可能なインフラストラクチャを作成

Resource Manager テンプレートを使用して、Azure インフラストラクチャ全体を宣言方式で作成し、デプロイできます。開発のライフサイクル全体を通じ、仮想マシン、ネットワーク インフラストラクチャ、ストレージ システムなどのリソースを反復可能かつ一貫した方式でデプロイできます。

テンプレートのデプロイに関する詳細情報

既存の開発ツールやコミュニティが作成した優れたサンプルを使用してテンプレートを作成する

Resource Manager の拡張機能である Visual Studio Code を使用して、テンプレート開発作成エクスペリエンスを強化します。Resource Manager 言語関数の構文強調、コメントのサポート、IntelliSense のコード補完機能を使用した独自のテンプレートの作成などの機能を使用したり、さまざまなインフラストラクチャとアプリケーションのパターンを網羅した、コミュニティ作成のサンプルを基にして作成したりすることができます。

Visual Studio Code 拡張機能をダウンロードする

使い慣れたツールを使用したデプロイ

REST API、CLI、PowerShell を使用して、テンプレートのデプロイをすばやく反復します。CI/CD セットアップ用の DevOps パイプラインを使用してデプロイ タスクを統合します。これにより、大規模なデプロイを自動化することができます。

PowerShell を使用したデプロイ

Azure プラットフォーム機能との統合

Azure Portal のデプロイを確認して、どのパラメーター値が使用されているか、および出力値を確認します。Azure Policy を使用して非準拠のリソースを修復します。テンプレートをソース管理にチェックインして、お使いのインフラストラクチャを確認、追跡、監査できます。Azure Blueprints を使用してテンプレートを組み合わせ、環境を構築します。

詳細はこちら

Resource Manager テンプレートの使用を開始

作成テンプレートのチュートリアルに従います。

サンプル テンプレートを使用して Azure リソースを作成します。

Resource Manager テンプレート作成のベスト プラクティスをご確認ください。

使い慣れたツールを使用したデプロイ

Azure CLI を使用したデプロイ

詳細はこちら

PowerShell を使用したデプロイ

Azure PowerShell と Resource Manager テンプレートを使用して Azure にリソースをデプロイする

詳細はこちら

お気に入りの CI/CD と統合

テンプレートを継続的インテグレーションと継続的デプロイ (CI/CD) ツールに統合することができます。これにより、リリース パイプラインを自動化し、高速で信頼性の高いアプリケーションとインフラストラクチャの更新を実現することができます

詳細はこちら

Resource Manager テンプレートに関してよく寄せられる質問

  • Resource Manager テンプレートは Azure プラットフォームに対してネイティブで使用できるため、ポータルでデプロイを追跡したり、他の Azure サービスとの緊密な統合を利用したり、Azure リソースを使用できるようになり次第プロビジョニングしたりすることができます。
  • フィードバックを送信して、Resource Manager の新しい機能を提案することができます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。