Azure Cosmos DB の価格

グローバル分散型のマルチモデル データベース サービス

Azure 無料アカウントの利用を開始して、30 日間有効な $200 のクレジットと、Azure Cosmos DB への 12 か月の無料アクセスを入手しましょう。

Develop real-time, "always on" applications at any scale with Azure Cosmos DB, a fully managed globally distributed, multi-model database service with 99.999 percent high availability and single-digit millisecond read and write latencies anywhere in the world, backed by SLA. Simplify app development and boost developer productivity with built-in, cloud-native capabilities including five consistency models, automatic indexing, and multiple data models.

Easily migrate existing data from MongoDB, Gremlin, and Cassandra databases without changing your application, and run real-time operational analytics with Spark. Pay only for what you need, by elastically and instantly scaling throughput and storage without limits.

Pricing

Azure Cosmos DB bills for provisioned throughput and consumed storage by the hour.

Provisioned throughput is expressed in Request Units per second (RU/s) which can be used for various database operations (e.g., inserts, reads, replaces, upserts, deletes, queries, etc.). You can provision throughput and elastically scale in increments of 100 RU/s, programmatically using an API call, or via Azure Portal. Your database account can be configured to accept writes in multiple regions (multi-master) or a single region (single-master). Significant savings on provisioned throughput can be enjoyed with Azure Cosmos DB reserved capacity with a one- or three-year commitment.

Storage is billed for each GB used for your SSD-backed data and index.

Pricing details

単位 料金
プロビジョニング スループット (複数リージョンの書き込み) (100 RU/秒あたり) $-
プロビジョニング スループット (単一リージョンの書き込み) (100 RU/秒あたり) $-
SSD ストレージ (GB あたり) $- GB/月
標準的なデータ転送速度が適用されます。月額料金の見積は、1 か月あたりの時間を 730 として算出されています。

Provisioned Throughput

Azure Cosmos DB charges hourly for the throughput provisioned, which guarantees high-performance at any scale by committing resources for your use.

You can provision throughput on:

  1. Azure Cosmos container. Depending on the choice of data model or API, a container could be a collection (MongoDB or SQL), graph (Gremlin), or table (Cassandra or Table). Containers in Azure Cosmos DB are horizontally partitioned and can elastically scale to deliver unlimited amount of throughput and storage.
  2. Azure Cosmos database. The throughput configured on the database is shared across all containers of the database. You can choose to explicitly exclude certain containers from the shared throughput provisioned on the database and instead provision throughput for those containers at container level. Depending on the choice of data model or API, a database could be a keyspace (Cassandra), database (MongoDB or SQL), or a database account (Gremlin or Table).

Provisioned throughput starts at 400 RU/s per container or database, and can be scaled up by increments of 100 RU/s. You can estimate your throughput needs by using the Azure Cosmos DB request unit calculator.

Reserved capacity for provisioned throughput

Enjoy cost savings of up to 65% off and enhanced availability SLAs, while reducing the burden of capacity planning with Azure Cosmos DB reserved capacity pricing. Reserve provisioned throughput for one or three years with a one-time payment, and share throughput across all regions, APIs, accounts, and subscriptions under a given enrollment. For more information, see documentation page.

1 年予約 3 年予約
スループット 単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み 単一リージョン書き込み 複数リージョン書き込み
価格/割引 100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
100 RU/秒あたりの価格
(従量課金制と比較した割引率)
最初の 50K RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
次の 450K RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
次の 2.5M RU/秒 $- $- $- $- $- $- $- $-
3M RU/秒超 $- $- $- $- $- $- $- $-

Any throughput that you provision in excess of your reserved capacity is billed at standard provisioned throughput rates.

Consumed Storage

Azure Cosmos DB offers unlimited storage - with no provisioning, configuration, or advanced reservations required - and automatically scales up and down based on the data and indexes that are added or removed to an Azure Cosmos DB container.

Storage is billed as GBs of local SSD-backed logical storage used by your data and indexes across all the regions where you are using Azure Cosmos DB. For example, if you replicate an Azure Cosmos DB account across three regions, you will pay for the total storage cost in each of those three regions. To estimate your storage requirement, use the capacity planner tool. The cost for storage in Azure Cosmos DB is $-/GB/月.

Azure Cosmos DB を無料で試す

Develop and test production-ready apps from your local machine with Azure Cosmos DB local emulator Download the free Azure Cosmos DB emulator to from your local Windows machine. Once you’re satisfied with your database, you can deploy it by pointing to an Azure Cosmos DB instance in the cloud.
New to Azure and want to test a pre-production app? Try out Azure Cosmos DB and other Azure services with Azure Free Account Try Azure Cosmos DB and other Azure services as a part of a 12-month Azure Free Account. Get $200 credit for 30 days and enjoy 400 RU/s of provisioned throughput and 5 GBs of storage per month for a year.)
Create and run a global, commitment-free Azure Cosmos DB database for 30 days. Enjoy a time-limited, globally distributed Azure Cosmos DB experience free of charge and without a subscription with Try Azure Cosmos DB for Free.

サポートおよび SLA

  • Technical support is available through Azure Support, starting at $29/月. Billing and subscription management support is provided at no cost.
  • Azure Cosmos DB is available in all Azure regions including public, government, and DoD clouds. To learn more, please visit the Azure services availability by region page.
  • SLA—We guarantee at least 99.99% availability for single-region databases and 99.999% availability for multi-region databases to successfully process requests and perform operations in Azure Cosmos DB. To learn more, please visit the SLA page.

FAQ

  • Azure Cosmos DB では、(データベースまたはコンテナーの) スループットをご予約いただき、1 時間ごとの予約済みスループットのみがお支払い対象となります。お客様にとって、プロビジョニング スループット ベースのモデルの利点は、どんなスケールでもパフォーマンスと弾力性が保証されるという点です。プロビジョニング スループット モデルに従うことで、Cosmos DB ではスケールに関係なく 99 パーセンタイルのスループットを保証できるだけでなく、高可用性や、保証された低待機時間を提供できます。予約スループットは、1 秒あたりの要求ユニット (RU) 単位で指定されます。ドキュメントの書き込み、更新、読み取り、クエリの実行など、Azure Cosmos DB での各操作は、CPU、メモリ、IOPS を消費します。つまり、それぞれの操作により、請求の要求が発生し、それが要求ユニット (RU) で表されます。詳細については、Azure Cosmos DB の要求ユニットに関するページを参照してください。

  • 料金は、ご使用の Azure Cosmos DB データベースまたはコンテナーに対して予約されたプロビジョニング スループット (秒単位の要求ユニット数 (RU/s) で表す) に基づき、1 時間あたりの料金で、プロビジョニングされていた時間に応じて請求されます。

    個々のコンテナーのプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 の Azure Cosmos DB アカウントでコンテナーを 2 つ作成し、それぞれ 500 RU/秒と 700 RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 1,200 RU/秒になります。そのため、請求される額は 12 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各コンテナーの容量を 500 RU/秒増やし、さらに 20,000 RU/秒を使用する新しいコンテナーを作成した場合は、合計で 22,200 RU/秒 (1,000 RU/秒 + 1,200 RU/秒 + 20,000 RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は $- x 222 = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 1,200 RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 22,200 RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $-/月 となります。

    データベース (コンテナー セット) のプロビジョニング スループット:

    米国東部 2 のアカウントで Cosmos DB データベースを 2 つ (それぞれコレクションのセットを含む) 作成し、それぞれ 50K RU/秒と 70K RU/秒でスループットをプロビジョニングした場合、プロビジョニングされたスループットは合計で 120K RU/秒になります。そのため、請求される額は 1,200 x $- = $-/時間 になります。

    スループットを変更する必要が生じて、各データベースのプロビジョニング スループットを 10K RU/秒増やした場合は、合計で 140K RU/秒 (60K RU/秒 + 80K RU/秒) の容量がプロビジョニングされたことになります。そのため、請求される額は 1400 * $- = $-/時間 になります。

    1 か月を 720 時間として、500 時間分のスループットを 120K RU/秒でプロビジョニングし、残りの 220 時間分のスループットを 140K RU/秒でプロビジョニングした場合、1 か月の料金は、500 x $-/時間 + 220 x $-/時間 = $- + $- = $-/月 となります。

  • (データベースとコンテナーを伴う) Cosmos アカウントを複数の地理的リージョンに分散することを選択した場合、各リージョンのコンテナーごとのスループットとストレージ、およびリージョン間のデータ転送に対して課金されます。たとえば、米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じであると仮定します。今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 3 * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    また、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

  • 複数の地理的リージョンをまたいでコンテナーを運用することにした場合は、各リージョンのコンテナーごとのプロビジョニング スループットとストレージのほか、リージョン間のデータ転送に対して課金されます。プロビジョニング スループットに対して課金されます。

    複数リージョン書き込み

    米国西部にコンテナーがあり、今月は 10,000 RU/秒のスループットでプロビジョニングされ、1TB のデータが保存されているとします。3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) を追加し、各リージョンのストレージとスループットが同じであるとき、グローバルに分散するアプリから 4 つすべてのリージョンのコンテナーに書き込めるようにしたいとしましょう。今月の請求書の合計金額は次の通りです (1 か月を 31 日とした場合):

    項目 使用量 (月あたり) 料金 月額料金
    米国西部のコンテナーのスループット料金 (複数リージョンの書き込み) 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のスループット料金 (複数リージョンの書き込み) (3 + 1) * 10K RU/秒 * 24 * 31 1 か月あたり 100 RU/秒につき $- $-
    米国西部のコンテナーのストレージ料金 1 TB $-/GB $-
    追加された 3 つのリージョン (米国東部、北ヨーロッパ、東アジア) のストレージ料金 3 * 1TB $-/GB $-
    合計 $-

    上記の例で、米国東部、北ヨーロッパ、および東アジアにデータをレプリケートするために、毎月 100 GB のデータを米国西部のコンテナーから送信するとします。送信に対しては、データ転送料金に従って課金されます。

  • ストレージ容量は、1 か月にわたり保存されていた、1 時間あたりの最大データ量 (GB 単位) を基準に請求されます。たとえば、月の前半は 100 GB のストレージを使用し、後半は 50 GB を使用した場合、その月は 75 GB に相当するストレージが課金されることになります。

  • コンテナーまたはデータベースが存在した時間単位で請求されます。使用量は考慮されず、コンテナーまたはデータベースがアクティブだった時間が 1 時間未満の場合も同様です。たとえば、コンテナーまたはデータベースを作成し、それを 5 分後に削除した場合でも、1 時間分の料金が請求されます。

  • 特定の 1 時間の中の最大のプロビジョニング スループットが請求されます。

    たとえば、プロビジョニング済みスループットを午前 9:30 に 400 RU/秒から 1,000 RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング済みスループットを 400 RU/秒に戻した場合、1,000 RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

    特定のコンテナーまたはコンテナー セットについて、プロビジョニング スループットを午前 9:30 に 100K RU/秒から 200K RU/秒に増やし、午前 10:45 にプロビジョニング スループットを 100K RU/秒に戻した場合、200K RU/秒を 2 時間使用したとして請求されます。

  • Azure portal、サポートされているいずれかの SDK、REST API を使用して、各コンテナーまたはデータベースのプロビジョニング スループット (つまり 1 秒あたりの要求ユニットの数) をスケールアップまたはスケールダウンできます。

  • Azure Cosmos DB 予約容量では、1 年または 3 年分の Cosmos DB プロビジョニング スループット容量を前払いいただくと、データベースとコンテナー (テーブル/コレクション/グラフ) の Cosmos DB プロビジョニング スループットの割引が適用されて、費用の節約に役立ちます。Azure Cosmos DB 予約容量では、Cosmos DB にかかる費用を大幅に削減できます。1 年分または 3 年分の前払いにより、通常価格からの割引が可能になります。割引が適用されても、Cosmos DB リソースのランタイム状態は維持されます。Cosmos DB の予約容量は、Azure portal で購入できます。予約容量について詳しくは、Cosmos DB ドキュメントをご覧ください。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Azure Cosmos DBの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください 計算ツールで表示する

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です