Visual Studio App Center の価格

App Center をすべての方に

新しく用意された無料レベルにより、5 つ星の高品質な iOS、Android、Windows、macOS アプリを高速かつ確実に配信できるようになりました。

まずは無料で始めましょう

無償 ビルド

Objective-C、Swift、Java、Xamarin、React Native をクラウドでビルド

  • 240 ビルド時間 (分)/月
  • ビルドごとに 30 分まで

無償 テスト

数千台の実機で UI テストを自動化

  • 30 日間の無料評価版

無償 配信

ベータ テスターやアプリ ストアへアプリを即座に配信

  • 配信数無制限
  • ユーザー数無制限

無償 分析

アプリの使用ユーザーと使用状況の詳細を確認

  • すべての機能を含む

無償 クラッシュ レポート

リアルタイムのクラッシュ レポートでアプリの状態を監視

  • すべての機能を含む

アプリの拡大に応じてお支払い

Visual Studio App Center の価格は柔軟であり、必要なサービスだけを選んで統合することができます。今すぐアップグレードしましょう

ビルドを無制限に素早く実行

複数のビルドの同時実行により、アプリの配信にかかる時間を短縮できます。

Standard Test プラン

数千台の実機と OS 構成で UI テストを実行できます。

Enterprise Test プラン

無制限のテスト時間を数千台の実機と OS 構成で利用することができます。

サポートおよび SLA

  • Microsoft は、Visual Studio Mobile Center ビルド サービスを使用したビルド操作の実行に対し、99.9% 以上の可用性を保証します。
  • Microsoft は、Visual Studio Mobile Center テスト サービスを使用したテスト操作の実行に対し、99.9% 以上の可用性を保証します。
  • Visual Studio App Center の SLA についてはこちらをご覧ください。

FAQ

  • ビルド コンカレンシー数とは、特定の時間にコンカレンシー可能なビルドの数を指します。追加でトリガーされたビルドはキューに登録され、前のビルドが完了するまで待機します。

  • テスト デバイス コンカレンシー数により、同時に使用できるデバイスの数が決まります。たとえば、同時実行デバイス数が 5 台の場合、1 台のテストに通常かかる時間で 5 種類のデバイス構成をテストできます。

    使用状況はデバイス時間単位で測定されます。デバイス時間は、デバイス上でテストにより開始されたすべてのアクティビティを集計したものです。たとえば、12 分間のテスト スイートを 5 つのデバイス構成で実行した場合、60 分 (1 デバイス時間) が消費されます。アプリのダウンロード、スクリーンショットの処理、テスト レポートの生成にかかった時間は請求対象とはなりません。

  • 30 日の間、450 種を超えるデバイス構成でアプリをテストすることができます。この評価版で使用できるデバイスは 1 台であり、テスト時間は無制限です。

  • 月単位のクレジットは Visual Studio App Center の購入には適用されませんが、この Azure サブスクリプションを引き続き課金情報に使用できます。支払い方法を設定して、$0 の使用制限を削除する必要があります。Visual Studio サブスクライバー向けの月単位の Azure クレジットについてはこちらをご覧ください。

リソース

Azure サービスの月額料金を概算できます。

Azure の価格についてよく寄せられる質問を見ることができます

Visual Studio App Centerの詳細を表示します

技術チュートリアル、ビデオ、その他のリソースを確認します。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください

$200 のクレジットで学習と開発ができ、継続は無料です