無料の Azure Cognitive Services でアプリの構築を開始

2019年10月23日 に投稿済み

Azure Product Marketing Manager

この投稿は、Azure Cognitive Services 担当シニア プロダクト マーケティング マネージャーを務める Tina Coll によって共同編集されました。

Azure の無料アカウント ユーザーに新しく提供された、すぐに開始できる AI サービスを使用して、コストをかけずに革新をもたらしてください。これまで、Cognitive Services を使用して、AI を取り入れたアプリを構築している 130 万人の開発者の一員になってください。市場で提供されているさまざまな AI サービスを使用して、Azure Cognitive Services では、その他のクラウド プロバイダーよりも多くのシナリオで AI を取り入れることができます。お使いのアプリ、Web サイト、ボットが、API 呼び出しを使用して、人々のニーズを自然な形のコミュニケーションで確認、理解、解釈できるようになります。さまざまな業界のビジネスが、今回 Azure の無料アカウントに提供されたものとまさに同じ Cognitive Services を使用して実務を変換しました。

今すぐ Azure 無料アカウントを作成して、Cognitive Services の詳細をご確認ください。

以下の例は、これらのサービスを使用して実行可能な例のごく一部にすぎません。

  • 顔検出を使用してアプリのセキュリティを強化する: Face API を使用して、人の顔を検出して比較します。Uber が Face API を使用して運転手を認証する様子をご覧ください。
  • テキストの抽出と言語の検出を自動的に行う: どのようなテキスト文字列でも、簡単かつ正確に言語を検出し、開発プロセスをシンプルにして、すばやく翻訳したり、ローカライズされたコンテンツを提供したりできます。Chevron が Form Recognizer をロボット プロセスの自動化に適用して、ドキュメントからテキストをすばやく抽出する様子をご覧ください。
  • ビジネス用のホームページをカスタマイズする: Personalizer を使用して、最も関連のあるコンテンツや体験をホームページ上の各ユーザーに配信します。
  • 独自のコンピューター ビジョン モデルを数分で開発します: 独自の画像を使用して、Custom Vision Service に学習させたいコンセプトを伝え、独自のモデルを構築します。西半球で最大のスズ採掘企業である Minsur が、Custom Vision を使用して持続可能な採掘実務を実践している様子をご確認ください。
  • 包括的なアプリを作成する: コンピューター ビジョンとイマーシブ リーダーを使用して、カメラを包括的なツールにします。写真が弱視の方のための音声になります。
  • 顧客向けの会話エクスペリエンスを構築する: Azure Cognitive Services を使用して、ボットが顧客と対話できるようにします。スペインの男性サッカー リーグである LaLiga は、LUIS、QnAMaker などを使用して、チャットボットで 1 億人のファンを魅了しています。

使用を開始することは簡単です。

1.Azure の無料アカウントを作成します。

2.Azure portal にアクセスしてサービスをデプロイします。

4.ステップ バイ ステップ ガイダンスを確認して、Cognitive Services をデプロイします。