新しいパブリック プレビュー: Azure App Service on Linux でのネイティブな Python サポート

2018年12月11日 に投稿済み

Principal Program Manager, Python Developer Tools

Azure App Service on Linux 用の組み込み Python イメージのパブリック プレビューについて正式にお知らせします。これは、お客様からたくさんのリクエストをいただいていた機能です。開発者は、クラウドの Linux オペレーティング システム上で動作するフルマネージド環境への Python Web Apps のデプロイを今すぐ開始することができます。

この新しいプレビュー ランタイムが、増え続ける Azure App Service on Linux サポート対象スタックのリストに加わります。このリストには、Node.js、.NET Core、PHP、Java SE、Tomcat、Ruby も含まれます。Python 3.7、3.6、近日中には 2.7 も選択できるので、開発者はすぐに利用を開始し、Django や Flask などの Python アプリケーションをクラウドにデプロイして、Azure App Service on Linux のすべての機能を活用できます。これには、git push を使ったデプロイのサポートに加えて、macOS、Linux、および Windows 用の無料のオープン ソース エディターである Visual Studio Code を使用したライブ アプリケーションのデプロイおよびデバッグ機能が含まれます。

App Service on Linux 上で Python の公式イメージを使用する場合、プラットフォームは requirements.txt​ ファイルで指定されている依存関係を自動的にインストールします。また、プラットフォームは Flask アプリケーションと Django アプリケーションの共通構造を検出し、gunicorn を使用してそれらをホストして、Azure DB for PostgreSQL に接続するのに必要なモジュールを格納します。

Azure App Service on Linux の基になるインフラストラクチャは、一般公開 (GA) されて既に 1 年以上になりますが、Python 用のランタイムは今回がパブリック プレビューでのリリースとなり、GA は数か月後を予定しています。組み込みイメージの使用に加えて、Python 開発者は、Web App for Containers 上のカスタム Docker コンテナーを使用してアプリケーションをデプロイすることもできます。

Azure と Visual Studio Code 上の Python に関する詳細

Django Software Foundation のフェローであり、Django プロジェクトのメイン管理者でもある Carlton Gibson 氏が、Visual Studio Code、Azure、および Azure DevOps 上での Python と Django の使用方法に関するビデオ シリーズのために、マイクロソフトのデベロッパー アドボケイトである Nina Zakharenko 氏に協力してくださいました。

Python ビデオ

詳細な手順については、Microsoft + Open Source ブログでご確認いただけます。

次の手順

フィードバックをお寄せください。