Microsoft Azure がドイツの新たなクラウド リージョンで利用可能に

2019年9月9日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Global, Microsoft Azure

ドイツ、フランクフルト市の眺望

Deutsche Bank、Deutsche Telekom、SAP などの企業が、デジタル トランスフォーメーションにMicrosoft のサービスを活用しています

Microsoft は本日、Azure の新たなクラウド リージョンをドイツで開設したことを発表しました。さまざまな業界で、ますます多くのリーダー企業が、デジタル トランスフォーメーション推進のために Microsoft のクラウド サービスを選ぶようになりつつあります。今回発表された新しいリージョン、そして私たちが現在進めている世界規模での展開は、こうしたお客様の需要に対応することを目的としています。こうした新規市場へのサービス参入においては、データ所在地が非常に重要となるシナリオを考慮しています。特に、Azure が実現するコンプライアンスへの準拠や高度なセキュリティが求められる、規制が厳しい業界でもサービスをご利用いただけるように、サービスを展開しています。

さらに、これらの新しいクラウド リージョンでは、クラウドをベースとした世界最先端の生産性ソリューションである Office 365、そして次世代のインテリジェント ビジネス アプリケーションおよびツールである Dynamics 365 と Power Platform をご利用いただけるため、さらに多くのお客様がクラウド活用を推進できるようになります。

信頼される Microsoft クラウド サービス

今回ドイツに新たに開設したリージョンのように、特定の地域から提供される Microsoft のクラウド サービスは、スケーラブルであると同時に可用性と回復性に非常に優れています。そのため、企業や組織におけるデータ所在地、セキュリティ、コンプライアンスのニーズ対応に役立ちます。Microsoft は、データ保護に関する豊富な専門知識を持っています。この専門知識を活かして、業界で求められるコンプライアンス認証や証明サービスを幅広く提供することで、セキュリティやプライバシーに関するさまざまな要件に対応する全世界のお客様を支援します。また、私たちにはお客様とコラボレーションし、進化するビジネス ニーズへの対応をリードしてきた歴史があります。その一例が、お客様による EU 一般データ保護規則 (GDPR) コンプライアンスを支援する革新的な戦略の提供です。

ドイツのお客様の新たなニーズへの対応

ドイツでは、GDPR や、データ所在地が国内にあることを求めるニーズなど、規制のフレームワークが変化しています。そのような中、あらゆる業界の企業がクラウド テクノロジーの採用を進めています。製品開発、ビジネス モデルの創出、国際的な競争環境において、クラウド サービスは重要な推進力としての役割を担うようになりつつあります。こうした変化に対処するために、Microsoft は進化したクラウド戦略を提供し、ドイツのお客様のデジタル トランスフォーメーションにこれまで以上に貢献します。

ドイツに開設した Microsoft の新しいクラウド データセンター リージョンから Azure を利用できるようになったことで、お客様やパートナー様により優れた柔軟性を提供します。具体的には、最新のインテリジェント クラウド サービスを利用し、Microsoft のグローバル クラウド ネットワークへのフルアクセスを活用し、ドイツ国内にデータ所在地を置くことが可能となります。この新しいリージョンは Cloud Computing Compliance Controls Catalogue (C5) 認定など、ドイツ固有のコンプライアンスに準拠しているため、障壁を取り除くことができます。そのため、ドイツ国内の企業の方々に、コンテナー、IoT、AI など、最新のソリューションのメリットをご利用いただけます。こうしたお客様の例を以下に紹介します。

  • ドイツの大手銀行である Deutsche Bank は、データ セキュリティを維持しながら革新的な金融商品やサービスを開発するために、Microsoft のクラウド サービスを活用しています。Microsoft とコラボレーションすることで、Deutsche Bank は国内外の規制要件に対応したデータ プラットフォームを利用し、安全性とコスト効率に優れたサービスを顧客に提供できるようになります。
  • 世界最大規模の総合通信事業者である Deutsche Telekom は、Microsoft がドイツに開設した新規クラウド リージョンにお客様をオンボードする際に、重要な役割を担うことになります。
  • 企業向けアプリケーション ソフトウェア市場のリーダー的存在である SAP は、Microsoft Azure と SAP HANA Enterprise Cloud を組み合わせて、「インテリジェント クラウドを利用するインテリジェント エンタープライズ」向けのソリューションをドイツから直接提供できるようになります。
  • グローバル IT を専門とするマルチクラウド サービス プロバイダー Arvato Systems は、ドイツ国内にデータを保持する完全統合型の Azure サービスをお客様に提供できるようになりました。これにより、ドイツの中堅企業のデジタル トランスフォーメーションを支援できるようになります。

私たちはこのような投資によって、継続的に責任を持ってお客様にサービスを提供し、新たなお客様にリーチできるようになります。そして、Microsoft Azure クラウド プラットフォームが持つ変革を実現する力を通じて、お客様のビジネスの発展に貢献できるのです。

ドイツにおけるビジネス機会に関する詳しい情報については、Microsoft の担当者にご連絡ください。また、Microsoft Azure について詳しくは、こちらのリンク先をご覧ください