Microsoft は Azure Stack HCI 用の Lenovo ThinkSystem SE350 エッジ サーバーを検証しました

2019年12月5日 に投稿済み

Principal PM Manager, CPPE

ブランチ オフィスやエッジのワークロードを運用するための、ラグドでコンパクトなサイズのハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) 対応のサーバーが必要ですか? コンテナー テクノロジを使用してアプリケーションと IoT 機能を最新化するご要望がありますか? バックアップ、ディザスター リカバリー、更新管理、監視、セキュリティ コンプライアンスなどの Azure ハイブリッド サービスを利用しますか?   

Microsoft と Lenovo は、Microsoft の Azure Stack HCI プログラムに対し、Lenovo ThinkSystem SE350 を検証するチームを結成しました。ThinkSystem SE350 は、特有の要件があるエッジ サーバーを念頭に置いて設計、作成されました。サーバーの場所の制限を拡張するのに十分な汎用性を備えており、さまざまな接続とセキュリティのオプションが提供されています。また、Lenovo XClarity Controller で簡単に管理することができます。ThinkSystem SE350 ソリューションは、厳しい環境でのスマートな接続性、ビジネス上のセキュリティ、管理容易性を重視しています。Azure Stack HCI で検証されたすべての Lenovo サーバーを確認するには、Azure Stack HCI カタログに関するページをご覧ください。

Lenovo ThinkSystem SE350:

ThinkSystem SE350 は、エッジ用の最新主力製品です。特有の要件があるエッジ サーバーを念頭に置いて設計、作成されており、サーバーの場所の制限を拡張するのに十分な汎用性を備え、さまざまな接続とセキュリティのオプションが提供されています。また、Lenovo XClarity Controller で簡単に管理することができます。ThinkSystem SE350 ソリューションは、ラグドのコンパクトなサイズのエッジ ソリューションで、厳しい環境でのスマートな接続性、ビジネス上のセキュリティ、管理容易性を重視しています。

ThinkSystem SE350 は、Intel® Xeon® D プロセッサベースのサーバーで、1U の高さ、半分の幅、奥行きが短い筐体で、どこにでも設置できます。壁に取り付けたり、棚に積み重ねたり、ラックに取り付けたりすることができます。この堅牢なエッジ サーバーは、0 から 55 °C までの気温に対応し、ほこりの多い環境や振動するような環境でも完全なパフォーマンスを発揮できます。

情報の可用性は、分析情報を常に運用に反映させて正しい意思決定を下す必要のある、エッジのユーザーにとってのもう 1 つの課題です。ThinkSystem SE350 は、有線およびセキュリティで保護されたワイヤレス Wi-Fi および LTE 接続機能を備えた、複数の接続オプションを提供するように設計されています。目的をもって作成されたコンパクトなこのサーバーは、さまざまなエッジおよび IoT ワークロードに対応しています。

Microsoft Azure Stack HCI:

Azure Stack HCI ソリューションは、高度に仮想化されたコンピューティング、ストレージ、およびネットワークを業界標準の x86 サーバーとコンポーネント上に集約します。リソースを同じクラスター内にまとめることで、デプロイ、管理、およびスケーリングが簡単になります。お好みのコマンド ラインの自動化、または Windows Admin Center を使用して管理できます。

Microsoft クラウドの基盤となるハイパーバイザー テクノロジである Hyper-V と、NVMe (Non-Volatile Memory Express)、永続メモリ、リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) ネットワークの組み込みサポートを備えた記憶域スペース ダイレクト テクノロジにより、お客様のサーバー アプリケーション向けに業界トップレベルの仮想マシン (VM) パフォーマンスを実現します。

シールドされた仮想マシン、ネットワーク マイクロセグメンテーション、ネイティブ暗号化により、アプリとデータのセキュリティを常に確保できます。

パブリック クラウド内のハイパーコンバージド インフラストラクチャ プラットフォームと連携しながら、クラウドとオンプレミスを活用できます。お客様のチームは、Azure インフラストラクチャの管理サービスへの組み込みの統合を利用して、クラウド スキルの構築を開始できます。

  • Azure Site Recovery: 高可用性およびサービスとしてのディザスター リカバリー (DRaaS)。

  • Azure Monitor: AI による高度な分析を使用して、アプリケーション、ネットワーク、インフラストラクチャ全体で発生していることを追跡するための集中ハブ。

  • Cloud Witness: Azure をクラスター クォーラム用の軽量なタイ ブレーカーとして使用。

  • Azure Backup: オフサイト データ保護およびランサムウェアに対する保護を提供。

  • Azure Update Management: Azure およびオンプレミスで実行されている Windows VM に対する更新プログラムの評価とデプロイ。

  • Azure Network Adapter: ポイント対サイト VPN 経由で、オンプレミスのリソースを Azure 内の VM に接続。

  • Azure File Sync を使用して、お客様のファイル サーバーをクラウドと同期。

  • サーバー用 Azure Arc を使用して、Azure Portal からロールベースのアクセス制御、ガバナンス、コンプライアンス ポリシーを管理。

Microsoft と Lenovo HCI ソリューションを組み合わせてデプロイし、Azure ハイブリッド サービスを Azure Stack HCI ブランチ オフィスやエッジ ソリューションに組み込むことで、お客様はビジネス資産を保護しながら、ブランチ オフィスやエッジのハイ パフォーマンスと回復性のニーズをすばやく解決することができます。