お知らせはローカル言語で表示されます

Microsoft Azure ブログ

影響がゼロまたは影響の少ないメンテナンス テクノロジの進化の変遷

2020年1月3日

この記事では、7 月のブログ記事からスタートした「信頼性」シリーズを引き続きお届けし、信頼できる一連のクラウド サービスの提供を目指す当社の取り組みの一環として、プラットフォームの可用性の継続的な向上を目的とした進行中のイニシアチブをいくつかご紹介します。

Chief Technology Officer, Microsoft Azure
もっと読む

Azure Data Explorer and Stream Analytics for anomaly detection

2020年1月16日

Anomaly detection plays a vital role in many industries across the globe, such as fraud detection for the financial industry, health monitoring in hospitals, fault detection and operating environment monitoring in the manufacturing, oil and gas, utility, transportation, aviation, and automotive industries.

Principal Cloud Solution Architect

Turning to a new chapter of Windows Server innovation

2020年1月14日

Today, on January 14, 2020, as Windows Server 2008 /R2 reaches its end of support, we’re beginning a new chapter of innovation in Windows Server technologies that enable our customers to modernize their IT, both in the cloud and on-premises. If you are running business-critical workloads on this popular operating system we recommend that you take the necessary steps to protect these workloads.

Director, Windows Server and Azure Product Marketing

Azure Disks にバースト機能を追加しパフォーマンスが向上

2019年12月16日

Azure Premium SSD Disks に、プレビュー版のバースト機能を追加し、さらに Premium SSD と Standard SSD の両方で、新たに 4/8/16 GiB のディスク サイズを選択できるようになりました。対象の Premium SSD ディスクは、最大で既定のパフォーマンス目標の 30 倍までバースト可能となり、突発的なワークロードの増加への対応力がさらに向上しています。

Program Manager, Azure Storage

Azure Stack HCI を HPE Edgeline EL8000 上で実行できるようになりました

2019年12月10日

Microsoft と HPE は、Microsoft の Azure Stack HCI プログラム向けの HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムを検証するためのチームを結成しました。HPE Edgeline EL8000 コンバージド エッジ システムは、特に空間に制約がある環境向けに設計されており、ユニークな 17 インチの奥行きのフォーム ファクターで、他の x86 システムには小さすぎる、制限のあるインフラストラクチャに適合します。シャーシの幅は 8.7 インチで、電気通信の環境、移動車両、製造現場のどのディープ エッジでも、さらに柔軟にデプロイすることができます。この NEBs に準拠しているシステムは、セキュリティで保護されたスケーラビリティを提供します。

Principal PM Manager, CPPE

Introducing maintenance control for platform updates

2019年12月10日

We are taking a look at the preview of a maintenance control feature for platform updates on Azure Dedicated Host and Isolated virtual machines. Using this feature customers can take control of host updates for a period of 35-days in a rolling window. At public preview we are making CLI, PowerShell, APIs available. Portal will come later.

Senior Program Manager, Azure Compute

Azure Cost Management の更新 – 2019 年 11 月

2019年12月2日

11 月、Azure Cost Management がクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) 様にご利用いただけるようになりました。今すぐ Azure プランへの移行方法をご確認いただき、Azure portal でのコスト管理をはじめましょう。また、ダッシュボード タイルのタイトルをカスタマイズする方法や、新しい予約サービスを利用してコストを最大 72% 節約する方法などもご確認いただけます。

Program Manager, Azure Cost Management

Azure Kubernetes Service の Application Gateway イングレス コントローラー

2019年12月2日

Azure Kubernetes Service (AKS) と Application Gateway を組み合わせた新しいソリューションを提供できることを嬉しく思います。この新しいソリューションは、Kubernetes 用のオープン ソース Application Gateway イングレス コントローラーを提供します。これにより、AKS のお客様は、Application Gateway を活用して、クラウド ソフトウェアをインターネットに公開できます。

Principal Software Engineer

プレビュー: Azure Media Services によるライブ文字起こし

2019年11月27日

Azure Media Services の提供するプラットフォームは、ライブ イベントの配信に利用できます。マイクロソフトの API を使って、ライブ ビデオのフィードの取り込みや変換、動的なパッケージング、暗号化を行い、HLS (HTTP Live Streaming) や MPEG-DASH のような業界標準のプロトコルを介して提供することもできます。

Principal Program Manager, Azure Media Services

AI をエッジにまで拡張した 1 年

2019年11月26日

少ない待機時間とデータのセキュリティがビジネスにとって不可欠である時代において、コンテナーを利用することで人工知能 (AI) の力を解き放つと、企業がこれらのニーズを満たすことができるようになります。昨年の今頃に Azure Cognitive Services をコンテナーで導入して以来、さまざまな業界の企業で生産性がさらに向上し、新しい分析情報を得られるようになりました。

Senior Product Marketing Manager

Video Indexer の多言語識別と文字起こし

2019年11月25日

先日の IBC (International Broadcasters Conference) で発表されたように、Microsoft Video Indexer へ多言語の文字起こし機能が導入されます。この機能はプレビュー版として提供されており、すでにマイクロソフトのポータルから体験できるようになっています。

Senior Applied Researcher, Azure Media Services

Azure Backup の SQL Server 2019 のサポートおよびファイルとしての復元

2019年11月21日

SQL Server 2019 が可用性、パフォーマンス、およびデータ インテリジェンスの限界を押し上げる中、そのデータをすべて確実に保護するために、一元管理される、エンタープライズ規模のバックアップ ソリューションが必要不可欠になっています。

Program Manager II, Azure Backup

Azure の更新情報

Azure の最近のリリースと Azure 製品に予定されている変更点はこちらでご確認ください。

フィードバックのお願い

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。