Visual Studio Code

コードを Azure に簡単にデプロイできる統合ツールを備えた強力で軽量な無料コード エディター

1 つのエディターで、コードからクラウドまで

コーディングにより多くの時間を費やし、ツール間の切り替え時間を短縮します。Azure や GitHub と統合された機能と拡張機能を使用して、すべてを 1 か所で開発、デバッグ、デプロイできます。

エディターから直接クラウド アプリをビルド、実行、デバッグするためのローカル エミュレーターと拡張機能を提供

Azure Cosmos DB、MongoDB などのサポートにより、ローカルまたはリモート データベースのデータをインポートおよび管理

継続的インテグレーションを作成および構成する Azure Pipelines のガイド付きワークフローを用意

静的 Web アプリ、サーバーレス Azure Functions、Kubernetes クラスターなど、ほぼすべての言語とアプリの種類をサポート

デプロイ前にローカルでクラウド アプリを開発する

クラウド プロジェクトをローカルで作成、実行、デバッグして、プロトタイプをすばやく作成できます。デプロイ前に新機能がクラウドで効率的に動作するかどうかをテストして、コストを最適化します。Azure 拡張機能には、Azure StorageAzure Cosmos DBAzure Functions のエミュレーターが含まれます。

クラウドへの自動デプロイを設定する

Deploy to Azure 拡張機能を使用して、GitHub Actions または Azure Pipelines を使用してアプリからクラウドへの継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) を設定します。拡張機能の組み込み自動化ワークフローを使用して、Azure App Service、Azure Functions、または Azure Kubernetes Service (AKS) を対象とする CI/CD パイプラインを簡単に作成できます。

チュートリアルを読む

データの追加と管理

組み込みの MongoDB と IntelliSense サポートを使用して、アプリのデータを簡単に管理できます。ローカルまたはリモートの MongoDB サーバーに接続してデータベース、コレクション、ドキュメントを管理、または Azure Cosmos DB Free レベルを使用してクラウドでホストします。

ドキュメントを読む

簡単にコラボレーション

同じ部屋にいるチームメイトでも、世界中のコミュニティ開発者でも、他のユーザーとの作業方法を変える必要はありません。プル要求をエディターに取り込みます。エディターは、GitHub Pull Requests 拡張機能を使用して、編集とデバッグが完全にサポートされます。または、Live Share Extension Pack を使用して、ペアプログラミングやコードレビューをリアルタイムで編集、デバッグ、アプリ共有を共同で行うこともできます。

コンテナー

Docker 拡張機能を使用して、コンテナー化されたアプリケーションをビルド、管理、デプロイします。既存のリポジトリから docker ファイルを生成し、Visual Studio Code 内からコンテナー、イメージ、レジストリを管理します。

詳細はこちら

Kubernetes

Kubernetes 拡張機能を使用して完全に統合された Kubernetes エクスペリエンスを利用できます。コンテナー化されたアプリケーションをローカルまたはクラウドでホストされる Kubernetes クラスターにデプロイし、Visual Studio Code でライブ アプリケーションをデバッグします。

詳細はこちら

フロントエンド Web 開発

Debugger for Microsoft Edge 機能拡張を使用して、JavaScript のデバッグをフロントエンド開発に拡張します。ブレークポイントを設定し、フロントエンドの JavaScript コードをステップ実行して問題をすばやく解決します。マルチターゲット デバッグ機能を使用して、フロントエンドとバックエンドのコードを同時にデバッグします。

Visual Studio Code を使ってみる

今すぐダウンロード