品質への取り組み:Azure が ISO 9001:2015 認定を取得

5月 22, 2017 に投稿済み

Senior Director, Microsoft Azure

Microsoft Azure では、幅広く専門的なコンプライアンス製品を提供する取り組みの一環として、品質マネジメント システムの規格である ISO 9001:2015 認定を取得しました。

Picture111

この国際標準は、次の 7 つの品質マネジメント原則に基づいています。

  1. 顧客重視
  2. 品質目標に対するリーダーシップ
  3. 品質目標に対する従業員の参画
  4. 目標達成に向けたプロセス主導型アプローチ
  5. 継続的改善
  6. 事実に基づく意思決定
  7. 顧客およびパートナーとの関係管理

ISO 9001:2015 は、お客様の期待を超える品質の提供と継続的な改善を目的とした品質管理システムの実装に関するガイドです。この認定は、マイクロソフトにおける 5 つ目の ISO 標準であり、高いコンプライアンス性や品質の製品を活用して、法規制が厳格な業界、市場、地域に属するお客様に幅広く製品を提供するというマイクロソフトの目標と合致しています。  今回の認定は、最高品質の製品を目指してきた長年の取り組みの結果といえます。ISO レポート

Microsoft Azure の ISO 9001:2015 認定は、こちらからダウンロードできます。この認定には、次のオファリングを含む 52 種類のサービスが含まれています。Azure、Cloud App Security、Intune、PowerApps、Power BI、Flow、Genomics、Graph (詳しい範囲は認定内の一覧をご覧ください)。

Microsoft Azure の ISO 9001:2015 認定とマイクロソフトの広範なコンプライアンス ポートフォリオの詳細については、マイクロソフトのトラスト センターをご確認ください。