Azure の更新情報

Azure 製品の重要な更新情報、ロードマップ、お知らせをご確認ください。最新情報を入手するために通知を受け取ることができます。

製品

    5月 2019

    05/20

    Generation 2 virtual machines in Azure – Public Preview

    Generation 2 (UEFI Boot) Virtual Machines available in Azure for public preview

    05/17

    Azure Kubernetes Service (AKS) が Windows Server コンテナー対応になりました

    ワークロードの場所 (Windows、Linux、または両方) に関係なく、すべてのワークロードにマネージド Kubernetes を使用してください。

    05/16

    Azure Sphere 19.05 のパブリック プレビューの提供を開始 (評価用)

    本日、Azure Sphere パブリック プレビュー 19.05 機能リリースの提供が Retail Evaluation フィードで開始されました。通常の Retail OS フィードでは引き続きバージョン 19.04 が提供され、2 週間以内に 19.05 にアップグレードされる予定です。

    05/15

    Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL のリージョン間の読み取りレプリカ

    Azure Database for MySQL および Azure Database for PostgreSQL のクロスリージョンの非同期レプリケーションは、現在プレビュー段階にあります。

    05/08

    Azure Monitor BUILD 2019 の更新

    Azure Monitor はエンドツーエンドの AKS 監視、ログのための詳細な RBAC、インテリジェントでスケーラブルなアラート、新しいアプリケーションの変更分析機能など、さまざまな機能を導入しています。

    05/07

    App Service Linux の新しいネットワーク機能のプレビュー提供

    Linux アプリからリソースに安全にアクセスするための新しいネットワーク機能がプレビュー段階に入りました。

    05/07

    Durable Functions による新しいステートフルなエンティティ パターンのサポート開始

    Durable Functions で、新しいステートフルなエンティティ パターンがサポートされるようになり、アクターにマップするステートフルな Azure Functions を構築できるようになりました。

    05/07

    etcd 向け Azure Cosmos DB API のプレビューを提供

    開発者は、Azure Cosmos DB 上の etcd 向けワイヤ プロトコル対応 API を使用して、信頼性の高い、グローバルに分散された高可用性の Kubernetes と K8 ツールを自動的に入手できます。コードの変更や管理の必要はありません。

    05/06

    Build での IoT プラグ アンド プレイの発表

    本日、IoT プラグ アンド プレイを発表いたします。これは、開発者がコードを書かなくても、IoT デバイスをクラウドに接続できるようにする、オープンなモデリング言語に基づく機能です。

    05/06

    AWS 向け Azure Cost Management マルチクラウドのプレビュー提供

    Azure Cost Management で AWS の支出と Azure の支出をまとめて管理できるようになりました

    05/06

    B2C 向け Azure AD 管理者ロールのパブリック プレビューの提供

    ターゲット可用性: Q2 2019

    B2C テナント向けの新しい B2C Azure AD 管理者ロールのパブリック プレビューを発表いたします。

    05/06

    Red Hat Enterprise Linux の BYOS イメージが利用可能

    Red Hat Enterprise Linux イメージが BYOS プランと PAYG プランの両方で利用できるようになりました。

    05/06

    エフェメラル OS ディスクのパブリック プレビューの提供開始を発表

    エフェメラル OS ディスクがパブリック プレビューの段階に入ったことをお知らせできて光栄です。エフェメラル OS ディスクは、ステートレス ワークロードで適切に動作します。この場合、アプリケーションでは個々の VM 障害が許容され、大規模なデプロイにかかる時間、または個々の VM の再イメージ化にかかる時間が、より重要となります。

    05/06

    Azure Logic Apps のインラインコードのプレビュー提供

    お客様のいらっしゃる場所で対処できるように、新しいインライン コード機能により、開発者はシンプルな ECMAScript (JavaScript とも呼ばれます) を Logic Apps 内から直接記述し実行できます。

    05/06

    RosettaNet コネクタと標準サポートのプレビュー提供

    Logic Apps では、RosettaNet コネクタを介して RosettaNet ベースのメッセージを送受信する機能を提供します。このコネクタは、メッセージのデコードまたは受信とエンコードまたは送信の操作をサポートします。

    05/06

    アダプティブ ネットワークの強化 - パブリック プレビューを提供

    アダプティブ ネットワークの強化がパブリック プレビューの段階に入りました

    05/06

    Azure Container Instances の Windows Server 2019 コンテナー サポートのプレビューを提供開始

    Azure Container Instances (ACI) の Windows Server 2019 ベースのコンテナーのサポートが、パブリック プレビュー段階に入りました

    05/06

    ADLS Gen 2 と深く統合するための Azure Data Explorer 機能のパブリック プレビュー

    Build では、Azure Data Explorer で、データを取り込むことなく、エンタープライズが ADLS Gen 2 のデータにクエリを実行できる機能のプレビューを行います

    05/06

    Azure Data Explorer と Python および Spark のより緊密な統合のパブリック プレビュー

    Azure Data Explorer 用の Spark コネクタと、クエリの一部としてインラインの Python および R を実行する機能。

    05/06

    新しいシリーズの Azure Bot Framework 拡張機能が利用可能

    Microsoft Bot Framework を基盤とする Azure Bot Service を使用すると、ボットとインテリジェントなエージェントの開発が容易になります。次のような新しい拡張機能が含まれています。開発者は、アダプティブ ダイアログを使用して、より洗練された動的な会話を作成できます。

    さらに詳しく