クラウド コンピューティング用語

ビジネス分析ツール

ビジネス システムからデータを抽出後、データ ウェアハウスなどのレポジトリに統合して分析するツール。統計関数に対応した表計算ソフトから高度なデータ マイニング ツールや予測モデリング ツールまで、さまざまな種類の分析ツールがあります。ビジネス分析ツールの詳細についてはこちらをご覧ください。

ビジネス インテリジェンス (BI) ツール

本やジャーナル、ドキュメント、健康記録、画像、ファイル、電子メール、ビデオなどの中の体系化されていない膨大な数のデータを処理するツール。意味のある傾向を見つけたり、新たなビジネスの機会を特定するのに役立ちます。ビジネス インテリジェンス ツールの詳細についてはこちらをご覧ください。

クラウド

グローバル ネットワークを比喩的に表したことば。最初は電話網を指していましたが、今では一般にインターネットを指すために使用されます。クラウドの詳細についてはこちらをご覧ください。

クラウド バースティング

プライベート クラウドとパブリック クラウドの間にセットアップされた構成。プライベート クラウドのリソース容量の 100% が使用された場合、オーバーフローしたトラフィックは、クラウド バースティングを使用してパブリック クラウドに振り分けられます。クラウド バースティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

クラウド コンピューティング

さまざまなサーバーやアプリケーション、データ、その他のリソースが統合され、インターネット上でサービスとして提供されるコンピューティング リソース用の配信モデル。多くの場合、リソースは視覚化されます。クラウド コンピューティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

クラウド コンピューティングのタイプ

クラウド コンピューティングには、Web ベースのアプリケーション向けのサービスとしてのソフトウェア (SaaS)、ストレージおよび計算機能に対するインターネット ベースでのアクセス向けのサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、Web アプリケーションをビルドおよびホストするためのツールを開発者に提供するサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) の、主な 3 つのタイプがあります。この他のタイプもさらに進化しています。クラウド コンピューティングのタイプの詳細についてはこちらをご覧ください。

クラウド サービス プロバイダー

クラウドベースのプラットフォーム、インフラストラクチャ、アプリケーション、またはストレージ サービスを、通常は有料で提供する企業。クラウド サービス の詳細はこちら。

クラウド ストレージ

データをインターネットまたは他のネットワーク経由で、サード パーティによって維持されるオフサイトのストレージ システムに送信することでデータを保管できるようにするサービス。クラウド ストレージの詳細についてはこちらをご覧ください。

コンピューター グリッド

大規模なデータ セットの分析、気象モデリングなどの大きなタスクを実行するために共同で動作する、ネットワークで接続されたコンピューターのグループ。クラウド コンピューティングによって特定の期間や目的のために広大なコンピューター グリッドを組み立てて使用できます。支払いは使った分だけで、必要なリソースを自分で購入してデプロイするための時間やコストを削減できます。グリッド コンピューティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

エラスティック コンピューティング

容量計画やピーク時の利用状況に合わせた技術的対応について心配することなく、コンピューターの処理リソース、メモリ リソース、およびストレージ リソースのプロビジョニングとプロビジョニング解除を、変わり続ける需要に合わせて動的に行うことができる機能。エラスティック コンピューティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

ハイブリッド クラウド

パブリック クラウドとプライベート クラウドを組み合わせたクラウド。データおよびアプリケーションをこの 2 種類のクラウド間で共有できるようにするテクノロジによって、これらのクラウドが結び付けられます。ハイブリッド クラウドによって、スケールアップとスケールダウンの柔軟性が高まり、使用できるデプロイ オプションも増えます。ハイブリッド クラウド コンピューティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)

プロバイダーによってインターネット経由でサービスとして提供される、仮想化されたコンピューター環境。インフラストラクチャには、サーバー、ネットワーク、装置、ソフトウェアなどが含まれます。サービスとしてのハードウェア (HaaS) とも呼ばれます。IaaS の利点をご確認ください。

Microsoft Azure

Microsoft のクラウド プラットフォームであり、拡大し続ける統合サービスの集合体。サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) が含まれます。Azure の詳細についてはこちらをご覧ください。

ミドルウェア

オペレーティング システムとその上層で稼働するアプリケーションの間に位置するソフトウェア。クラウドベースのアプリケーションなどの分散アプリケーションが通信およびデータ管理を行えるようにします。たとえば、あるデータベース内のデータを別のデータベースからアクセスできるようにします。ミドルウェアの例には、Web サーバー、アプリケーション サーバー、コンテンツ管理システムがあります。ミドルウェアの詳細についてはこちらをご覧ください。

サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)

プロバイダーによってインターネット経由でサービスとして提供されるコンピューティング プラットフォーム (オペレーティング システムおよびその他のサービス)。サブスクリプションを購入して即座に利用できるアプリケーション開発環境が例として挙げられます。Azure は PaaS を提供しています。PaaS の利点をご確認ください。

プライベート クラウド

インターネットまたは内部のプライベート ネットワーク経由で、一般向けではなく特定のユーザーに対してのみ提供されるサービス。プライベート クラウド コンピューティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

パブリック クラウドの活用」

公開されたインターネット経由で提供され、購入を希望するすべてのユーザーが利用できるサービス。パブリック クラウド コンピューティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

サービスとしてのソフトウェア (SaaS)

プロバイダーによってインターネット経由で提供されるアプリケーション。ホステッド アプリケーションとも呼ばれます。このアプリケーションは、購入してユーザーのコンピューターにインストールし、実行する必要はありません。SaaS プロバイダーは以前は ASP (アプリケーション サービス プロバイダー) と呼ばれていました。SaaS の利点をご確認ください。

仮想マシン

実際のコンピューターのように動作するコンピューター ファイル (一般にイメージと呼ばれます)。同じ物理コンピューター上で複数の仮想マシンを同時に実行できます。仮想マシンの詳細についてはこちらをご覧ください。

仮想化

物理的なコンピューティング環境 (コンピューター ハードウェア、オペレーティング システム、ストレージ デバイスなど) ではなく仮想的なコンピューティング環境を作成する行為。仮想化の詳細についてはこちらをご覧ください。