ナビゲーションをスキップする

モバイル アプリケーション開発とは

モバイル アプリの開発に使用されるプロセスとソフトウェアの紹介

モバイル デバイス用のソフトウェアを構築する

モバイル アプリケーション開発の定義は、モバイル アプリの作成とリリースに関連するすべてのプロセスを包含したり、アプリのコーディングと展開を参照することができます。この記事では、モバイル アプリ開発の両方の定義を取り上げ、特に、ソフトウェア自体の構築方法について決定を下すか、または担当するユーザー向けのモバイル アプリ開発を定義することに焦点を当てています。

モバイル アプリケーション開発を定義するには、最初にモバイルを定義する必要があります。この場合、スマートフォン、タブレット、ノート PC、スマート ウォッチ、電子リーダー、ハンドヘルド ゲーム コンソールなどのポータブル電子デバイスを指します。また、アプリケーションには、これらのデバイスにネイティブなソフトウェアだけでなく、これらのデバイスがサポートする一般的なオペレーティング システム、プラットフォーム、言語も意味します。モバイル アプリ開発にはさまざまなアプローチ手法があり、多くの意思決定が行われます。

モバイル アプリケーションの開発プロセス

モバイル アプリの作成とリリースのプロセスは、多くの場合、一連の手順またはフェーズで理解されます。モバイル アプリ開発プロセスのこれらのフェーズには、ビジネス、マーケティング、設計、エンジニアリングなど、組織内のさまざまなユーザーや分野が含まれます。モバイル アプリ開発プロセスのフェーズ:

  • 戦略
  • 計画
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • リリース

モバイル アプリの作成の所要時間

モバイル アプリケーションの開発には、3 か月から 9 か月、場合によってはそれ以上の期間を要します。アプリの範囲と機能はすべて、モバイル アプリ開発プロセスのタイムラインに影響します。

戦略

モバイル アプリケーション開発プロセスは、モバイル アプリが問題解決やビジネス チャンスへのアプローチとして有効である理由を理解してから、何をどのように構築するかを決定します。戦略段階では、組織はアプリの目標と成功の測定を確立し、市場と競争を分析し、顧客のニーズを調査し、アプリが提供するユーザーとユース ケースを決定します。戦略フェーズでは、目標と要件と比較してモバイル アプリ開発プラットフォームを実行する最適な環境を組織で調査し始める場合もあります。このフェーズでは、組織もアプリのリリースに関するマーケティングの検討を開始します。

計画

計画フェーズにおいて、組織ではモバイル アプリ開発プロセスにおけるチーム、ツール、テクノロジー、スケジュールの 4 つの主要な詳細に合意します。この時点で、企業は、構築する必要があるか、誰がアプリを構築するモバイル アプリ、使用するプラットフォームに関するアイデアがあります。このフェーズでは、製品ロードマップを作成し、機能の種類、使用する順番、使用期限を決定し、マイルストーンを設定し、予定したリリース日に間に合うようにプロジェクト プランを設計します。利用できるリソースや専門家を把握し、プロセスに選択したテクノロジーを実装する方法を理解することは、その期限を決定し、リリースを達成するために必要不可欠です。

設計

モバイル アプリの外観、機能、特徴は、設計段階で具体化が始まります。モバイル アプリ開発プロセスのこのフェーズでは、チームでユーザー エクスペリエンスをグラフ化し、ユーザー インターフェイスとアプリの状態をさまざまな角度から作成します。また、初期の段階で概念実証や顧客フィードバックの収集のために、忠実度の低いモックアップから始めることもあります。開発者やエンジニアは、この段階でプロトタイプの作成をサポートしたり、UX や UI の意思決定に関するコンサルティングを行ったりします。その際、チームが使用するプラットフォームの要件や技術仕様を常に把握しておく必要があります。こうすることで、完全な忠実度の画面に移行する場合に、真に構築可能なアプリを設計できます。

開発

このコンテキストでの単語開発は、モバイル アプリの作成とリリースに関連する完全な ソフトウェア開発ライフサイクル を参照する場合があります。ただし、より一般的には、開発とは、モバイル アプリ開発のこのソフトウェア開発フェーズを意味します。このフェーズをより詳細に定義するのは、この記事の後半で行います。現時点で、このフェーズでは、チームがフロント エンド、バック エンド、API などの技術アーキテクチャと技術スタックを確立し、開発マイルストーンを設定し、アプリの開発ライフサイクルを決定し、アプリをコーディングする手順として最もよく説明されます。

テスト中

テストは、モバイル アプリケーション開発プロセスに不可欠のフェーズです。テストなしでは、組織がアプリの安全性、ユーザーのニーズや期待に沿った動作、展開した場所での機能などを確認することはできません。このフェーズでは、チームは品質保証を行い、テスト ケースを作成して、アプリが実行される予定のすべてのデバイスにおけるアプリの使いやすさ、パフォーマンス、安定性、セキュリティを評価します。また、アプリケーションのアーキテクチャが急激に高まる需要に対応するために拡張できることを確認するために、アプリのストレステストを実施する場合もあります。

リリース

モバイル アプリケーション開発プロセスの最終フェーズがリリースされました。アプリが展開されると、組織はそのアプリを使用する顧客へのサポートと、アプリが使用可能で本来の性能を発揮できるようにするための継続的な監視と保守を提供します。アプリの導入を促進するためのマーケティング キャンペーンやキャンペーンは、多くの場合このフェーズと同時期に行われます。開発ライフサイクルで対応可能な範囲を超えるアプリの拡張や変更を行う場合、モバイル アプリの開発プロセスを新たに開始することを決定する可能性があります。

モバイル アプリ開発プロセスにおけるソフトウェア開発

この開発フェーズの最初のタスクは、モバイル アプリケーションの技術アーキテクチャを確立することです。よく技術スタック (フロントエンド、バックエンド、API など) と混同されますが、技術アーキテクチャは、モバイル アプリケーションの開発を統制するルールとパターンのことです。

技術アーキテクチャ

技術アーキテクチャは、多くの場合、次の 3 つのレイヤーで構成されています。

プレゼンテーション レイヤー

これは、お客様が確認し、対話するアプリのレイヤーです。プレゼンテーション レイヤーには、ユーザー インターフェイスと、ユーザー エクスペリエンスを構成するアプリのすべての要素が含まれます。

ビジネス レイヤー

ワークフロー、データ交換、操作を管理するロジックは、ビジネス レイヤーに存在します。セキュリティ、キャッシュ、ログ、例外処理などのモバイル アプリのコアとなる部分がこのレイヤーで処理されます。

データ レイヤー

データ レイヤーは、データ ユーティリティ、データ アクセス コンポーネント、ヘルパー、またはサービス エージェントを提供し、アプリケーション自体の要件を満たします。また、データの検証や維持、データ トランザクションをサポートするレイヤーでもあります。

テクノロジー スタック

同様に、技術スタックも、前述の 3 つの要素で構成されています。ただし、これらの部分は、アプリを作成するためのガイドラインというよりも、アプリを構築し、サポートするために使用される具体的な選択肢を表しています。

フロントエンド

プレゼンテーション レイヤーと密接に対応することですが、モバイル アプリのフロント エンドのコーディングに使用されるツールと言語は、アプリが展開されるデバイスに大きく依存します。多くのオプションがあり、ほとんどのモバイル デバイスには、そのデバイス固有の言語があります。

バックエンド

バックエンドは、サーバー上に存在し、モバイル アプリの機能をサポートするデータベースやその他の類似したオブジェクトを含むアプリの一部です。チームは、モバイル バックエンドテクノロジ を選択する場合にデバイスの制約を受けることは少なく、事前構築済みのバックエンド ソリューション を見つけることができる場合が多くあります。

API

アプリは、API を通してバックエンドとフロントエンドの間で通信します。これにより、アプリは他のアプリやサービスとの統合ややり取りも可能になります。

ただし、チームが技術スタックを選択したり、技術アーキテクチャを確立したりする前に、最初に構築するモバイル アプリの種類を決定する必要があります。

モバイル アプリの種類

モバイル デバイス用のアプリを構築する場合、組織には、いくつかの異なる種類のモバイル アプリから選択できます。この場合、モバイル アプリの種類は、アプリによってユーザーが行うことのできる操作ではなく、アプリの構築方法を参照します。

ネイティブ アプリ

Android や iOS などの特定のデバイスやプラットフォームに特化したアプリは、ネイティブ アプリと呼ばれます。これらのアプリは、デバイスのオペレーティング システム上で直接実行され、プラットフォームで提供される言語とフレームワークを使用し、オペレーティング システムに固有のストアまたはマーケットプレースを通じて展開されます。ネイティブ アプリは通常、実行するデバイスのすべての機能とハードウェアに完全にアクセスできます。

クロス プラットフォーム アプリ

Teams は、自分たちが選んだ言語とフレームワークでアプリをコーディングし、Xamarin などのプラットフォームを使用してアプリを実行する予定の各オペレーティング システム用にコードをコンパイルできます。クロス プラットフォーム アプリと呼ばれるものでは、チームはさまざまなデバイスで実行し、コードの大部分を再利用することができます。ただし、コードをブリッジするには、1 つのプラットフォームで開発するよりも多くの作業が必要です。

プログレッシブ Web アプリ

Web アプリケーションと同様に、プログレッシブ Web アプリケーションはモバイル ブラウザーで実行され、通常は JavaScript、CSS、HTML5 を使用して構築されます。Web アプリをプログレッシブにする理由は、高度なブラウザー機能を使用して、プッシュ通知、より優れたタッチ ジェスチャ、ハードウェアの対話型操作を提供することです。プログレッシブ Web アプリの構築をサポートする SDK はありませんが、マーケットプレースを経由せずに展開できます。

ハイブリッド アプリケーション

ネイティブ アプリとプログレッシブ Web アプリを組み合わせたハイブリッド アプリは、Web アプリケーションを実行する基本的にネイティブにコード化されたコンテナーです。この組み合わせにより、単一のコードベースを維持しながら、アプリはデバイスの機能やハードウェアへのアクセスを増やし、より多くの種類のデバイスで実行できます。ハイブリッド アプリは、すべてのメリットの割に、他の種類のモバイル アプリのようなパフォーマンスを実現できないのが一般的です。

構築するモバイル アプリの種類

組織で構築するモバイル アプリの種類は、チームで利用できるツール、プラットフォーム、フレームワーク、言語、アプリの配布、維持管理するコードベースの数、アプリを実行するデバイス、アプリで実行できる内容に大きな影響を与えます。

構築するモバイル アプリの種類を決定する場合、どのユーザーが、アプリに何が必要かを検討することは有益です。たとえば、ユーザーが主に 1 種類のデバイスまたはオペレーティング システムを使用している場合、ネイティブ アプリが最適である可能性があります。ハードウェア センサーや GPS に依存しないアプリは、プログレッシブ Web アプリやハイブリッド アプリに適している可能性はありますが、ユーザーに適切な接続がない場合には適していない可能性があります。ユーザーが ビジネスまたは組織 のメンバーである場合は、別のモバイル戦略 を検討する必要がある場合もあります。また、すべての機能は、組織内またはパートナーを通じて利用できる専門知識にも影響します。

このグラフには、さまざまな種類のモバイル アプリの違いと類似点が詳しく記載されており、どの種類を構築する必要があるかを検討するのに役立ちます。

モバイル アプリの種類の比較

利用できません ネイティブ アプリ クロス プラットフォーム アプリ プログレッシブ Web アプリ ハイブリッド アプリケーション
コードベースの数 各プラットフォームに 1 つ 1つ (ただし、各プラットフォーム用にコンパイル済み) 合計 1 つ アプリ用とコンテナー用
言語とフレームワーク ネイティブのみ チームの選択 Web のみ Web とネイティブ
SDK と API へのアクセス はい はい いいえ 限定
パフォーマンス 最も高い 最低 低い
デバイス ハードウェアへのアクセス 完了 ほとんど 非常に小さい 一部
ユーザー入力に対する応答性 良い 良い 最悪 悪い
対話機能 最低 低い
デバイス リソースの使用率 低い
接続性が必要です いいえ いいえ はい はい
構築と維持管理のコスト 最も高い 最低
アプリの保存場所 デバイス デバイス サーバー デバイスとサーバー
以下を通して展開済み マーケットプレース マーケットプレース ブラウザー マーケットプレース
外部承認が必要です はい はい いいえ はい

モバイル アプリケーション開発プラットフォームとソフトウェア

構築するモバイル アプリが決定するか、構築するモバイル アプリを検討したら、モバイル アプリ開発プラットフォームを評価することになるはずです。これらのプラットフォームは、モバイル アプリの構築、テスト、デバッグ、管理、場合によっては展開まで、そのライフサイクル全体を通じて使用することになります。ほとんどのアプリ開発ソフトウェアには、インターフェイスを構築するフロントエンド ツール、データを処理するバックエンド ツール、API ツール、テスト ツール、コラボレーションやコード解析のためのツールなどがあります。

ほとんどのモバイル アプリケーション プラットフォームは、開発者がモバイル アプリケーションを構築するために必要なすべてを提供することを目的としています。これにより、開発者は、さまざまなモバイル開発ソフトウェア間の移動や、コードの整合性、非互換性、データ損失など、ソフトウェア間で発生する問題に対処する問題を回避できます。モバイル アプリ開発プラットフォームは、組織がモバイル アプリを作成するために必要なコスト、時間、リソース、専門知識も削減できます。一部の組織は独自のプラットフォームを構築することを選択していますが、多くの組織では利用可能な多数のアプリ開発の代替手段の 1 つを選択します。

組織での最適なモバイル アプリ開発の代替手段は、作成するモバイル アプリの種類、コーディングできる言語、サービスを提供するデバイスによって異なります。モバイル アプリ開発の代替手段には、次のようなものがあります。

  • Xamarin のようなクロスプラットフォームのツールで、開発者は .NET と C# を使用して Android と iOS のアプリケーションを構築できます。
  • Visual Studio Tools for Xamarin では、Android、iOS、Windows モバイル アプリで 1 つの共有コードベースを使用します。
  • Power Apps などのローコードまたはコードなしのツール。ローコードは、技術的なトレーニングや専門知識なしでプロフェッショナル レベルのアプリを構築するための簡単な方法です。詳細はこちら

モバイル アプリ開発リソース

Azure でモバイル開発者向けドキュメントを探す

必要な情報を検索して、Azure でモバイル アプリを開発します。プッシュ通知、認証、分析、SDK について説明します。

ドキュメントを参照する

今すぐモバイル アプリを作成してみる

Android アプリ向けの継続的インテグレーションと配信パイプラインを設定します。任意の Git リポジトリに接続し、数分でチームを立ち上げ、稼働させます。

作業の開始

モバイル アプリケーション開発に関してよく寄せられる質問

  • モバイル アプリケーション開発の定義には、モバイル アプリの作成とリリースに関連するすべてのプロセスを包含する広義のものと、アプリのコーディングと展開に関する特定のものがあります。

    詳細情報

  • モバイル アプリ開発プロセスのフェーズには、戦略、計画、設計、開発、テスト、リリースがあります。

    詳細情報

  • 作成するモバイル アプリの種類を決定する際に、ユーザーが誰であり、アプリから何を必要としているかを検討することは有益です。

    詳細情報

  • 組織での最適なモバイル アプリ開発の代替手段は、作成するモバイル アプリの種類、コーディングできる言語、サービスを提供するデバイスによって異なります。

    詳細情報

  • 組織では、モバイル アプリケーションの開発には、3 か月から 9 か月、場合によってはそれ以上の期間を要します。

    詳細情報

どのようなご用件ですか?