ナビゲーションをスキップする

2023 年 10 月 31 日に、Azure SQL DB インポート - エクスポート ダイレクト エンドポイントが廃止されます

公開日: 10月 28, 2020

Azure Resource Manager REST API は、Azure サービスへの安全でシームレスかつ一貫した接続を提供します。最適な接続性を実現するための Azure Resource Manager REST API に対応したより多くの機能が開発中であるため、ダイレクト エンドポイントを介した Azure SQL DB インポート - エクスポートへのアクセスは 2023 年 10 月 31 日に廃止されます。 

どのような影響がありますか?  

2023 年 10 月 31 日以降は、ダイレクト エンドポイント経由で Azure SQL DB との間でデータをインポート/エクスポートしようとするアプリケーションはサポートされなくなります。 Azure Resource Manager REST API、Azure Portal、PowerShell、および sqlpackage .exe を使用することで、引き続きデータのインポート/エクスポートを行うことができます。 

 どのような対応が必要ですか? 

Azure Resource Manager REST API を使用するようにアプリケーションを更新し、インポート/エクスポート ジョブを実行できるようにします。詳細については、こちらをご確認ください。 

サポート プランをお持ちでテクニカル サポートが必要な場合は、サポート リクエストを作成してください。

  • Azure SQL Database
  • Retirements