プレビュー

Azure Front Door サービスのルール エンジンのプレビューが開始されました

公開日: 5月 13, 2020

Azure Front Door サービスでルール エンジンを使用して (プレビュー中)、Front Door エンドポイントの動作をカスタマイズできます。

ルール エンジンを使用して、http 要求がエッジでどのように処理されるかをカスタマイズできます。一致条件とアクションのさまざまな組み合わせにより、どのユーザーがどのコンテンツを取得し、受信要求に基づいてコンテンツを動的に提供するかを特定の方法で制御できます。この機能により、次のような Azure Front Door サービスでの新しいシナリオのホストが実現します。

  • HTTPS を適用する。お客様のすべてのエンド ユーザーがセキュリティで保護された接続を介してコンテンツを操作できるようになります。
  • セキュリティ ヘッダーの実装。HTTP Strict-Transport-Security (HSTS)、X-XSS-Protection、Content-Security-Policy、X-Frame-Options などのブラウザーベースの脆弱性と、CORS シナリオでの Access-Control-Allow-Origin ヘッダーを防ぎます。セキュリティベースの属性は、Cookie を使用して定義することもできます。
  • 要求ヘッダー、Cookie、またはクエリ文字列の内容のパターンに基づいて、アプリケーションのモバイルまたはデスクトップ バージョンに要求をルーティングする。
  • リダイレクト機能を使用して 301/302/307/308 リダイレクトをクライアントに返し、新しいホスト名、パス、プロトコルにリダイレクトする。
  • 受信要求に基づいて、ルートのキャッシュ構成を動的に変更する。
  • 要求 URL パスを書き換えて、構成されたバックエンド プール内の適切なバックエンドに要求を転送する。

ルール エンジンは、広範なシナリオを処理できるように設計されています。一致条件アクションの完全な一覧については、ドキュメントをご覧ください。Azure Front Door サービスのすべての機能と同様に、ルール エンジン は Azure portal、CLI、および PowerShell でサポートされています。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

ブログ投稿を読む

Azure portal と CLI で構成するためのチュートリアル

  • Azure Front Door
  • Services

関連製品